七五三は何の為にするの?由来は?知って納得!何で千歳飴をもらうのか

こんにちは、maryです。

今年初めて七五三を祝った我が家です。

子どもが生まれると、お宮参り、百日祝い、お食い初め、初節句に七五三とお祝いの行事が増えますよね。

全て意味があって、どれも子どもの健やかな成長を願うものですが、七五三にはどんな由来があるのでしょうか?

何で千歳飴をもらうのでしょうか?

七五三のお詣りに行くのはいつ?服装やマナー、気を付けることは?

スポンサーリンク

七五三の由来

昔、日本では生まれた子どもが病気などで長く生きられないことも多く、今でいう戸籍のようなものも、3~4才になった頃やっと記入出来るものでした。

その為、七五三は、これまで無事に生きて育ってこれたことに感謝し、これからの健やかな成長と長寿を願ってお祝いされるようになりました。

また、年齢ごとに儀式がありました。

  • 3歳(男の子、女の子):髪を伸ばし始める「髪置き
  • 5歳(男の子):初めて袴をはく「袴着(はかまぎ)
  • 7歳(女の子):初めて帯を結ぶ「帯解(おびとき)

髪置きは今ではあまり知られていませんが、袴着や帯解の文化は今でも受け継がれていますね。

スポンサーリンク


なぜ七五三に千歳飴をもらうのか?

七五三のお詣りに行くと、千歳飴をもらえますよね。

子どもは千歳飴が嬉しくて、七五三=千歳飴もらえる!と思っているところがあるのですが(私も小さい頃そうでした)、なぜ七五三では千歳飴をもらうのでしょうか?

そもそも千歳飴とは何でしょう?

千歳飴の由来

古くは江戸時代、浅草にある浅草寺にて千歳飴は発祥したと言われています。

紅白の棒状の飴を「千年」という名前で売り出したところ評判となり、当時まだ飴は貴重品だった為、贈り物として喜ばれたそうです。

それが「千歳飴」(千年飴)として売られるようになりました。

七五三で千歳飴をもらう意味

話を戻して、なぜ七五三で千歳飴をもらうのか。

飴は引っ張ると伸びるので、寿命が延びるとされる縁起物

細くて長い千歳飴、縁起の良い紅白の千歳飴は、子どもの長寿を願う七五三にぴったりの贈り物として、今でも欠かせないものとなったのです。

スポンサーリンク



千歳飴の袋にも長寿の願いが込められている

よく見ると、千歳飴の袋には色々な長寿を願う象徴が描かれています。

鶴や亀:「鶴は千年亀万年」と言いますよね。

松竹梅:松や竹は冬でも緑を保ち、梅は寒い冬に耐え一番に花を咲かせると言われ、健やかな成長を表しています。

寿の文字:そのままでおめでたいと意味です。

最後に

由来を知って、七五三や千歳飴に込められた願いを子どもに伝えてあげたいですね。

ちなみにですが、千歳飴は縁起物なので、折ったりせずに一本そのまま食べ切るのが良いとされているそうです。

皆様どうぞ素敵な七五三のお祝いとなりますように!

それから、お子様のこれからの健やかな成長を心より願っています。

七五三のお祝い返しは何がいい?食事会?内祝い?なぜ千歳飴?