子どもがストロフルスになった原因は私でした!衣類のダニに要注意!

こんにちは、maryです。

今回は下の子が7か月の時に小児ストロフルスにかかったお話です。

ただの虫刺されだと思っていたら、あんなに痛々しい発疹になるなんて!

かわいそうなことをしてしまいました。

スポンサーリンク

小児ストロフルスとは?

ストロフルスとは、虫刺されから広がる強いかゆみを伴う発疹のことで、小児ストロフルス、または急性痒疹(きゅうせいようしん)とも呼ばれます。

腕や足に発疹ができ、0~2歳頃に多く見られる乳幼児特有の皮膚の病気です。

スポンサーリンク


小児ストロフルスの原因は?

赤ちゃんは虫に対する免疫がないので、虫に刺された後に皮膚がアレルギー反応を起こすと考えられています。

ダニや蚊、ノミなどに刺された後に発疹が発生することから、虫の唾液に含まれている成分に対する過敏反応が原因とされています。

また、アレルギー体質の子どもに多くみられる傾向があり、成長するにつれて免疫力も備わってくる為、学童期には改善していくことが多いようです。

どんな症状が出るのか?

初めは、「蚊に刺されちゃったかな?」くらいの赤く少し盛り上がった発疹が出ます。

それが数時間から数日の間に、米粒大~親指大まで盛り上がった皮疹に!

水ぶくれ、水疱が出来ることもあります。

眠れなくなることもあるほどの強い痒みがあり、引っ掻いてしまうと傷になってジュクジュクしてしまいます。

また、繰り返し引っ掻いていると、だんだん盛り上がってきて硬くなります。

ストロフルスかな?と思ったら、皮膚科を受診しましょう。

小児ストロフルスの治療法

小児ストロフルスの治療では、強い抗炎症作用を持つステロイドの塗り薬を使うのが一般的のようです。

痒みがひどい場合には、抗アレルギー薬を服用することもあるそうです。

赤ちゃんにステロイド?使って大丈夫なの?ステロイドはなるべく使いたくない…という気持ち、わかります!

ですが、早く完治させる為にはお医者さんの指示にしっかり従いましょう。

スポンサーリンク



小児ストロフルスは予防が大切!

  • 蚊の多い場所や草むらなどへ行く時は、長袖、長ズボンを着用する
  • こまめに掃除をして室内のダニやノミを増やさないようにする(特に布団は要注意!)
  • 洗濯物を取り込む時に、虫がついていないか気を付ける
  • 虫に刺された箇所を引っ搔かないように爪を短く切る

とにかく一番は蚊やダニなどに刺されないようにすることです!

家の中のマット類、ダニの温床かも?なくしてすっきり楽生活!

我が家のストロフルス事件簿

あれは下の子が7カ月の冬。

年の瀬も迫る12月下旬の出来事でした。

あれ?ストロフルスって虫の活動が活発になる春から夏にかけて起こりやすい傾向があるんじゃ…?

って、その頃はストロフルスっていう言葉すら知りませんでした。

いつも通り夜お風呂に入り、下の子を着替えさせようとしたのですが、その日に限って洗濯が追い付いてなく、上の子が着れなくなった服をしまいこんであった衣装ケースから適当にズボンを一つ取り出して履かせたんです。

勘が鋭い方!

ここで気付きましたね!

そうなんです、これが原因だったのです。

しばらくしまってあった衣装ケースに入った服。

これです。

そりゃそうですよね、ダニだらけですよね。

何で着せちゃったかなー。

我が家は主人がアトピー、息子も重度のダニとハウスダストアレルギーと敏感なアレルギー体質一家なのに。

娘をストロフルスにかからせた犯人は私です!

息子のハウスダスト&ダニアレルギーはどうやってわかったのか?

その日は気付かなかったんです。

次の日、公園で遊んで帰ってきて、「あれ?足首蚊に刺された?」

真冬に?

それが太ももにもプチッ、反対の足にもプチッ、腕にもプチッ。

数が増え、だんだんと大きな発疹に。

夜もなんだかよく起きるなーと思っていました。

痒かったんですね。

後から気付きました。

そしてようやくこれはただの虫刺されじゃないぞ?と気付いたのは大晦日!

診てくれる小児の休日診療の病院を探し行ってきました。

そこですぐにストロフルスと診断され、ステロイドを処方してもらい帰宅。

塗り始めると少しずつ良くなり、跡はすっかり消えました。

スポンサーリンク


最後に

赤くジュクジュクしたような大きな発疹が腕や脚に何カ所も。

それはそれは痛々しく、かわいそうなことをしてしまいました。

小児ストロフルスのことを知っていれば、もっと早く治療を開始できていたかもしれません。

ともかくかからないのが一番!

可愛い我が子の為にも普段から気を付けてあげましょう。