白い恋人パーク|キャンディ・ラボやキッズタウンが楽しいチェダーハウス編

こんにちは、maryです。

前回の続き、白い恋人パークのチェダーハウス編です。

チェダーハウスには、キャンディアートが見学できる「キャンディ・ラボ」や、子どもの遊び場「キッズタウン」、カフェやお土産屋さんなどがあります。

館内には楽しい仕掛けがたくさんありました。

来場者を楽しませる工夫がちりばめられた白い恋人パークのチェダーハウス編、早速ご紹介させていただきます。

前回のリニューアル工事中のチョコレートファクトリー編はこちらから

スポンサーリンク

懐かしい回転ドアとクリオネがお出迎え

今はほとんど見かけなくなった回転ドア

わかりますか?円形のドアに入って行って自分が回って中に入ったり外に出たりできるドアのことです。

それがチェダーハウスの入り口にあるんです!

子どもの頃好きだったので、懐かしい気持ちになりました。

子どもたちは初めての回転ドアに興奮!

上手く中に入ることが出来ました。

(たまに、中で出られずまた回って外に出てきてしまう人いましたよね!)

隣には普通の自動ドアもあります

中に入るとクリオネの水槽がありました。

クリオネは小さいので、備え付けの虫メガネで覗くと一生懸命に泳ぐ可愛い姿を観察することが出来ましたよ。

スポンサーリンク

豪華なリバティーホール

チェダーハウスに入ると、まず最初に目に入るのがこちらのリバティーホール。

レッドカーペットを上ると二手に分かれるクラシカルなこの階段、お姫様が降りてきそうな、お姫様の気分になれそうな、そんな階段です。

踊り場では写真を撮る方がたくさんいました。

キャンディ・ラボ

キャンディ・ラボでは、芸術的な飴作りの見学、また、飴を販売しています。

営業時間は9:00~19:00。

中央にある観覧車のようなこのキャンディマシン

100円を入れてハンドルを回すと観覧車が回りながらメロディが鳴り、

約10㎝の飴の棒が出てきます。

味が何種類かあり、何が出てくるかはお楽しみ!

スポンサーリンク

キャンディアート見学

キャンディ作りの実演は毎日10時頃から1日4~5回行われます。

一回の所要時間は約30~60分と作る飴によって変わります。

キャンディラボ前の掲示板で実演開始時間が表示されているので確認しましょう。

大人でも歓声が上がるくらい素晴らしくて芸術的な飴作り。

我が子も40分間ガラスにへばりついて夢中になって見ていました。

出来たての飴の試食もありました!

ほんのり温かくて、甘すぎず軽い食感のシュワシュワ不思議な美味しい飴でした。

販売している飴も、金太郎飴のような感じで、フルーツ柄、コンサドーレ柄など、カラフルで可愛い飴ばかり。

お土産に喜ばれそうですね。

有名人と一緒に休憩?

キャンディラボの向かいにベンチがあるんですが、モナ・リザやピノキオ。

こちらは楽譜を持っていたのですが、ベートーヴェンでしょうか。

エントランスにもリンカーンがいましたよ。

ちょっと座るのにドキドキしますが、一緒に写真を撮りたくなりますね!

スポンサーリンク

カフェ・バドラーズワーフ

レッドカーペットの階段を上った2階にあるのがこちらのカフェ。

営業時間は9:00~19:00。

一番目を引くのは白い恋人ソフトクリーム!

ホワイト、ブラック、ミックスの3種類があり、値段は税込み各300円。

白い恋人チョコレートドリンクや白い恋人ブレンドコーヒー(白い恋人に合うようにブレンドされたオリジナルのコーヒー)もあり、白い恋人パークならではのメニューですね。

他には生チョコタルトやキッシュ、ペンネなど手軽に食べられるおしゃれなメニューがありました。

しっかり食事をしたい時はレストラン梟巣(おうるず)へ!サッカー選手に会えるかも?!

