ファンタジーキッズリゾート新さっぽろで遊ぼう!料金や営業時間は?

こんにちは、maryです。

実家のある札幌に帰省する際、子どもと必ず遊びに行く場所の一つに「ファンタジーキッズリゾート」があります。

雨や雪の降り積もる冬でも、天候に関係なく遊べるのが一番のメリットです。

年中無休で、室内遊園地としては十分すぎるくらいの広さと遊具の多さ。

赤ちゃんから、子どもを連れてきた大人まで皆が楽しめる、その魅力をご紹介致します。

スポンサーリンク

ファンタジーキッズリゾートとは?

「ファンタジーキッズリゾート」は会員制の室内遊園地

現在、全国に8店舗あり、日本最大級の広さを誇る大きな遊び場です。

室内なので天候に左右されることはなく、12歳までの子ども(小学生以下)とその家族が一日たっぷり楽しめる施設として人気があります。

スポンサーリンク

ファンタジーキッズリゾート新さっぽろの情報詳細

子どもがいて、まだファンタジーキッズリゾートに行ったことがない!

外は雨だけど、子どもに思い切り体を使って遊んでもらいたい!

そんな時、親子でファンタジーキッズリゾート新さっぽろに行ってみませんか?

ファンタジーキッズリゾート新さっぽろへの行き方

住所:札幌市厚別区厚別中央2条5‐7‐2 サンピアザ1階

外から入ると、サンピアザ水族館の隣なので、わかりやすいかと思います。

地下鉄の場合:地下鉄東西線「新さっぽろ」駅直結専用通路で徒歩3分

JRの場合:JR千歳線「新札幌」駅直結専用通路で徒歩3分

車の場合:サンピアザ駐車場利用で、2時間まで無料

*1日遊び放題パック利用でさらに2時間分の駐車回数券がもらえます。

*サンピアザ内で合計5000円以上お買い物をしたレシートの提示でさらに1時間無料(最大5時間まで無料になります)。

営業時間

平日:10:00~19:00

休日:10:00~20:00

定休日:なし

*休日に含まれるのは、土日、祝日、国民の休日、学校の長期休暇期間中(春休み・夏休み・冬休み)です。

年末年始は営業時間が異なる場合あり

*サンピアザ全体が臨時休業になる場合などはファンタジーキッズリゾート新さっぽろも休みになる場合あり。

年会費

さて、気になる年会費と料金プランについてご紹介致します。

ファンタジーキッズリゾートは会員制となっており、年会費を払う必要があります。

それに伴い、初めて訪れた際はまず入り口で申込み用紙に必要事項を記入し、会員になりましょう。

その際、運転免許証や保険証などの本人確認書類を提示する必要があるのでお忘れずに!

年会費:1家族につき350円

*1家族につき1枚の「家族会員カード」です。

有効期限は発行から1年間

*期限が切れた際は更新費(350円)を支払った日からまた1年間が有効期限となります。

料金プラン(税込価格)

ファンタジーパック一番のおすすめプラン!一日遊び放題、再入場可能

  • 平日990円
  • 休日1200円

トワイライトパック:平日は15時~、休日は16時~閉店まで遊べるパック

  • 平日760円
  • 休日760円

タイムパック:最初の1時間の料金(+延長可能)

  • 平日430円(延長30分ごとに215円)
  • 休日540円(延長30分ごとに270円)

大人料金:時間無制限、定額料金

  • 平日520円
  • 休日650円

0歳児は無料

*お得な回数券や団体割引もあります

お誕生月の子どもの入場料無料!おもちゃもプレゼント!(生年月日が確認できるものを提示する必要あり)

スポンサーリンク

受付を済ませて室内遊園地の中へ!

受付で料金を支払って(タイムパック以外は前払い)、早速中へ入りましょう!

我が家はもちろんファンタジーパックで時間を気にせず一日遊び放題。

この日は冬休みが終わり、学校の始まった平日の午前中に到着。

その時点ではガラガラ。

好きな遊びを好きな時に待たずに遊べる状況でした。

お昼を過ぎると人が増えましたが、それでも待たなきゃいけないようなことはありませんでしたよ。

外靴はロッカーへ。

荷物を入れるロッカーも中に入るとありますよ。

ピクニックエリア

入るとすぐにピクニックエリアと呼ばれるお食事スペースがあります。

100席くらいの椅子席、ソファー席があり、自動販売機も充実しています。

持ってきたお弁当や、一度外へ出てファストフードなどを買ってきてここでゆっくり食べることも出来ます。

ここは有料ゾーンになるのですが、ピクニックエリアの前にゲームコーナーがあります。

帰る前についつい遊んでしまいます。

スポンサーリンク

ミルキッズひろば

0~2歳の子どもが対象の遊び場です。

柵があるので、小さな子どもが勝手に出ることは出来ず、安心して遊ばせることが出来ます。

体を動かして親子で楽しめる遊具から知育玩具まで発達に合わせた様々なおもちゃが取り揃えられていて、定期的にスタッフがおもちゃを消毒しているのを見かけたので、衛生面でもちゃんと管理されているのがわかります。

