東葉高速鉄道の車両基地祭りは混む?行き方は?何時に行くべき?

こんにちは、maryです。

電車好きにははずせないイベントの一つに車両基地祭りがあります。

今回は東葉高速鉄道の車両基地祭りのレポートです。

過去何回か参加していますが、とにかく広い土地に電車も動物もイベントも盛り沢山!

今年は行ってみようと考えている方、必見です!

スポンサーリンク

東葉高速鉄道とは?

東葉高速鉄道は、東葉高速鉄道鉄道会社が運営する千葉県の鉄道です。

西船橋駅(船橋市)から東葉勝田台駅(八千代市)までを結び、東京メトロ東西線と直通運転をしていることから、赤とオレンジ色の電車「東葉高速線」と、水色の電車「東京メトロ東西線」が互いに路線を行き来しています。

なので、東葉高速線内の駅であっても、乗るのは東葉高速線の車両か東西線の車両か電車が来るまでわかりません。

それが電車好きには「今日はどっちかな?」というワクワクにつながります。

また、オリジナルグッズの販売があったり、地下駅と高架駅があるので高低差や景色を楽しめるのも東葉高速線の魅力です。

東葉高速鉄道を結ぶ駅

西船橋駅:JR武蔵野線、京葉線、総武線、東京メトロ東西線の乗り換え駅(徒歩6分で京成西船駅)

東海神駅:徒歩10分でJR総武線船橋駅、京成船橋駅、東部アーバンパークライン新船橋駅

飯山満駅

北習志野駅:新京成線乗り換え駅

船橋日大前駅:「関東の駅百選」に選ばれたデザイン性のある駅

八千代緑が丘駅

八千代中央駅

村上駅

東葉勝田台駅:京成本線(勝田台駅)乗り換え駅

スポンサーリンク

東葉高速鉄道の車両基地はどこにあるのか?

東葉高速鉄道の車両基地(八千代緑が丘車両基地)は、八千代緑が丘駅から徒歩約15分のところにあります。

住所:千葉県八千代市大和田新田884-5

八千代緑が丘駅で降りて改札を出て左側、ロータリーのある北口へ進み、ペデストリアンデッキ(歩行者用の高架通路)へ進み、右手階段を降りて線路の高架下の遊歩道を道なりに進む。

途中から左側の車道に入りしばらく歩くと会場に着きます。

よくわからないと思いますが、八千代中央駅方向に線路に沿って途中まで歩いていき、左側、車両基地方向に曲がる線路があるので、そちらに沿ってまた歩いていけば着けます。

何より、車両基地祭りの日は会場に向かう人でいっぱいなので、間違うことはないと思います。

東葉家族車両基地まつりの詳細

【第9回東葉家族車両基地まつり】

開催日:2017年11月5日(日)

開催時刻:10:30~15:30(最終入場15:00)

※だいたい毎年11月の最初の週の日曜日が開催日です。

イベント内容

車両や車両機器の展示:屋外と、基地内展示の車両を展示できます。

鉄道模型運転体験:並ぶ覚悟で!

保線用モーターカーの試乗:子どもに人気!

警察車両展示:乗ったり写真を撮ったり出来ます。

消防車両展示:上と同じく。混雑はありませんでした。

路線バス展示:こちらも同じく混雑はなし。

動物ふれあい広場:乗馬体験、うさぎやアルパカなどたくさんの動物と触れ合えます。

スタンプラリー:無料。全部スタンプを集めると景品がもらえます。

プラレール広場:車両の中でプラレールを楽しめます。

子ども制服撮影:混雑します!制服を着て車両横で写真を撮ることが出来ます。

鉄道会社グッズ販売:数社がグッズ販売。レアな物がお安く売られていたりします。

沿線産品、食品販売:食品はお昼時混雑します!

遺失物傘販売:ブランド物の傘など大量の遺失物の傘が1本100円で売られていて人気。

わくわく☆ステージ:bayfmのDJアンナさんの司会進行で、千葉ジェッツのチアのお姉さん達のショーや、八千代市消防音楽隊の演奏、ビンゴ大会などが行われていました。

※車両部品販売はありませんでした。

スポンサーリンク

ずらりと並ぶ車両は見応えあり

この車両基地、ものすごく広いんです!!

