体育の日の船橋アリーナは施設無料開放でイベント満載!混雑具合は?

こんにちは、maryです。

船橋市の総合体育館、船橋アリーナで行われた体育の日のイベント、「スポーツフェスティバル」のご紹介です。

ここ数年、毎年参加しているのですが、子どもから大人まで無料で楽しめるとあって大好評のイベントです。

船橋アリーナのプールはオムツのはずれていない子どもでも入れる?

スポンサーリンク

船橋アリーナ「スポーツフェスティバル」開催!

2018年は10月8日(月)が体育の日でした。

船橋アリーナはバスケットボールチーム「千葉ジェッツ」のホームグラウンドであり、総合体育館として日々市民に利用されています。

この日は体育の日とあって、いつもは有料の施設も無料開放!

温水プールや浴室、トレーニング室(初回講習会受講済みの方)も無料!

バドミントンや卓球も室内シューズを持参すれば楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

イベント会場の場所

けっこう広い船橋アリーナ。

だいたいのイベント会場の場所はこのようになっています。

子どもと楽しむ場合のおすすめの回り方

小さな子どもとスポーツフェスティバルを楽しむには、まず10時には船橋アリーナに到着しましょう!

何故なら、フリーマーケット、起震車・警察車両の搭乗体験、クイズラリーやジャングルワールド、スポーツチャレンジが10時スタートだからです。

それに、警察車両は12時までですし、フリマは朝一が一番品物が充実しています。

まず最初に起震車・警察車両搭乗体験へ

まず最初に起震車・警察車両の搭乗体験をしに行きましょう。

起震車は毎年人気で行列が出来ます。

一組あたりの体験時間が長いことも待ち時間が発生してしまう理由です。

震度7までの揺れを実際に体験することが出来ますよ。

こんなに揺れるんだ!と恐怖を覚えると共に、本当に大きな地震が来た時の予行練習というか、心構えが出来るような気がします。

次の写真で、時計の針が11:30をさしています。

起震車の体験は12:00~13:00までお休みなので、この写真を撮った後すぐに受付を終了していました。

15:00まで体験できますよ。

ちなみにですが、近くの坪井近隣公園のチャリティーバザーに起震車が来た際は待ち時間も少なくスムーズに体験出来ましたよ。

煙で目の前が見えない中を通る体験も出来ました。

坪井近隣公園のチャリティーバザー詳細はこちらから!

男の子は特に大好き!大人も一度は乗ってみたい?パトカー。

かっこいい警察のお兄さんが案内してくれます。

起震車ほど混まず、今年も待ちは多くて5人ほど。

普通は運転席に乗って記念写真を撮りますが、息子はなぜか後部座席希望。

「悪いことした人が乗るお席だよ?」なんて言ってみましたが、どうしても後ろがいいとのことで、後部座席の窓からひょっこり顔を出した面白い写真が撮れました。

写真はちょうど警察の方が後ろのドアを開けようとしてくれているところです(笑)。

移動交番車も来ていたのですが、何度も乗ったことがあるので今回はスルー。

白バイには乗りました。

道路にどこから撮ると上手く写真が撮れるか、3カ所ほど撮影場所をチョークで書いてくれてましたよ。

子どもたちもかっこいい白バイに乗れて満足!

スポンサーリンク

次にフリーマーケット

第2棟奥の駐車場で行われるフリーマーケット。

白バイの写真に写っている道路の先が会場なので、そのまま真っ直ぐ行けばすぐ到着します。
お洋服やおもちゃ、ゲームや絵本、日用品から野菜、鉢植えの植物まで色々なものが売られています。

くじ引きやスーパーボールすくいなど、お祭り遊びをさせてくれるお店もあり、子どもたちに人気でした。

我が家もくじ引きをしましたが、狙い通りのおもちゃが当たって息子は大喜び!

ご主人のご厚意でおまけのスーパーボールすくいまで何度かさせてくれて、子どもたちはとても楽しそうでした。

人気のお祭り!北習志野の七夕祭りはいつ?どんな出店がある?

