喪中で初詣に行っていい理由とは?神社とお寺の違い、厄年はどうする?

こんにちは、maryです。

新年と言えば、神社に初詣に行き、新年の無病息災を祈ったり、おみくじを引いたりしますが、喪中の年はどうなのでしょう?

喪中の間は新年の挨拶を控えたりしますよね。

当然、初詣も控えなくてはいけないのだと私も思っていたのですが、実は初詣は喪中でも行って良いそうです。

その理由を詳しく見ていきましょう。

喪中はがきはいつまでに出すのか?喪中の間は何を控えるべき?

スポンサーリンク

喪中と忌中

まずは喪中と忌中について触れたいと思います。

忌中とは

忌中とは、近親者が亡くなった後、死の穢(けが)れを他の人にうつさないように外部との接触を避け、身を慎む期間のことと言います。

忌中の期間は故人が亡くなってから49日間

一般的に、四十九日の法要をもって忌明け(忌中が終わる日)となります。

ちなみに、忌中は神道では50日、キリスト教では1ヶ月が忌明けとされています。

喪中とは

喪中とは、故人を悼み、偲ぶ期間で、この期間中はお祝い事を行ったり参加したりすることを控えます。

喪中の期間は故人との関係などによって変わりますが、一般的には一年間とされていて、一周忌の法要を目安に喪明けとすることが多いです。

スポンサーリンク

忌中は神社の鳥居をくぐってはいけない

さて、本題はここからです。

先ほどの忌中の説明でも触れましたが、神社(神道)では「死は穢(けが)れたもの」と考えます。

なので、身内に不幸のあった忌中である者が、神聖な場所である神域の神社へ立ち入ることは日本古来から許されていません。

つまり、忌中の間は鳥居をくぐることは出来ないということです。

忌明けからは鳥居をくぐってもOK!

ということで、忌明けからは喪中の間でも神社へ参拝に行って大丈夫ということになります。

なので、神社への初詣も忌明けからは行って大丈夫!

※神社は宗派などによっては考え方が異なる為、気になる方は行かれる神社へ事前に問い合わせた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

お寺はどうなのか?

お寺には、「死は穢れ」という概念はありません。

仏教において死は「生まれ変わりの通過点」であり、マイナスのイメージはないのです。

故人は49日後に生まれ変わるとされているので、その生まれ変わりを祈って家族は四十九日の法要を行うんですね。

なので、忌中であっても喪中であっても、お寺にはいつ参拝に行っても大丈夫ということになります。

厄年はどうする?

神社で行うのを「厄払い」、お寺で行うのを「厄除け」と言います。

お寺では、これまでの説明の通り、忌中・喪中関係なく、厄除けを行っているお寺であれば厄除けしていただくことが出来ます。

一方、神社ではやはり、厄払いをしていただくのは忌明け以降となります。

その人の信仰や考え方によるので、どちらの方がいいというものではありません。

女性の厄年はいつ?厄年の由来と、厄年にしてはいけないことまとめ

厄年の厄除けに!お守り以外に身に付けたり持ち歩くと良いとされているものは?

スポンサーリンク

最後に

喪中だと何だか寂しいお正月だなと感じてしまうこともあるかもしれませんが、初詣に行ってはいけないわけではないことがわかっていただけたと思いますので、ぜひ参考になさって新年をお過ごし下さい。

また、厄年についても触れましたがいかがでしたか?

神社では厄払い、お寺では厄除け。

知ってるようで知らなかったことって世の中にはたくさんありますよね。

厄年も信じるか信じないかはあなた次第ですが(何かのテレビ番組みたいですね!)、やらないよりはやったほうが安心して過ごせそうですね。