会場入り口から、上の写真の車両展示の場所までもけっこう歩きます。

ですがそんな疲れも忘れるほど、ずらり並んだ車両たちはかっこよく!電車好きにはたまりません(笑)。

東葉高速線だけではなく、東西線の車両も数種類展示されています。

格納庫内の車両には見学ルートが設けられ、普段見ることの出来ない車両の下の部分や、車内では座席の下や運転席をじっくり見ることが出来ますよ。

動物いっぱい!ふれあい広場

近くにある東京動物専門学校からたくさんの動物と、学生さんが来て下さり、ファミリーに大人気。

アルパカや羊、ミミズク!

うさぎやひよこなどの小動物とも触れ合えます。

有料ですが乗馬も体験できます。

小さいポニーか大きな馬かを選べます。

その他、トロッコのような乗り物に何人かが乗ってお馬さんがひいてくれる馬車と言ったらいいのでしょうか?そのような体験も出来ました。

動物専門学校の学生さんが丁寧に説明、フォローしてくれます。

お陰で当時4歳の息子も怖がらずに初めての乗馬を楽しむことが出来ました。

人気で並ぶ為、早めに行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

電車の中でランチ

車内休憩所があり、持ってきたお弁当や出店で買った食べ物を電車の中で食べることが出来ます。

普段は出来ないことが出来るとあって、子どもたちも大喜び。

ただ、混み合うのでお昼時は満席になります。

電車内で食べられなくても、電車のすぐそば、線路のすぐ横に設けられたベンチ席(多数)や、レジャーシートを敷いて座って食べるのもオッケー!

電車を見ながら食事を楽しむことが出来ますよ。

トイレは混むか?赤ちゃん用ルームはあるか?

トイレは会場内に何カ所かあります。

建物内トイレ、簡易用トイレとありますが、会場がとにかく広いので、トイレに行こうと思った時に「近くにトイレがない!」となる場合があります。

なので、トイレの近くを通る時にトイレに行っておいたほうが良いでしょう。

女性用トイレは列が出来ていることもありました。

ちょうど会場の中心部に管理棟という建物があるのですが、その中には赤ちゃん用の休憩室があります。

オムツ交換や、仕切りで区切って授乳が出来るスペースがあり、広いので混み合うことはありませんでした。

ちなみに、授乳が出来るスペースの入り口には女性のスタッフの方が立っていて、お母さんと赤ちゃんのみの出入りを監視してくれているので安心です。

スポンサーリンク

混雑を避け、たくさん楽しむ為には?

何度か「混雑」という言葉が出てきましたが、人気のイベント各所、食べ物の屋台は混雑しています。

ですが、会場内に入ってしまえば、壮大な土地ですから、そんなに人混みで歩けない!なんてことはありません。

乗馬体験や鉄道模型運転体験、子ども制服撮影は特に並ぶので、朝一で行くのがおすすめです!

朝一と言っても、開場は10:30で、10:30に会場に着くのでは遅いです。

今回我が家は10:40に八千代緑が丘駅に着いたのですが、その時点で、車両基地まつりに行く列の最後尾がペデストリアンデッキ近く(駅近く)まで来ていました!

そこから会場入り口に着くまで20分くらい。

列はゆっくり進み続けるのでそんなに並んだという感じではありませんが、イベントを並ばずに楽しみたい!という方は、10:00か、それより早い時間に会場に着く目安で行くと良いと思います。

最後に

東葉家族車両基地まつりは広い敷地にたくさんの催しが行われ、電車好きでも、そうでなくても、老若男女問わず楽しめるお祭りです。

ゆるキャラにも会えたり、個人的にはbayエフエムのDJアンナさんに会えたことも嬉しかったです。

メインと思われる車両展示は会場の一番奥の方にあるので、見に行って戻ってくるだけでも相当歩きます。

運動にもなるお祭りです(笑)。

今年も秋に開催されると思うので、家族やカップル、お友達とぜひ行ってみてはいかがでしょうか?