カフェ内に飾られたブリキのおもちゃのコレクションの数々。

ホワイトとミックスの白い恋人ソフトクリーム、それからリンゴジュースを頼みました。

ホワイトの白い恋人ソフトクリームは、白い恋人のホワイトチョコの味がして期待通りの美味しさでした!

ミックスでブラックの部分も味わいましたが、しっかりしたブラックチョコが大人な味でした。

このカフェのテーブル、ガラスの下がチェスなどの昔のボードゲームになっていて、席選びもちょっとワクワクさせてくれる、そんなきれいでおしゃれなカフェでした。

スポンサーリンク

キッズタウンで遊ぼう

同じくチェダーハウスの2階にキッズタウンという有料の遊び場があります。

室内なので、雨の日も吹雪の日も天候に左右されることなく遊べるのが嬉しいですね。

キッズタウンの詳細情報

営業時間:10:00~17:30(最終受付17:00)
対象年齢:0~8歳(12歳まで入場可能)
利用料金:30分200円(延長30分ごとに200円)

*0歳児は無料

キッズタウン30分無料・白い恋人鉄道1周・ガリバータウンの3カ所で遊べるお得な「ガリバータウンチケット」があります!

受付を済ませて靴を抜いで、さぁ遊びましょう!

早速、踏むと絵が動く楽しいマットがありました。

1~2分で面が変わるので飽きる事なく遊べます。

奥にはおままごとコーナーや絵本、マグネットのおもちゃなどがありました。

キッズタウンは3階もあります

実はキッズタウンは2階だけではなく、3階もあります。

3階に行くには、一度靴を履くか備え付けのスリッパを借りてエレベーターに乗って3階に上がる必要があります。

ちょっと面倒ですが、行ってみる価値はありますよ!

入るとすぐにお絵描きコーナーがあり、

ブロックを運んだり積んだり登ったりして楽しめるコーナーや、

木のおもちゃがたくさん。

木のボールを転がして遊べるものや、楽器、電車や車・レール、魚釣り、ボーリングなどなど。

木のおもちゃは手触りが良く情緒を落ち着かせる効果があり、子どもに与えるおもちゃとしてとても良いです。

我が家の子どもたちも、ここでは真剣に大人しく遊んでいました。

3階から2階のキッズタウンを見下ろすとこのようになっています。

絵の動くマットはサッカーをしているところで、盛り上がっていて楽しそうでした。

手前にあるちょっと小高い小屋も、おままごとのキッチンがあり、女の子が夢中になって遊んでいましたよ。

2歳までの赤ちゃんゾーン

一番奥には0~2歳までのベビーゾーンもありました。

赤ちゃんに魅力的な遊具やおもちゃがあり、安心してのびのびと遊ばせてあげられますね。

スポンサーリンク

真実の口に手を入れてみよう

2階キッズタウンのある通路の奥に真実の口を発見しました!

ローマの休日という映画にも出てくる、「嘘つきが手を口に入れると抜けなくなる」と言われているものです。

恐る恐る近づき、手を入れてみると…

キャッ!と驚いてしまうような、あることが起こりました!!!

言ってしまうと面白くないので言わないでおきますね!

私は嘘つきでした。

子どもたちはそれを見て怖がって手を入れようとはしませんでしたが面白がってましたよ。

写真を撮るにもいいスポットですね!

ぜひ見逃さずに行って手を入れてみて下さい。

最後に

チェダーハウスも魅力たっぷりの建物となっています。

写真では紹介できませんでしたが、1階にあるショップ・ピカデリーでは、白い恋人はもちろん、美冬や、i・ガトー(あい・がとー、私の一押しのお菓子です!)や、白い恋人チョコレートドリンク、白い恋人ホワイトチョコレートプリンなど、石屋製菓のお菓子やギフトの販売、全国への発送もしています。

次回は子どもが喜ぶガリバータウンや白い恋人鉄道などについてご紹介致します。

良ければぜひご覧下さい!

続編、白い恋人鉄道とガリバータウンで大満足の一日編はこちらから