ファンタジーキッズリゾート新さっぽろでクライミングウォールに挑戦!

こんにちは、maryです。

前回の続き、ファンタジーキッズリゾート新さっぽろでクライミングウォールに挑戦したお話です。

流行りのスポーツ、クライミング。

一度は経験してみたいですよね。

ここでは利用条件や予約方法、5歳の息子が体験してみてどうだったかご紹介致します。

スポンサーリンク

ファンタジーキッズリゾート新さっぽろとは?

おさらいになりますが、「ファンタジーキッズリゾート」について簡単にご紹介致します。

ファンタジーキッズリゾートは全国に8店舗ある、日本最大級の会員制室内遊園地です。

0~12歳までの子どもと保護者が、外が雨でも雪でも関係なく遊ぶことができ、広さと遊具の多さはまさに遊園地!圧倒するほどの充実ぶりです。

今回はファンタジーキッズリゾート新さっぽろ店の詳細となります。

北海道ではここの1店舗のみですが、ぜひ子どもがいる方には一度訪れてもらいたい場所。
子どもも大人も一日たっぷり遊んで楽しめる最高の施設です。

ファンタジーキッズリゾート新さっぽろの営業時間や料金、エリアの紹介はこちらから

ファンタジーキッズリゾート新さっぽろは2階も楽しすぎてなかなか抜け出せない?

スポンサーリンク

新アトラクション!クライミングウォール

前回来た時にはなかったクライミングウォール。

6m、8m、12mの高さから選べて、全部で5種類

どこにあるかというと、ファンタジーキッズリゾート新さっぽろの1階、ふわふわエリアの奥の壁際にありました。

近くで見るとけっこうな存在感と高さ!!!

5種類のレーンは左から、6mのりんご・ほね12mのいわ8mのゲーム・レンガとなっています。

12mのいわは本格的で大人でも挑戦してみたくなりますね!

スポンサーリンク

クライミングウォールエリアの情報詳細

クライミングウォールは誰でも好きな時に利用できるものではありません。

体験するための条件や方法を見ていきましょう。

利用できる時間

平日:10:30~18:30(最終受付17:30)
休日:10:30~19:30(最終受付18:30)

*クライミングウォールエリアは1時間ごとの入れ替え制となっていて、事前の予約が必要になります。

利用する為の条件

  • 体重が18~120kgであること
  • 5歳以上(保護者の付き添いが必要)もしくは、身長が110cm以上あること

また、危険を伴うスポーツだという事を理解し、事故や怪我などについては自己責任を持つという誓約書にサインする必要があります。

利用する方、付き添いの方共に、体調がすぐれない時や怪我をしている時などの利用はやめましょう。

大人も利用できるのが嬉しいですね。

クライミングに使う器具(ヘルメットや靴、ハーネスやプロテクター)は無料で借りられます。

靴下も必要なのですが、ない場合はこちらも借りることが出来ます。

事前予約の方法

クライミングウォールで遊ぶには事前にスマホを使って予約する必要があります。

上の写真の液晶画面が予約表になっています。

何時、どのレーンに誰が予約しているかを確認することが出来ます。

画面下に予約方法の手順が書かれていました。

スマホでQRコードを読み込むとすぐに予約画面に進めるので簡単に予約することができました。

利用中、レーンの移動は出来ません。

予約したレーンのみの利用となりますので、どの高さ、どのレベルが良いかよく考えて予約しましょう!

また、クライミングウォールエリアの柵内には安全の為、利用する子ども以外の乳幼児が入ることが出来ません。

赤ちゃんや小さな下の子がいる場合は、連れの方に見ててもらいましょう。

スポンサーリンク

時間になったらクライミングにトライ!

お手洗いを済ませて、予約時間の5分前になったら、クライミングウォールエリアの前に集まりましょう。

体重をはかったり、誓約書にサインをし、時間になったらエリア内に入ります。

クライミングの指導をしっかり聞いて覚えよう

最初に、同じ時間に予約した人全員でクライミングの指導を受けます。

ハーネスの使い方、降り方などの説明や注意事項を教えてもらうのですが、とても重要なのでしっかり聞いて覚えましょう。

クライミング用具を装着しよう

説明が終わったら、クライミングの準備に取り掛かります。

靴を選んで履き、肘と膝のプロテクター、ヘルメットを付けます。

ハーネスはスタッフにつけてもらいます。

クライミングに挑戦してみよう

装備の装着が完了し、ハーネスをしっかりとつないでもらったら、早速クライミングにチャレンジ!

先ほど、利用時間は1時間ごとの入れ替え制とありましたが、説明などを抜くと約45分クライミングを楽しむ時間がありました。

クライミング初挑戦の5歳の息子。

45分は長くて飽きるかな?出来ないと諦めてすぐ辞めるのかな?と思ったのですが、他のレーンの自分より大きい子たちに刺激され、最後まで何度も根気強く登り続けました。

5歳の息子には、降り方が少々難しいというか、怖いようでした。

降りる時は、体の前にある2本のハーネスの黒い部分を両手で握って、壁の方を向いて降りてくるというものなのですが、両手を離すのが少し怖いようでした。

隣の12mのレーンでは、小学校高学年の女の子が挑戦し、一番上まで行けたのですが、降りるのが怖くてなかなか降りられず泣き出してしまい、スタッフの方に手伝って降りてきていました。

登ったはいいものの、降りるのにはコツがいり、高くて怖くなってしまうということがどの子どもにも起こりえそうですね。

スポンサーリンク

最後に

今回、5歳の息子が6mのりんごのレーンに挑戦しました。

最初は少ししか登れませんでしたが、次はここまで!その次はここまで!と、上へ上へと登れるようになり、諦めないで続ければ出来るようになるという本人の自信につながりました。

1時間という枠も短くもなく長くもなくちょうどよくて、何度も挑戦することが出来たので良かったです。

大人も体験することが出来るので、ファンタジーキッズリゾート新さっぽろに遊びに行った際はぜひチャレンジしてみて下さいね。