電車好きな子が集まる「プラレールであそぼう!」が坪井公民館で開催!

こんにちは、maryです。

男の子が好きな遊びの定番、電車や新幹線をレールの上で走らせて遊ぶプラレール。

我が家の息子も小さい頃から大好きで、家の中には常にレイアウトが作られています。

そんな、プラレール好きな子にはたまらないイベントが先日、船橋市にある坪井公民館で開催されました。

その様子をお伝え致します。

スポンサーリンク

プラレールで遊ぼう!

関東プラレーラーの会が主催して下さった「プラレールで遊ぼう!」は、2018年7月29日(日)に船橋市にある坪井公民館で開催されました。

入場無料、当日自由参加ということで、電車や新幹線好きな我が家の息子もこの日を心待ちにいしていました。

スポンサーリンク

車両持ち込みOK!貸し出しもあります

我が家がこのイベントに参加するのは2回目。

前回もこの坪井公民館で行われましたが、今回は前回より会場が少し広いお部屋となったので、ジオラマも前回より大きくなっていました。

午前の部:10~12時、午後の部:13~15時と二部構成になっていて、子どもたちは自分の好きな車両を持ってきて走らせて遊びます。

車両を持っていない子も大丈夫!

貸し出し用の車両もあります。

自分の持ってきたプラレールの車両にシールで名前を書いてから遊び始めます。

大きなジオラマに車両を走らせて夢中の子どもたち

ジオラマの中にいらっしゃるのが、主催者の方です。

このジオラマ、すごく立派ですよね。

今回はもう一人の助っ人の方と二人で製作したそうですが、前回は一人で作ったということです。

子どもたちが楽しく遊べるよう優しく声を掛けて下さったり、脱線した車両をレールに戻してくれたりと、お兄さんのプラレール愛が感じられます。

この日も3歳くらいから小学生までたくさんの子どもたちが参加していました。

自分の電車や新幹線が走るのを追いかける子、駅で車両をいったん止めて、また発車させるのを楽しむ子、トンネルや鉄橋を電車が走るのを見るのが好きな子、撮り鉄の子もいました。

スポンサーリンク

中央にタワーにはモノレールも!

中央には見応えある立派なタワーのレイアウト。

モノレールや珍しい車両が走っていて、ずっと眺めていても飽きません。

私も息子の影響ですっかり電車好きです。

我が家は午前の部に参加。

終了の12時が近づくとぐずりだす子がちらほら。

息子も最後まで「帰りたくない!もっとやる!」とごねて、強制退場でした。

帰る時に「ありがとうございました!」と主催者のお兄さんにお礼をしっかり伝える礼儀正しい子たちが多かったのも印象に残っています。

前回は冬に開催されていたので、今回は約半年ぶりの開催となります。

「今度いつやるの?早くまた遊びたい!」と、この半年間、ちょこちょこ言われていたので、今回の開催は親の私にとってもとても嬉しいことでした。

スポンサーリンク

関東プラレーラーの会について

主催者のお兄さんに許可を得て、今回配布されていたチラシを載せさせてもらいます。

関東プラレーラーの会は船橋市内で電車おもちゃに関するイベントを企画運営して下さっています。

お仕事もあって大変だというのに、こういった子どもの為のイベントを開催して下さることは、とても嬉しく有難いことですね。

最後に

子どもはもちろん、大人まで夢中になってしまうほど本当に楽しいイベントでした。

お兄さんのブログを拝見すると、今回以降、イベントの開催は無期限休止とのこと。

とても残念です…。

ですが、次回も開催されることを心から願っています!

今回行けなかった方も、次回開催されることがあればぜひ参加してみて下さいね!

コメント

  1. 三十路 より:

    こんばんわ。このイベントを運営している三十路です。ブログでのご紹介ありがとうございました。あれから半年、継続のご要望が強く1月か2月に開催をして新高根児童ホームの子ども祭りも出展させていただきました。しかしながら4月以降は仲間の団体の出店のお手伝い以降はイベントに関しては休止いたします。また落ち着きましたら坪井公民館で開催したいと思っておりますのでその際は是非ご来場いただければ嬉しく思います。よろしくお願いいたします。

    • mary より:

      三十路さん、いつも子どもたちの為に楽しいイベントを開催して下さりありがとうございます。
      そして、コメントもありがとうございました。
      今でも三十路さんのイベントは楽しい思い出として心に残っています。きっと子どもたちにとってもそうでしょう。
      またいつか、会えることを願っています!