離乳食用、子ども用のおすすめ食事椅子は?後悔しない選び方とは?

こんにちは、maryです。

赤ちゃんの成長って早いもので、6カ月から離乳食が始まり、気付けばあっという間に一緒に食事をとることができるようになります。

その際、どうやって食事をしていますか?

実は大事な食事椅子の選び方についてと、おすすめの我が家の食事椅子をご紹介致します。

スポンサーリンク

食事椅子の選び方

足の裏がピタッとつくもの

離乳食初期はお母さんのお膝で食べたり、ステップアップしていくごとに、お手持ちのハイローチェアやバウンサーで食べるのもありだと思います。

ですが、私もハイローチェアを持っていましたが、ハイローチェアは汚れるとお手入れが大変です。

それにハイローチェアやバウンサー、テーブルにカパッと固定できるタイプの持ち運びに便利な食事椅子なんかは「足の裏が床につかない」のです。

噛む力は足を床に付けて踏ん張る体勢ができている状態で初めてついていくものなのです。

足がぶらぶらしていると、食事に集中が出来なくなる原因にもなります。

なので、食事椅子を選ぶ基準の一つに「足の裏がピタッとつくもの」を選びましょう。

テーブルはなくても良し

ハイローチェアやバンボなんかは付属品で食事用のテーブルが付いていますよね!

あれは、離乳食初期で、まだお皿が一つだけだったりする時はいいのですが、だんだんやんちゃになってきたりすると、お皿を落としたり、飲み物を落としてこぼしたり、ということになりかねません。

なので、個人的にはテーブルはなくて良いと考えています。

家族と一緒に同じテーブルで食べる楽しさを教えてあげましょう。

食事をあげる側もテーブルなしの方があげやすいですよ。

成長に合わせて高さの変えられるもの

子どもはどんどん成長していきます。

それに合わせて、座る位置や足置きの高さを変えられる椅子を選ぶと良いでしょう。

今流行りの「リビング学習」や「ダイニング学習」なんかものちのち考えているようなら尚更です!

写真に載っている我が家の子ども用の椅子もそうですが、小学生はもちろん、高校生、大人でも使う事が出来るので(体重は50kgまでですが)、長く使うことが出来ます。

スポンサーリンク


マジカルチェアがおすすめ

ストッケは素敵だけどお値段がなぁ…というあなた!

ネットでロングセラーの食事椅子「マジカルチェア」がおすすめです。

特徴としては、

  • 座面、足置きの高さを変えられる
  • 取り外し可能の安全ベビーガードと安全ベルト付き
  • 組み立て簡単
  • 耐性体重50kg
  • ガタつき防止のアジャスター付き
  • カラーバリエーションが豊富

ということで、口コミも良く、ランキングにも入っていて良さそうだったので購入しました。

子どもが2人いるので、椅子も2つ。

上の子がブルー、下の子がホワイトです。

座面と足置きの高さが違うのがわかりますね。

成長に合わせて変えてあげています。

全部解体しなくても、サイドのボルトを緩めるだけで簡単に高さを変えられます。

スポンサーリンク

選ぶ色の注意点

上の写真の丸で囲っているところ、わかりますか?

塗装がはげているのです。

テーブルの中に椅子をしまう時にテーブルの角が当たってしまって出来てしまいました。

※現在、「傷付きやすい」との声から、材質がラバーウッドからビーチ材(ブナ材)に変更になり、強度が増したようです。

それにこれ。

汚れを力を入れて拭くと塗装がこれまた取れてきます。

椅子の色は変わらないですが、このように汚れと一緒に椅子の色もついてしまうんです。

濃い色ほどこのように塗装のはげが目立ってしまうので、お部屋の雰囲気や好みなんかもあるとは思いますが、薄い色を選んだ方が塗装の剥がれは気にならないと思います。

白い方の椅子はきれいなままですよ。

スポンサーリンク

怪我や転倒に注意!

唯一残念なポイントをあげるとすれば、上の写真の部分に足を引っかけてつまずきそうになることです。

気を付けてれば大丈夫なんですが、おっちょこちょいな私はたまにぶつかって「いたたっ!」となってしまいます。

意外と子どもは引っかからないんですよね、ぶつかってしまうのはいつも大人です。

このでっぱりがなければ文句なしです!

でも、安定させる為とかで、必要なのでしょうから、気を付けて周囲を歩く、それだけ気を付けましょう。

ちなみに!

我が家のダイニングテーブルの下に敷いているフローリング調のラグ。

これもネットで購入したのですが、食器を落としても床は傷付かないし、飲み物をこぼしてもささっと拭けてお掃除ラクラク!

ストレスフリーです。

こちらもレビューが良かったですね。

サイズも色々あります。

厚みとクッション性があるので、ダイニングだけじゃなくて、たまに模様替えをして子ども部屋に敷いてみたり、室内用ジャングルジムの下に敷いたりして臨機応変に利用しています。

スポンサーリンク

最後に

我が家のおすすめ子ども用食事椅子をご紹介致しました。

椅子としての使い方ではありませんが、私はいつもダイニングテーブルの上に洗濯物をカゴごとドサッと置いて、ハンガーに掛ける作業をするのですが、ここでもこの食事椅子が役立っているのです!

ハンガーに掛けたお洋服を背もたれに掛けていくのにちょうどいいんですよ(笑)。

全部干し終わったらまとめて持って外に干しに行く。

自己満足ですが実に使い勝手が良くていい流れです。

子どものお食事椅子をどれにしようかお悩みの方、ぜひ参考にしてみて下さいね!