5歳の子どもが大きい扁桃腺とアデノイドの摘出手術で入院した話(1)

こんにちは、maryです。

今年の夏休みの話なんですけどね、5歳の息子が初めて入院、全身麻酔の手術をしました。

何の手術をしたかって、扁桃腺とアデノイドを摘出する手術です。

一般的なよくある手術で、周りでも「うちの子も取ったよー!」なんて聞いていたのですが、いざ我が子が全身麻酔の手術を受けるとなると…真剣に考えてしまいました。

そもそもどうして?何で?手術を受けることになったのか?

スポンサーリンク

中耳炎を繰り返す

息子は中耳炎になりやすかったんです。

特に4歳からは鼻水が出始めると、夜中に「痛ーい!」と泣いて飛び起き、急性中耳炎になるということが数回あり、治ったと思ったらぶり返すなんてこともあって。

経験したことのある方ならわかっていただけると思うのですが、中耳炎ってすぐに治るものじゃないんですよね。

苦い抗生剤を飲み続けなければいけなかったりして、毎日2回、急性中耳炎の期間は3回、嫌がる子どもに薬を飲ませなきゃいけないのです。

子どもの繰り返すくしゃみや鼻血、結膜炎の原因がアレルギーでした

中耳炎で飛行機に乗る時の必須アイテムと対策まとめ

そんなこんなで耳鼻科に通う事が多く、毎回のように「扁桃腺が大きいね」と言われていました。

小児科でも言われたことがあったんですけどね、そんなに大きいの?それってどうなの?と思って耳鼻科の先生に聞いてみたところ、やっぱり扁桃腺が大きい子は中耳炎になりやすいとのこと。

それに、風邪もひきやすい(息子は風邪はひきやすくはないんですけど)。

そして、扁桃腺は7歳頃まで大きくなり続けますよ、と。

睡眠時のいびきや無呼吸はありますか?」と聞かれて、いびきは時々あると答え、無呼吸は私も寝ちゃうとわからないので…気になったことはありませんと伝えました。

スポンサーリンク

朝起きた時の口臭が気になる

先生に、「ただ、朝起きた時の口臭が気になるんですよね」と話すと、副鼻腔炎の可能性があるのでチェックしてみましょう!となりました。

すると、副鼻腔炎ではなかったのですが、アデノイドも大きいという事がわかりまして。

扁桃腺とアデノイドを手術して取っちゃいましょう!

と爽やかに言われました(笑)。

たぶん、お医者さんにとっては毎日行っている簡単な手術なので、ちゃちゃっとやっちゃいましょ!って言う感じ。

日中ボーっとして幼稚園で先生の話を聞いていない

もう一つ、耳鼻科の先生に話すと、それなら尚更扁桃腺を取っちゃいましょう!となったきっかけがあるんです。

それは、「日中ボーっとしていて話を聞いていない」ということ。

要は、扁桃腺が大きいイコール呼吸時の気道が狭い。

ということで、睡眠の質が悪く良く眠れていない→日中ボーっとしてしまう。

ちょうど幼稚園でも先生から、「ボーっとしていて話を聞いていない」と言われ、「家でもそうなんです先生!」と話していたところだったので、まさかそこもこの大きな扁桃腺が関係していたとは!と思いましたよ。

スポンサーリンク

手術をするかしないかの選択

もちろん手術をしないという選択肢もあるわけで、した方がいいのか、でも全身麻酔の手術と聞くと怖いしかわいそうだしやらなくてもいいのか悩みました。

そんな時、耳鼻科の先生から、

(扁桃腺とアデノイドを)取らないメリットよりも取ったメリットのほうが大きいですから!

と言われ、その言葉が背中を後押しし、手術を受けることを決めました。

気道が狭いままだと睡眠の質は良くないので、今後、脳の発達や学習に問題が生じる可能性がある。

それは困りますからね。

医療センターで2回に渡る術前検査

手術することを決めると、耳鼻科で紹介状を書いてもらい、大きな医療センターに検査に行くことに。

手術をするのもその医療センター。

小児科、耳鼻科で診てもらう他に、心電図や血液検査など色々な検査をしました。

それから麻酔科でも診てもらうのですが、そこで全身麻酔の説明を受けるんですね。

スポンサーリンク

麻酔科のけっこう怖い全身麻酔の説明

取り付ける器具で歯が欠ける可能性があります。

〇〇になってしまった場合は救命措置をとらせてもらいます。

〇〇になってしまう可能性もあるのでその場合も救命措置をとらせてもらいます。

怖い、怖いよ。

全身麻酔を必要とする手術をする際には必ず事前に伝えなくてはいけない説明なんですよね。わかってます。

でも、せっかく、「よくある手術だから大丈夫!命に関わる手術じゃないし!」と思えるようになったところだったので、もしかしたら…っていう命に関わる話を次々されて、また不安になってしまうのでした。

スポンサーリンク

続きはパート2へ

さて、そんな怖い麻酔科の先生とのお話も終わり、手術の日程も決まり、あとは風邪をひかないようにして入院する日を待つのみ。

3泊4日の入院生活、手術のことなどについてはまた長くなってしまうので次回お話させてくださいね。

続編!5歳の子どもが大きい扁桃腺とアデノイドの摘出手術で入院した話(2)へ