年越しそばの由来を知ろう!いつ食べるのが正解?何そばでもいいの?

こんにちは、maryです。

大晦日と言えば大掃除と夜の年越しそば!

子どもの頃は、この日だけ夜遅くまで起きていてもいいので、わくわくしながら過ごしていたのを覚えています。

さて、年越しそばなんですが、皆さんは何時頃食べますか?

夕食で食べる方もいれば、夜食(年越し前)に食べると言う方もいると思います。

いつ食べるのが正解なのでしょうか?

年越しそばはどんな蕎麦でもいいのでしょうか?

そもそも、なぜ年越しにそばを食べるようになったのでしょうか?

「そばにマヨネーズ」でそば嫌いを克服した話(筆者の実話)

スポンサーリンク

なぜ年越しにそばを食べるようになったのか?

年越しそばは、古くは江戸時代には定着していた日本の風習だと言われています。

なぜ年越しにそばを食べるようになったのか?

理由は色々あるようです。

健康長寿のため

そばは細くて長いので、「細く長く生きられますように」という健康と長寿を願って食べられてきました。

悪運を断ち切るため

そばは他の麺類より切れやすいので、「今年あった悪運をそばを噛み切ることで断ち切る」という願いも込めて食べられてきました。

無病息災のため

そばは荒れた土地でも、雨風が強くても、太陽を浴びて強く育つ植物なので、「そばを食べると、そばのように強くなれる」と信じられてきました。

金運アップのため

金細工の職人が、散らばった金粉を集めるのにそば粉を丸めたものを使っていたので、「そばは金を集める」とされ、金運を上げる為にそばが食べられてきました。

運気上昇のため

江戸時代よりも昔の鎌倉時代に、九州のあるお寺のお坊さんが、貧しい人々に「世直し蕎麦」という名でそば餅を振る舞ったことがあり、そのそば餅を食べた人たちが翌年運が向いてきたことから、「そばを食べると運気が上がる」と言われるようになりました。

スポンサーリンク

年越しそばを食べるのは大晦日じゃなかった!?

昔、年越しそばを食べるのは今のように大晦日ではなかったんです!

実は、年越しそばは節分に食べるものでした!

新年は立春からとされていて、節分の日が立春の前日だったので、節分に年越しそばが食べられていたんですね。

しかし、旧暦が新暦に変わり、新年は1月1日となったのでその前の日である12月31日が新年の前の日となり、今のように12月31日の大晦日に年越しそばが食べられるようになったというわけです。

節分に恵方巻きをその年の方角を向いて無言で食べる意味と由来とは?

年越しそばは何時頃食べるべき?

年越しそばは何時頃食べるのが正解なのか?

答えは、大晦日ならいつでもOK!

その年の厄や悪運を断ち切る為に食べるという由来もあるので、新年になってしまう前に、時間に余裕を持って食べるのが良いでしょう。

また、年越しそばを残すと金運が下がると言われていますので、食べられる量をおなかが空いているいい時間に食べるようにするといいですね!

となると、夕食時の年越しそばが良さそうです。

でも、除夜の鐘を聴きながら食べる年越し前のそばもまた風情があっていいですよね!

除夜の鐘の由来は?何の為に何回突くのか?突くとご利益があるのか?

スポンサーリンク

年越しそばの種類は何でもいいの?

年越しそばと言えば温かいかけそばのイメージがありますが、冷たい蕎麦でも温かい蕎麦でも、ざる蕎麦でも、そばであれば何でも良いそうです。

また、具材にも決まりはありません。

長寿の海老、子宝のニシン、商売繁栄の卵や油揚げ、年明け最初に鳴くのが鶏なので縁起が良いとされる鶏肉、魔除けの赤・清浄の白の紅白かまぼこなど、地域やその家それぞれで色々な具を入れていることと思います。

ちなみに!

薬味のネギには、疲れを労う(ねぎらう)意味での「労ぐ(ねぐ)」、祈るという意味での「祈ぐ(ねぐ)」、お祓いをしたり清めたりする神職の「祢宜(ねぎ)」という言葉にかけて、一年の頑張りや労働をネギらい、新年の幸せを祈願するという意味があるのでぜひ入れたいですね!

恵方巻きの基本の7種類の具材の意味と由来も面白いので詳しくまとめてみました!

見た目を少し華やかにすることで、今年一年無事に過ごせたことへの感謝、新年に向けての気持ちの高まりを感じることが出来そうですね。

出前をとって美味しいお蕎麦を食べるのもまたいいですね!

正月飾りの由来と意味。いつからいつまで飾るの?処分の方法は?

スポンサーリンク

最後に

海外で生活していた年は、大晦日にカップ蕎麦(緑のたぬき)を買って食べました。

懐かしい母国の味、ほっとして、やっぱり私は日本人なんだなーと実感したものです。

由来を知った今年は、色々な願いを込めながら、一口一口味わって年越しそばを食べることが出来そうですね!

どうか、皆様と、皆様のご家族やご友人全ての方が、素晴らしい年越し、そして新年を迎えられますように。