七五三の初穂料、相場やのしの書き方は?お金は新札?ふくさは必要?

こんにちは、maryです。

七五三の時に神社にお金を納めるんですよね。

それが初穂料。

相場はいくらなのか?

のしの書き方、お金は新札を用意するべきなのか?ふくさに入れるべきか?

マナーを知らないと後で恥ずかしい思いをします。

七五三のお詣りに行く前に、ぜひ知っておいて下さいね!

七五三のお詣りに行くのはいつ?服装やマナー、気を付ける事は?

スポンサーリンク

初穂料、玉串料とは?

初穂(はつほ)とは、その年に初めて獲れたお米のこと。

昔から日本では、今年もお米を無事に収穫できたこと、豊作だったことを神様に感謝して、初穂をお供えしていました。

でも初穂はお米を作っている人しか手に入らなかったり、時期によっても手に入らなかったりする為、その代わりにお金をお供えするようになったと言われています。

それが初穂料というものです。

また、初穂料と同じように玉串料という呼び名もあります。

玉串(たまくし)とは、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)と付けたもの。

玉串料も、初穂と一緒で、手に入らない代わりにお金でお供えするようになりました。

この二つ、どう違うかと言うと、基本的にはどちらも神様にお供えするものと言う意味では一緒です。

ですが、七五三の場合には初穂料とするのが一般的です。

玉串料でも間違いではないのですが、玉串料はお通夜や葬儀の場面でも使われ、初穂料はお祝いの場面で使われることが多いので、神社から指定などない場合は、「初穂料」としましょう

スポンサーリンク


初穂料の相場は?

これは神社によります。

神社のホームページに記載されていて数種類の金額から選ぶところもあれば、神社に七五三の予約の電話を掛けた時に金額はいくらです、と指定されるところもあります。

また、指定されない場合もありますね。

一般的には5000円が相場となっています。

なので、神社から指定ががない場合は5000円を包めば良いでしょう。

金額が5千円、1万円、2万円と選べる神社は、金額によってお土産が変わります

絵馬やお守り、千歳飴などですね。

のしの書き方

七五三で初穂料を納めるには、上の写真のような紅白の蝶結びののし袋に入れます。

なければ真っ白な封筒でも大丈夫ですよ。

表には「初穂料」、または「御初穂料」と書き、下に子どもの名前を記入します。

兄弟で一緒に七五三のお詣りをする場合には、一人ずつの初穂料が必要となりますので、一人に付き一つののし袋を用意しましょう。

中袋は表に金額を書き、裏側には住所と世帯主の名前を記入しましょう。

スポンサーリンク



お金は新札?入れる向きは?

お祝い事なので新札の方が良いそうですが、特に決まりはないようです。

時間に余裕があるのであれば新札を用意しましょう。

のしの中袋にお札を入れる際は、人物が表を向き、人物が上にくるように入れます。

ふくさは必要か?

ここまで読んでいたら、もうふくさは必要なんだろうなと自然にわかりますよね。

初穂料はふくさに包んで持って行きましょう

ほとんどの神社では、まず申込用紙に住所や名前などを記入することになると思いますので、記入が終わって提出する際に、ふくさから初穂料を取り出し、一緒に渡すというのが正しい納め方です。

スポンサーリンク


最後に

これが出来ていないと恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

実際は、お財布から現金をそのまま渡すという方もいます。

でも日にちに余裕があり、準備出来るのであれば、ぜひのし袋に初穂料を用意しましょう。

日本の伝統に触れると奥深いですね。

この記事を読んで下さった方が、当日、素敵な七五三のお詣りが出来ますよう、心から願っています。