ファンタジーキッズリゾート内にベビーカーを持ち込むことが出来ます。

園内専用の貸出用ベビーカーもありました。

ミルキッズひろばの中には、授乳室やオムツ交換スペース、ミルク用のお湯などが用意されています。

上の写真の青空の壁紙の部分がそうです。

手前にあるのは無料で使えるマッサージチェア

1階と2階に数台ずつ設置されています。

パパママと子ども、おじいちゃんやおばあちゃんと来ているなんて場合には、交代で日頃の疲れを癒したいですね。

ミルキッズひろばの横には、小さい子が楽しめる遊具があります。

床にはジョイントマットが敷いてあるので安心できますね。

スポンサーリンク

サラサラすなば

無菌の砂と抗菌の砂を混ぜて無菌状態のさらさら砂の砂場。

白くてサラサラの砂に子どもたちが裸足で入ると、その感触に、手に砂をとったその感触に、思わず「わぁー!」と声を上げて喜び、夢中になって遊びます。

スコップやじょうろ、おままごとなどのおもちゃがあり、色々な遊びを楽しめます。

砂場のそばには、大人用の砂場用スリッパや、砂をほろうミニほうきが置いてあります。

そして、

砂場の横にお手洗いがありますので、遊んだ後は手を洗う!がスムーズに行えます。

お手洗いも子ども用のスリッパが数ありますし、低い位置に手すりが付いていたり、手を洗うのにステップが置いてあったりと、子ども目線で使いやすいように、自分で出来るようにと配慮がしてあるのがわかります。

ふわふわエリア

待ってました!のふわふわエリア。

子どもも大人も思わずはしゃいでしまう、楽しいエリアです。

身長制限ありのふわふわアトラクション

安全の為、利用出来るのは身長100㎝以上という制限ありのふわふわ滑り台も一つありました。

こちらの大きな海賊船は高さがあるので、登るだけでも体力を使い、滑るとスリルがあって楽

しいようで、息子も何度も挑戦していました。

大きなサーカスボールプール

このボールプールはとにかく大きくて、それなりの人数で入っても狭いと感じることはないくらいです。

こちらもそうですが、

この何度も何度もやりたくなってしまう楽しいふわふわ滑り台も、

こちらのかばさんふわふわ遊具も、大人が一緒に楽しめます

登るのにコツがいるのと意外と体力を使うので、子どもの運動神経が鍛えられますよ。

イベントひろば

1階吹き抜けのふわふわエリアの一角にイベントひろばというステージがあります。

ここでは一日に数回、様々なイベントが開かれます。

この日は、お話会・むし探し・ビンゴ大会・お魚釣りがありました。

イベントが始まる前に、園内放送の他、1階や2階でスタッフの方が回ってお知らせしてくれるので、参加し忘れた!ということもないかと思います。

イベントに参加するとちょっとしたお菓子やおもちゃの景品がもらえるので、ぜひ参加してみましょう!

ちなみに、今回訪れた際は、謎解き体験というものも行われていました。

こちらも全ての謎が解けたらプレゼントがもらえるというものです。

スポンサーリンク

クライミングウォール

大人気のスポーツ「クライミング」をここで体験することが出来ます!

前回訪れた時はなかったので、新設されたようです。

これはぜひやってみたいですよね!

クライミングウォールの予約方法や利用条件、実際に体験してみてどうだったかは次回の記事で詳しくお伝えしますね!

クライミングウォールに挑戦!予約方法や利用条件、注意点などの詳細はこちらから

2階も楽しいエリアがたくさんあります!

階段を壁に沿って上がっていくと2階へたどり着きます。

2階の充実した楽しいエリアもボリュームがありますので、後日じっくり紹介させていただきますね!

ファンタジーキッズリゾート新さっぽろの2階からなかなか抜け出せない理由とは?

スポンサーリンク

最後に

ファンタジーキッズリゾート新さっぽろ、今回は以前にはなかったエリアもあり、さらに楽しく充実した室内遊園地へと進化していました。

普段は千葉在住なので、千葉のファンタジーキッズリゾートにも遊びに行ったことがあるんです。

でも、新さっぽろのファンタジーキッズリゾートのほうが圧倒的に広く、数倍楽しいです!(個人的な感想ですが)。

まだ行ったことがない!という方はぜひお子様と行ってみませんか?

きっとここでは笑顔で楽しい時間を過ごせると思いますよ!