子連れハワイ旅行のホテルはシェラトンワイキキがおすすめ!プール編

こんにちは、maryです。

数日ブログをアップ出来なかったのですが、実はハワイに行ってました。

私はハワイが大好きで、滞在するのはいつもワイキキなのですが、色々なホテルに泊まったことがある中で、おすすめは断トツでシェラトンワイキキです。

新婚旅行にもおすすめですが、何と言っても、ファミリーにおすすめ。

その理由を何回かにわたってお伝えしますね!

今回は、立地も施設もサービスも満点のプール編です!

スポンサーリンク



子どもと行くハワイには楽しいプールが必要!

子どもとハワイを訪れる方の滞在先にシェラトンワイキキがおすすめなのは、プールが充実しているからなんです!

しかも海へも徒歩1分かかりません。

海に行ったりプールで遊んだり。

気分に合わせて行き来が出来て楽ですよ!

シェラトンワイキキにはプールが2つあります

今回ご紹介するのは、宿泊者の家族向けプール、「ヘルモア・プレイグラウンド」

もう一つは16歳以上の大人の宿泊者限定プール、「インフィニティ・エッジ・プール」。

こちらも大人だけなら本当に素敵でおすすめです。

さて、このシェラトンワイキキの家族向けプールは、海へも徒歩1分もかからず出れちゃいますし、ウォータースライダーもあって、もちろん小さい子向けの浅いゾーンもありますし、あったか~いジャグジーもあるんです。

背もたれの高さを調節できる休憩ベッドもたくさんあるので、「荷物を置いておけない!」「休憩する場所がない!」なんてこともありません。

スポンサーリンク


ヘルモア・プレイグラウンドってどんなプール?

まずはプール入口にある注意事項の立て札の写真。

プールを地用出来る時間は朝の8時から夜の8時までです。

字が読みにくくてごめんなさい!

ヘルモア・プレイグラウンドのおすすめポイントを詳しくご紹介しますね!

まずは2つあるウォータースライダー。

高さ約4,5m、長さ約21メートルのウォータースライダー!

このウォータースライダーを利用するには、身長91cm以上である必要があります。

また、身長91~122cmの子どもは、アームヘルパーやライフジャケットなどの浮き具が必要です。

買わなくてもプール横のビーチサービスのテントで無料で貸してもらえますよ!

でもウォータースライダー専用で使ってね!とのことです。

利用者名簿に名前を書けばすぐに貸してもらえました。

それから、なくても利用できるのですが、「ウォータースライダーを利用出来る身長を満たしています」という印になるリストバンドをビーチサービステントで付けてもらうと、特に身長ギリギリのお子様は毎回ライフガードに声を掛けられることなくスムーズに利用できるので、ぜひ付けてもらいましょう。

ウォータースライダーの入り口の階段を上った先にはライフガードの方がいて、利用制限を満たしているか、安全に滑れているかなどを監視し、滑るタイミングを指示してくれます。

なかなかスリルがあって、子どもはもちろん、大人も楽しめます!

4歳の息子も一人で何度も滑りました。

まだ一人で泳げない小さな子どもの場合は、安全の為に親などの保護者が先に滑り、次に滑ってきた子どもを受け止めてあげましょうね!

トンネルウォータースライダー

ウォータースライダーというよりは、トンネルになってる短い滑り台という感じです。

ここにはライフガードはついていません。

ここに来るまでに深いプールを通って来なくてはいけないので、こちらも小さな子どもと利用する際は保護者と一緒に行きましょう。

プールの中の階段を何段か上がると滑り口です。

降り口側はこんな感じで、これまた深いプールに出ますので、保護者が先に滑って受け止めてあげましょう。

ここにも写っていますが、滝もあります。

滝の中の洞窟に入ってみるのも楽しいですよ!

スポンサーリンク



幼児向けの浅いプール

2歳になったばかりの娘も立って入れる幼児向けの浅いプール。

入るところも広い階段、手すりがあって安全です。

水色の仕切りから左側は深いプールになっています。

ここを超えるのは禁止されていて、知らずに行き来してしまうとライフガードに声を掛けられますのでご注意下さい。

この上の写真の右に移っているのがビーチサービスのテントです。

ここでルームバンド(部屋の鍵)を見せるとタオルを貸してくれます

手前にある岩場では、噴水のようにランダムに水が飛び出る仕掛けがあり、子どもたちに人気です。

浮き輪やライフジャケットは利用するツアー会社などにもよりますが、今回私が利用したLOOK JTBさんだと、シェラトンワイキキのロビー1階にある「ワイキキビーチ・ボーイズ」というお店で、ルームバンド(部屋の鍵)とオリオリカードというツアー会社からもらえるカードを見せると無料で借りられます。

海用にゴザや砂場セット、大人用の大きな浮き輪、水鉄砲も借りられましたよ。

スポンサーリンク


体が冷えたらホットジャグジーへ

日本人にはたまらない、ホットジャグジーが深いプール横に2つあります。

海からの帰り道や、プールで体が冷えたな~なんて時に入ると本当、温泉気分で気持ちいいですよ。

我が家も毎回プールの合間に何度か入り、部屋に戻る前にも最後に体を温めて、お風呂代わりに利用させてもらっています。

ジャグジーなので、ジェットが出ていて、大人もマッサージされてる気分で気持ち良く、子どもも手を当てたり泡を触ったりと楽しそうにしています。

気持ちもほっとほぐれて、このジャグジーでは日本の方がいるとコミュニケーションがはずむことが多いです。

温泉の力恐るべし!

いや、ホットジャグジーでしたね(笑)。

スポンサーリンク



プールで行われるイベント

マーメイドや妖精と遊ぼう!

2018年は6月から9月の間、マーメイドや妖精と遊べるイベントが開催されています。

私はマーメイドに会えたのですが、プールで遊んでいると突然現れ、とても芸術的で綺麗な人魚姫でした。

しばらく写真撮影タイムがあり、その後はマーメイドがプールに宝物を投げて、それを子どもたちが拾う宝探しゲームなどが行われていましたよ。

  • マーメイドが月・水・金曜日の午後1~2時
  • 妖精が火曜日の午後0~1時

どちらも参加は無料です。

プールのプロジェクションマッピングショー

夜は毎晩20時からと、21時からの2回、「3Dプール・マッピング・ショー」が行われます。

こちらはプールに3Dの立体映像が映し出される世界初のプールで行われるプロジェクションマッピングショーで、宿泊者ではなくても、誰でも見ることが出来ます。

ハワイの誕生や歴史を感じることの出来るショーです。

お部屋からちらっと見ましたが、幻想的で綺麗でしたよ。

最後に

いかがでしたか?

最後にもう一つお伝えしたいおすすめポイントがあります!

それは、このプールには最新の塩素処理システムが導入されていて、環境にも肌にも優しい、柔らかいお水が使われているという事です。

なので、お肌が弱い方でも乾燥や刺激を抑えられ、安心して入れるプールとなります。

我が家のアトピー旦那やお肌の弱い子どもたちも大丈夫でした。

確かに、塩素のにおいは普通のプールよりなかったです。

水が柔らかいかどうかは、よくわかりませんでした(笑)。

海とプールを一緒に楽しめて、ウォータースライダーやジャグジーもあり、ゆっくり家族で楽しめるシェラトンワイキキのプール。

最高じゃないですか?

ぜひ参考にしてみて下さい。

シェラトンワイキキがおすすめ!立地&施設編はこちらから

シェラトンワイキキがおすすめ!サービス編はこちらからどうぞ!