正月飾りの由来と意味は?いつからいつまで飾るの?処分の方法は?

こんにちは、maryです。

年末はクリスマスが終わったと思ったらすぐお正月モードに早変わり。

お正月の準備って、いざしようと思うとたくさん種類があって、何がどこに必要なのか迷ったりするものです。

なので今回は、まずはお正月飾りの由来と飾る意味から始まり、いつ飾るのが良いとされているのか、また、いつ下げてどのように処分するのが良いのかについてお伝えしたいと思います。

除夜の鐘の由来、何の為に何回突くのか?突くとご利益があるの?

スポンサーリンク

そもそもお正月って何の為の行事?

お正月は、新年の神様である年神様(としがみさま)を家に迎えて、もてなし、見送る為の行事です。

年神様が各家庭に幸福をもたらしに降臨されるので、たくさんの幸せや恵みを分けてもらうために様々な正月行事が生まれたと言われています。

これってあんまり知られていないかもしれませんね!

スポンサーリンク

鏡餅

お正月飾りと言えば鏡餅を一番に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

鏡餅の由来

昔の鏡というものは青銅で出来ていて、鏡餅のように厚く丸い形をしたものでした。

鏡は天照大神から授かった三種の神器の一つとしてとても大切にされ、お正月に来て下さった年神様の居場所として、鏡の代わりに形の似た鏡餅を用いるようになったと言われています。

二段に重なっているのは、月と太陽、陰と陽を表していて、円満に年を重ねるなどの意味合いもあるそうです。

鏡餅を飾る意味

年神様の居場所である鏡餅には、年神様の魂が宿ります

年神様は幸福をもたらしてくれると共に、一年分の魂(生きる力)も分け与えてくれるのです。

年神様の魂が宿った鏡餅の餅玉を「年玉」と言い、それを家長が家族に分け与えました。

もうわかりましたよね?

これが「御年魂」「御年玉」とも言われるお年玉のルーツなんです。

そして、その餅玉を食べる料理が「お雑煮」で、餅を食べることによって年神様の魂を体に取り込むわけです。

鏡餅を飾る日、下げる日

一般的にはクリスマスが終わってから28日までに飾ることになっています。

特に28日は末広がりの8が付くので飾るのに縁起が良い日とされています。

NGなのは29日と31日!

29日は苦が待つ、二重苦に通じるからで、31日は一夜限りに通じて縁起が悪く、神様に失礼とされています。

なので、鏡餅は28日までか、遅くても30日に飾るようにしましょう。

また、鏡餅を下げるのは1月11日の鏡開きとされています。

その日に家族全員でその餅をお雑煮にして食べましょう。

年越しそばの由来とは?何時に食べるのが正解?何そばでもいいの?

スポンサーリンク

門松

今まで私は一回も門松を飾ったことがないのですが、これを知るとあなたも飾らなくては!と思うかも!?

門松の由来

昔から、松は「神の宿る木」とされています。

松には「祀る」という意味や、神様を「待つ」という意味もあり、お正月に松を飾るようになったそうです。

庭先に松を飾っているお家をよく見かけますよね。

それもここから来ています。

門松を飾る意味

年神様が家に迷わず来る為の目印として門松を飾ります

飾るのは家の門のところ、つまり玄関前。

玄関前に門松を飾ることで、「私たちの家は年神様を迎え入れる準備が整っています」と、これから降臨される年神様にお伝えしていたと言われています。

門松を飾る日、下げる日

門松を飾る日は鏡餅を飾る日と同じで、クリスマスが終わってから28日までの間か、30日に飾りましょう。

29日と31日は縁起が悪いのでダメですよ!

門松を飾っておく期間は年神様がいらっしゃる期間となり、これを「松の内」と言います。

松の内は一般的に1月7日までとされていますが、地域によっては10日、15日のところもあります。

なので、門松は松の内の1月7日(地域によっては10日、15日)に下げましょう。

「松の内」が関東と関西で違う本当の理由が面白い!

スポンサーリンク

しめ縄

しめ縄も正月飾りには欠かせませんね!

しめ縄の由来

昔、天照大神が悪さばかりする弟に怒って、天の岩戸へ閉じこもってしまいました。

太陽の神様である天照大神が隠れてしまい、世の中は真っ暗で、多くの神様が困り果ててしまいました。

そこで、天照大神が出て来てくれるよう、神様たちは岩戸の前で宴会を行い、天照大神の気を引こうとします。

見事にその宴会が気になり顔を覗かせた天照大神を神様たちが引っ張り出し、二度と岩戸に入らないよう、岩戸にしめ縄を巻いて開けられないようにした、という神話がしめ縄の由来になっています。

しめ縄を飾る意味

しめ縄の「しめ」には、神話で岩戸を閉めた「閉め」の意味の他に、神様の占める場所という意味の「占め」があると言われています。

しめ縄を家に飾ることで、「神様を祀るのにふさわしい神聖な場所」だと示すことになり、年神様が安心して降りてきて下さるというわけです。

それを知ると、大掃除の意味も自然とわかってきますよね!

また、しめ縄が「神の領域と現世を隔てる結界」となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目も果たしているそうです。

しめ縄を飾る日、下げる日

しめ縄も鏡餅や門松同様に、クリスマス後から28日までの間か、30日に飾ります。

下げる日は、門松と同じで松の内に取り外しましょう。

なので、1月7日、地域によっては10日、15日に取り外すことになります。

スポンサーリンク

正月飾りの処分の方法

取り外した正月飾りは、小正月の1月15日に神社などで行われる「どんと焼き」で処分しましょう。

どんと焼きとは、正月飾りに使ったものを集めて火にくべる行事です。

どんと焼きの火に当たることで、その年は健康でいられるという言い伝えもあります。

どんと焼きに行けない場合は、自治体の定めるゴミの処分方法に従って、紙で丁寧に包んで処分するようにしましょう。

女性の厄年はいつ?厄年の由来と厄年にしてはいけないことまとめ

最後に

私の一番好きな正月飾りは上の写真にある繭玉(まゆだま)です。

地域によっては餅花と言うところもあるのですが、これを飾ることによって家の中が華やかで一気にお正月らしくなり、とてもきれいなんですよね。

そして、自分で枝にまゆを付けるのが楽しくて、それで子どもの頃から大好きなんです。

繭玉を飾るのは関東より北の地域が多いそうです。

養蚕や農作物の豊作を願って飾られてきた繭玉、枝とお餅で手作りすることも出来るので、ぜひ次のお正月飾りに作って飾ってみてはいかがですか?