七五三で神社にお詣りに行くのはいつ?服装、マナー、気を付ける事は?

こんにちは、maryです。

七五三の季節になりましたね。

特に土日は、よく着物を着た子どもたちや親御さんを見かけるようになりました。

さて、我が家も今年初めて子どもの七五三をお祝いしたのですが、神社のお詣りのことで、事前に、また当日も色々と迷ったことがあったので、皆さんもお子さんの七五三のお詣りに行く時にそういったことがないよう七五三のことをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

七五三のお詣りはいつ行くべき?

七五三はいつ行くものなんでしょう?

一般的に、七五三は11月15日が参拝日とされています。

しかしその日が平日だと親の仕事の都合で行けなかったり、その前後の土日となると多くの参拝者が訪れ神社はとても混み合うので、時期をずらしても大丈夫です。

なので、だいたい10月中旬から12月上旬の間でお詣りに行く方が多いです。

あまり早いとまだ暑いし、遅くなると寒くなります。

紅葉をバックに写真を撮れる時期に行くと、思い出の写真もより素敵に残りますね!

スポンサーリンク


七五三のお詣りに予約は必要?

七五三のお詣りに行く時、まず知ってほしいのは、どの神社でも七五三のお詣りが出来るわけではないという事。

七五三のお詣りが出来る神社は限られているので、予め調べて、予約が必要なところも多いので、ホームページがある神社はそのへんも確認しましょう。

我が家も11月上旬の土日に七五三のお詣りに行ってきましたが、予約が必要だったので、事前に電話をし、日時を決め、お詣りをする子どもの名前や初穂料の確認を行いました。

当然のことながら、名の知れた有名な神社だとそれだけ参拝者も多いので混みます

予約が必要な場合は早めに申し込みましょう。

当日の服装は着物を着るべき?

七五三と言えば着物を着てお詣りに行くのがスタンダードですよね。

でも必ず着物でお詣りに行かなくてはいけないわけではありません。

男の子なら結婚式で着るようなスーツなど、女の子なら紺色などのシックなワンピースなど、きれいめのフォーマルなお洋服で行っても大丈夫です。

また、親も着物ではなくても、スーツなど神様の前で恥ずかしくない正装をして行きましょうね。

スポンサーリンク



着物でのお詣りはなかなかハード

着物で行くとなると、まず着付けをして、着なれないし動きずらい着物に、なれない足袋や草履を履いて、そして車などでの移動、そして神社でのお詣りと、子どもにとってはなかなか長丁場で大変です。

しかもそれが3歳だったら(しかも数え年や早生まれの子で早めのお詣り)、途中でぐずってしまったり、抱っこ抱っこー!となったり、着物を汚してしまったりと言った心配もありますよね。

なので、我が家も、子どもたちのことを考えてというよりは、自分たち親の負担も考えて、着物ではなく、上の息子はスーツ、下の娘はワンピースでお詣りに行きました。

すでに写真館で七五三の写真を着物を着て撮り終えてましたし、当日はそれで本人たちも何も気にしていませんでしたし、我が家はぐずぐず抱っこ抱っこー!の子どもたちなのでスーツ&ワンピースで行って大正解でした。

スポンサーリンク

神社でのマナー、作法は?

神社と言うと、色々と作法がありますよね。

それは七五三の時も神社で行うわけなので同じです。

一般的な神社でのマナーとしては、

  • 鳥居の前で服装を整え、会釈をしてから鳥居をくぐる
  • 手水舎の前で心身を清める
  • 参道は端を歩き、お賽銭を入れる
  • 二拝二礼一拝をして、会釈をする
  • 神社を後にする時は鳥居の前で向きを変え、会釈をしてから鳥居をくぐる

手水の作法

参拝者はまず身のけがれや邪気を落とし、お清めの為に手水を行います。

正しい作法を身に付け、それを子どもにも見せてあげましょう。

  1. ひしゃくを右手に持ち、すくった水を左手にかける
  2. ひしゃくを左手に持ち替え、右手に水をかける
  3. ひしゃくを右手に持ち替え、左手にかけ、その時水を少しすくう
  4. 左手にすくった水で口をすすぐ
  5. 左手で口元を隠しながら水を静かに吐き出す
  6. ひしゃくを縦に持ち、柄(持ち手の部分)に水を流す(洗う)
  7. ひしゃくを元の場所に伏せて置く
  8. 手は拭かず、そのまま自然乾燥させる

【 注意点 】

※1ですくった1回の水で全ての工程を行う
※口をすすぐ際、うがいをしたり、飲んではいけない

スポンサーリンク

最後に

神様を司る神聖な場所、神社の七五三のお詣でお詣り、知らなくて後で恥ずかしい思いをした…ということのないように、作法やマナーを予め学んでおきましょう。

お詣りに行く時期ついては、特にこの日ではないといけないというものではないので、都合の良い日、お天気の良い日、紅葉のきれいな時期なんかに合わせて行けると良いですね。

七五三は一生の記念に残るものです。

素敵な七五三のお詣り、お祝いが出来ますように!

この記事を読んで下さった方はお子様の七五三をお祝いされる方だと思います。

私からも心から、お祝いの言葉を。

この度はおめでとうございます!これからも健やかに成長できますように。