ホワイトデーの発祥はどこ?由来と元祖ホワイトデーの悲しいオチ

バレンタインデーに女性からもらったチョコレートのお返しをする、3月14日のホワイトデー。

今は友チョコを女の子同士であげあったりするので、「ホワイトデーは男性がするもの」ではだんだんとなくなってきましたね。

前回はホワイトデーにお返しするお菓子の意味についてお伝え致しましたが、今回は日本が発祥のホワイトデーの歴史や由来について。

何でそうなっちゃったの?というホワイトデーの悲しいオチまでぜひ読んでみて下さい!

ホワイトデーでお返しするお菓子には意味がある!選ぶお菓子に要注意!

スポンサーリンク

何でバレンタインデーにはお返しがない?

バレンタインは1960年前後に日本で流行り始めましたが、当時はもらうだけで、お返しをするという日はありませんでした。

昔から日本人は義理堅く、何かをもらったらお返しをするというのが基本とされ、それが国民性とも言えます。

ある日、雑誌の記事に「どうしてバレンタインのお返しの日がないのか?」と掲載されました。

そこに目を付けたのが、福岡の老舗菓子屋「石村萬盛堂」の社長さん。

社長さんはその雑誌の記事からヒントをもらい、ホワイトデーを考え出したのです。

スポンサーリンク

「男性が純白の愛(マシュマロ)で包み、お返しをする」

当時、アンケートで「お返しをもらうとしたら何が嬉しいか?」という答いに対して、女性たちはマシュマロと答えたそうです。

そこから、「あなたからもらったチョコレートを僕の優しさで包んでお返しする」というキャッチコピーで、中にチョコの入ったマシュマロを「マシュマロデー」として売り出そうと決めました。

「マシュマロデー」から「ホワイトデー」へ

マシュマロデーをいつにするか悩んでいた石村萬盛堂の社長は、百貨店に相談します。

すると、「お菓子業界が一番暇になる3月がいいのでは?」とアドバイスをもらったそう。

それで、マシュマロデーはお菓子業界の閑散期と言える3月の、バレンタインデーの1カ月後ということで3月14日になったのです。

しかしマシュマロデーは何年か経ってもなかなか定着しませんでした。

すると、百貨店から、「バレンタインデーのお返しとして、マシュマロに限定せず色々なお菓子を売り出す日として広めてはどうか?」と提案があったそうです。

それで、マシュマロの「白い色」から、新たにマシュマロデーが「ホワイトデー」として生まれ変わったというわけです。

スポンサーリンク

ホワイトデーのもう一つの由来

3月14日をマシュマロデーとしたことで、この時期になるとマシュマロがたくさん売れることに目を付けた全国飴菓子工業協同組合が、「キャンディーも一緒に売って儲けようじゃないか!」と、ホワイトデーという言葉を作って全国に広めたという説もあります。

日本でキャンディーが誕生したのが3月14日前後であったということと、バレンタインデーの翌月ということで、3月14日をホワイトデーとしたとのことです。

ホワイトデーにマシュマロをお返ししてはいけない?

そんなマシュマロから始まったホワイトデーですが、マシュマロには、「あなたが嫌い」という意味があり、現在はホワイトデーにお返しするのは避けた方がいいお菓子とされています。

なぜ「あなたが嫌い」という意味になるかというと、マシュマロは口に入れるとすぐに溶けてなくなりますよね。

それだけどうでもいい、薄い関係だということを表します。

そして、マシュマロのように「あなたの気持ちを柔らかく包んで、そのままお返しします」ということで、「あなたが嫌い」という意味になってしまったのです。

じゃあホワイトデーのお返しは何がいいの?そんな時はこちらをご覧下さい!

スポンサーリンク

ホワイトデーの元祖はマシュマロなのに…

もともとマシュマロから始まったホワイトデーなのに、今では「あなたが嫌い」という意味からホワイトデーのお返しにあげるべきではないとされてしまったマシュマロ。

何だかかわいそうですね。

「あなたからもらったチョコレートを僕の優しさで包んでお返しする」

とても素敵なのに。

ホワイトデーの生みの親、石村萬盛堂の社長さんにはどうか悲しまないでもらいたいですね。

ホワイトデーは日本だけ?

ところで、日本が発祥の文化である「ホワイトデー」は、バレンタインデー発祥の地イタリアや、アメリカなどほとんどの国であまり知られていません。

もちろんバレンタインにもらったチョコのお返しをする文化もありません。

しかし、日本に近い中国、韓国、台湾ではホワイトデーの文化がありますよ。

ブラックデー

ちなみに、韓国が発祥の文化で、ブラックデーというものがあります。

ブラックデーは4月14日

ピンと来た方もいるかもしれませんが、バレンタインデー、ホワイトデーを経てもカップルになることの出来なかった独り身の人たちが、悲しみを慰め合う日として、韓国ではブラックデーに黒い服を着て、黒い麺(チャンジョンミョンという韓国料理)を食べるイベントが開かれるそう。

韓国の友達に聞くと、このイベントが出会いの場となり、カップルが出来ることもあるそうです。

スポンサーリンク

最後に

ホワイトデーは日本のお菓子業界がお菓子を売る為に考え出したものだったんですね。

何だかマシュマロがかわいそうなので、今度スーパーに行った時に久しぶりにマシュマロを買ってみようかと思います。

もちろんチョコ入りのを!

ホワイトデーじゃないけど、男性の純白の愛で包まれた気分で食べてみたいと思います(笑)。