「これいくらですか?」「これください!」「ありがとうございます」など、幼稚園くらいの子どもになると欲しい物があれば自分でお店の人に話し掛けて買い物をするという社会勉強にもなるので、フリーマーケットはそういう意味でもおすすめです。

サツマイモやかぼちゃ、栗など秋の野菜が並ぶお店もありました(去年もありました)。

とても気さくなご夫婦で、今年も、「食べてって!」と栗を試食させて下さいました。

甘くて美味しかったです。

獲れたてのアサリを売っているお店もありましたよ。

スポンサーリンク

お待ちかねのミニSL

この為にここに来たと言っても過言でもない、一番の目的、ミニSL。

未就学児は保護者と一緒に乗車です。

なので、赤ちゃんでも保護者と一緒に乗ることが出来ますよ。

ちゃんと駅のようなものがあったり、踏切もあるので(実際に踏切が降りてくるわけではありませんが)、電車好きな子はもちろん興奮しますよね。

そうじゃない子も皆目を輝かせて自分の番を待っています。

1度に6名ほど乗車でき、周りをぐるっと一周。

乗る為の列は出来ますが毎年待っても5分ほどです。

順番が近づくと切符が配られます。

ちゃんとした切符なんです!しかも、

切符をパンチで穴開けしてくれるんです!

今の子どもたちにはわからないと思いますが、大人にとっては懐かしさがこみ上げてきます。

と言いながら、私も穴を開ける切符の時代には生きていないのですが。

またいで乗ったら足をステップに乗せて出発!

この時間はオレンジと茶色の2つの電車が運行していました。

どっちに乗れるかは順番が来てからのお楽しみ!

写真には写っていませんが、整備用のレールの先では機関車が調整中でした。

運営して下さったスタッフの方々、今年もありがとうございました!

スポンサーリンク

第2棟に入ってクイズラリー

第2棟の2階ロビーでクイズラリーの用紙をもらえます。

ネタばれしますが、今回はこのような感じでした。

4カ所回ってクイズを解いていきます。

これがなかなか工夫されていて面白い!

正解すると毎年うまい棒がもらえます。

ジャングルワールドがやっているサブアリーナに向かう途中、浴室の入り口を通ると入場規制中でした。

浴室は8:45から無料で利用できるとあってお風呂上がりと思われる方ともたくさんすれ違うわけですが、去年も10時過ぎにはすでに規制がかかっていました。

利用したい方は朝一で行くのがおすすめですね。

ジャングルワールド

サブアリーナのジャングルワールドに到着です。
ふわふわドームの中がジャングルの迷路のようになっていて、子どもたちに人気です。

一度に入れる人数が決まっていて、時間で区切って交代していきます。

パイプ椅子がたくさん並べてあり、座って待つことが出来ます。

スポンサーリンク

幼児体育室でも遊べます

サブアリーナ横には幼児体育室というお部屋があり、こちらではソフトブロックで遊ぶことが出来ます。

階段を下りて、多目的室でスポーツチャレンジ!

1階に下りて右手にある道を進むと多目的室があります。

そこではスポーツチャレンジというイベントが行われています。

中ではバスケットボールのフリースロー、輪投げ、ポケットパターにチャレンジすることが出来、参加するとお菓子がもらえます。

こちらはかなりの人気で、圧倒されてしまう行列ぶり。

我が家は見送りました。

スポンサーリンク

売店や屋台でランチ!

第2棟の中の売店や、外では北習志野の商店街「JuJuきたなら」さんがパンや焼きそば、唐揚げ&ポテト、焼き鳥、ラムネなどの飲み物を販売していました。

第1棟と第2棟の間にあり、周りにはベンチがたくさんありますし、パイプ椅子とテーブルも用意されているのでゆっくり食事をすることが出来ますよ。

船橋アリーナへの行き方

所在地:千葉県船橋市習志野台7-5-1

車の場合:1日1回300円の有料駐車場あり

電車の場合:東葉高速鉄道「船橋日大前駅」西口より徒歩8分

最後に

船橋アリーナでは、毎年この体育の日には「スポーツフェスティバル」が、それから子どもの日にも「子どもの日フェスタ」というイベントが開催されています。

子どもの日フェスタもスポーツフェスティバルと似た内容となっていて、施設の無料開放、ミニSLや警察車両体験乗車会などが行われます。

どちらも子どもにも大人にも楽しいイベントとなっています。

ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

船橋アリーナのプールはオムツがはずれていない子どもも入れる?