降り積もるホコリの原因は天井と壁の掃除忘れにあり!

こんにちは、maryです。

ズボラ主婦の私ですが、息子がハウスダストとダニのアレルギーとわかってから、毎日の掃除がかかせなくなりました。

それにしても、掃除しても掃除してもフローリングに降り積もるホコリ!

何とかならないのかなーと思いながらも、原因を探ることはありませんでした。

ところが、先日テレビで、掃除してもすぐにホコリが降り積もる理由が明らかにされていました!

→息子の重度のダニとハウスダストアレルギーがどうやってわかったか?

スポンサーリンク

盲点だった天井や壁の掃除

知ってましたか?

天井や壁に埃が付着していることを…!

付かないもんだと思っていたら、しっかり付いちゃってるんです。

しかも壁と天井を合わせるとかなりの面積!

どんなに床に掃除機をかけて掃除をしても、天井や壁の埃を取っていないと、また埃が降ってきて床に埃が降り積もる。

そりゃ、そうだわ…

納得です。

スポンサーリンク

はたきで天井や壁の埃を取る

天井や壁だけではなく、例えばエアコンの上、電気の傘の部分、カーテンレールの上など、埃がたまっているところはたくさんあります。

天井なんかも高いですから、いちいち椅子に上がって拭いてまた移動して…なんてなかなか大変。

そこで、テレビでも紹介されていたのは『はたき』

おすすめなのは、柄が伸びるタイプ。

それから、ヘッドが曲がって角度をつけられるタイプ。

その機能のおかげで、高い天井も椅子などに登らず楽々埃を取ることができ、エアコンの上などは角度を付けて奥までしっかり掃除することが出来るというわけです。

はたきの選び方

はたきにもたくさんの種類があります。

ホームセンターを回ったり、ネットではたきについてリサーチ!

すると、はたきは静電気を起こして埃を付着させるというものが多いことがわかりました。

それから、洗って使えるもの、洗えないものがある。

柄が伸びるタイプは少ない。

ヘッドに角度を付けられるものはもっと少ない。

静電気で埃が再付着するのを防ぐ静電気除去機能が付いているものがる。

ということがわかりました。

検討した結果、我が家が購入に迷ったのがこのような商品↓↓

柄が伸びて角度も変えられる!水洗い可能はたき

柄の長さを約114~164cmの間で調節できて、ヘッドの角度も6段階に調節可能。

ボタン1つでヘッドと柄を取り外すことができ、ハンディタイプのハタキとしても利用できる。

網状の繊維が摩擦によって静電気を起こしホコリをキャッチする。

汚れたら水洗いして使用することが可能。

有名お掃除メーカーの電子機器にも使えるタイプ

安定した固定電荷の力でホコリを取るタイプ。

サイズはハンドルを含めて47cm。

柄は伸びず短いのが残念だけど、静電気の発生を抑える働きのある導電性繊維を混入していて、静電気を嫌うOA機器や電子機器にも安心して使えるという優秀な商品。

口コミも良く、洗うことは出来ないけど、外で埃を落とせばまた使えるそう。

どちらにも良さがあってなかなか決められなかったのですが、悩んだ結果、二つ目にご紹介した有名お掃除メーカーのはたきに決定!!

柄が伸びるタイプが良かったのですが、静電気の力で埃を取る=また埃が再付着してしまいやすいのではないかと考えたことと、ダスキンのはたきの方が、電化製品周りもお掃除出来るのが良いと思い、柄は伸びませんが性能も良いのでこちらを選びました。

運動にもなるし、椅子に登ったりしながら天井や壁もお掃除してみようと。

スポンサーリンク

早速はたきでお掃除してみました!

ネットで注文し、すぐに到着!

早速お掃除してみました。

フワフワのはたき、テンションも上がります。

サイズは思っていたより大きく、お掃除しやすいです。

ホコリも良く取れて、お外でほろえばまた元通りきれいに。

盲点だった天井や壁、テレビの画面なんかも埃が付きやすいですが、一気に埃を取れて気分もすっきり!

楽しくて家中はたき回っちゃいました。

もちろんはたいた後は掃除機をかけて。

さて、はたきでお掃除した翌日はというと…?

やはり全く埃がないわけではありませんでしたが、いつもよりは床に落ちている埃の量が少ない気がしました。

効果ありと言えそうですね!

→ラグを敷くのも舞い上がるホコリに効果的でした!

スポンサーリンク

最後に

お掃除を何度もしてもフローリングに降り積もるやっかいなホコリ。

天井や壁にもホコリが付いていて、そこから落ちてきているなんて、今まで何で気付かなかったんでしょう。

これを知っていればもう悩むことはなし!

これからは天井や壁のお掃除も、性能のいい優秀なはたきでお掃除しちゃいましょう。