喪中のはがきはいつまでに出す?そもそも喪中とは?何を控えるべき?

こんにちは、maryです。

今年もまもなく師走。

クリスマスに大掃除に新年の準備にと何かと忙しい時期ですが、年賀状を書かなければいけないのもなかなか大変な作業ですよね。

また、喪中となる場合は、喪中だとわかるように一般的に皆が年賀状を書き始める前に喪中はがきを送って知らせる必要があります。

いったいいつまでに喪中はがきを出せば良いのでしょうか?

そもそも喪中とは何か?

また私が受け取っていいなと思った文面の喪中ハガキがあったのでその内容をご紹介致します。

クリスマスツリーはいつ飾っていつしまうのが正解?海外との違いとは?

スポンサーリンク

喪中とは?

そもそも喪中とはいったいどのような意味があるのでしょうか?

喪中とは、近親者が亡くなった際、その方の死を悼み、偲んで一定の期間「喪に服する」ことを言います。

喪中の期間は故人との関係によって変わりますが、一般的には一年間

一周忌の法要を目安に喪明けと考えて良いとされています。

ちなみに、故人が亡くなってから四九日までの間は「忌中」と言います。

忌中の間は特にお祝い事などのハレの日の行事を控え、鳥居をくぐらないようにします。

スポンサーリンク

喪中の間に控える事

喪中の間は年賀状を出さないという事はよく知られていますが、他にも控えた方が良いことがあります。

  • 新年の挨拶、正月飾り、おせち料理、お年玉
  • 結婚式を行う(四九日が過ぎていれば親族と相談の上行うことも多い)
  • 結婚式への参列(会社の方や友人の式の場合は出席する人も多い)
  • 旅行(四九日が過ぎていれば現在は行く方が多い)
  • お酒を飲んで遊びまわる

新年の挨拶は自らもそうですが、喪中の方に間違って「明けましておめでとうございます」と言ってしまわないよう気を付けましょう。

お年玉は子どもが楽しみにしている行事でもあり、「お年玉」としてではなく、「書籍代」や「文具代」、「玩具代」や「お小遣い」として渡す方が多いようです。

初詣は忌中明けであれば神社へに初詣に行っても大丈夫。

また、お寺へは忌中など関係なしに行って大丈夫です。

喪中でも初詣に行っていい理由、厄年はどうするか?はこちらから!

土用干し、土用の虫の日、土用殺、丑の日だけじゃない土用の風習とは?

喪中のはがきはいつまでに出すべき?

喪中のはがきは、相手側の年賀状の準備もあるので、11月過ぎから、遅くても12月上旬までには届くように手配しましょう。

もし12月後半に不幸があった場合は、あえて出さなくても大丈夫。

喪中はがきを出さずに年賀状が届いた場合は、寒中見舞いを送って、喪中であったことを伝え、年賀状を出せなかったことを詫びましょう。

スポンサーリンク

心遣いが嬉しい喪中はがきの文例

一般的に、喪中はがきというと、

「喪中につき新年のご挨拶は失礼させていただきます」や、「喪中につき新年のご挨拶はご遠慮させていただきます」と書かれたものが多いと思います。

しかし、最近では、「新年のご挨拶にかえて」という挨拶から始まる喪中はがきを見るようになりました。

どなたがいつお亡くなりになられたのか書かれた後には、

新年のご挨拶は失礼させていただきますが、年賀状のないお正月はどうしても寂しさがつのります 皆様からの年賀状はいつものようにお待ちしております

と続き、相手側への心遣い、配慮が嬉しいなと感じます。

もし喪中はがきが届くのが遅くなって、相手側がもう年賀状を書いてしまったという場合でも、このように喪中はがきなら大丈夫ですもんね。

忌中明けであればこのような喪中はがきの文例も良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

最後に

忌中や喪中の考え方については、宗派や地域の風習によって異なる場合があるので、家族に聞いたり、普段から行く神社、信仰している宗派がある場合は直接聞いてみましょう。

喪中のはがきの印象も変わってきたなと感じる今日この頃。

喪中の方はぜひ参考にしていただき、早めに準備しましょう。