ホワイトデーでお返しするお菓子には意味がある!選ぶお菓子に要注意!

こんにちは、maryです。

バレンタインに渡すものと言えばチョコレート。

ホワイトデーにお返しするお菓子としてはクッキーが定番ですが、他のお菓子をプレゼントする方も多いですよね。

さて、お菓子に込められたメッセージがあるのをご存知ですか?

知らずに選んだお菓子に良くない意味合いやメッセージがあっては大変です!

これからはお菓子の意味を知ってホワイトデーのお菓子を選びましょう。

スポンサーリンク

クッキー 「あなたは友達」

サクサク軽い食感が、ドライな関係とつながり、サクッとしたクッキーのように「このまま友達でいましょう」という意味になります。

スポンサーリンク

マシュマロ 「あなたが嫌い」

口の中ですぐに溶けてしまうマシュマロは、「あなたの気持ちを柔らかく包んで、そのままお返しします」ということで、「あなたが嫌い」という意味になってしまいます。

なので、本命の人はもちろん、お友達にもホワイトデーにマシュマロを渡すのは避けた方が良いでしょう。

キャンディー 「あなたが好き」

噛んでも硬くて割れず、甘くて口の中でなかなか溶けないキャンディー(飴)のように、「あなたとの関係も、甘くて硬く、長続きする関係を築きたい」という意味になります。

好きな人に渡すのにぴったりのキャンディーですが、意味を知らない相手だと、「ずいぶん安いお返しね」と思われてしまうかもしれないので、何かプラスしてお返しすると良さそうですね!

スポンサーリンク

マカロン 「特別な人」

マカロンは高級なお菓子とされている為、特別なお菓子だから特別な人に贈る→あなたは特別な存在という意味になります。

本命の人、結婚している方が奥さんに贈るのにふさわしいお菓子と言えますね。

キャラメル 「一緒にいると安心する」

口に入れるとなぜか懐かしくて安心するキャラメル。

そこから、「あなたと一緒にいると安心する」という意味になります。

好きではない人にあげると、「私のこと好きってこと?」と勘違いされる可能性があるかもしれませんが、友達としてもらったとしても嬉しいメッセージですね!

マドレーヌ 「もっと仲良くなりたい」

貝の形をしたマドレーヌ。

貝はゆっくり閉じるから、「あなたともゆっくり距離を縮めていきたい→もっと仲良くなりたい」という意味になります。

また、2枚の貝が重なり合う事から、「円満な関係を築きたい」ということにもなります。

貝は日本では古くから「縁起物」とされているので、ホワイトデー以外でも喜ばれるお菓子となりますよ。

スポンサーリンク

バームクーヘン 「幸せがいつまでも続きますように」

木の年輪のように何層にも層が重なっているバームクーヘンのように、「幸せがいつまでも続きますように」とメッセージが込められています。

また、「長寿と繁栄」も象徴していることから、結婚式の引き出物でも定番のお菓子としてよく用いられます。

長く付き合っている彼女さんや、結婚している方が奥さんに贈るのにぴったりですね!

チョコ 「特に意味はなし」

チョコレートには特に込められたメッセージはありません。

なので、あえて意味をつけるすると、「あなたのことを特に何も思っていません」と言えそうです。

ケーキ 「特に意味はなし」

ケーキにも特に込められた意味はありません。

ただ、ケーキをもらえると嬉しいですよね!

そういう意味からちょっと特別感があるように感じる方もいるかもしれませんね。

スポンサーリンク

番外編 パイ 「特に意味はないけどパイの日だから」

ホワイトデーである3月14日は、「パイの日」でもあるそうです。

なぜかというと、3.141592…………π(パイ)だから。

それを教える為だけにパイを贈りたくなりますね!?

女性はフルーツのパイなど好きな方が多いので喜ばれそうです。

番外編 ハンカチ 「別れ」

お菓子ではありませんが、女性へのちょっとした贈り物の定番と言えるハンカチ。

これには涙をふくというところから別れを意味するので、ホワイトデーにハンカチを単品で、またはお菓子と一緒にハンカチを渡さないようにしましょう。

ホワイトデーは日本が発祥!由来と元祖ホワイトデーの悲しいオチとは?

最後に

今まで意味を知らないで渡していたという方は、ぜひ今年から意味を踏まえてホワイトデーのお返しをしてみて下さい。

ただ、メッセージを込めてお返ししても、相手が意味を知らず気付かなかったら、それこそ意味がありませんよね。

そこは渡す時に一言、お菓子のメッセージを伝えてみるのも素敵なんじゃないでしょうか?

私も今、そうされたい!と妄想してしまいました(笑)。

素敵なホワイトデーとなりますように!