ズボラ主婦の手抜きリメイク料理。豚汁やあら汁の次の日はうどん!

こんにちは、ズボラ主婦maryです。

子どもがいると、遊びに付き合ったり、子どもがぐずったりして夕食の支度が進まない!ということ、ありますよね。

それに加えて、私は面倒くさがり。

天気の悪い日は体調も悪いし、低体温に低血圧で、体がだるくて立ってるのもしんどい日も。

そんな時、特に夕食作りに困ります。

昼間に作っておけばいいんですけどね、そうもいかなかったり、お仕事してる方はそれが出来ないですもんね。

そんな時の我が家の定番!子どもも喜んで食べてくれる、簡単リメイク料理をご紹介致します。

小学校の給食で人気!子どもが小松菜を好きになる魔法の簡単レシピ

スポンサーリンク

豚汁やあら汁を大量に作って次の日にうどん!

これ、本当助かるんですよね。

一日目、汁物に豚汁をたくさん作るんです。

豚汁の豚の代わりに、鮭や、ぶりなどの切り落とし(安くてたくさん入ってるから愛用)を入れた海鮮汁(あら汁)もよく作ります。

野菜は玉ねぎ、人参、大根、えのき、豆腐は必ず。

プラス、その日の冷蔵庫にあるものと気分で、じゃがいも、白菜かキャベツ、ネギ、こんにゃくを入れます。

ごま油で玉ねぎを先に炒めてから作ると香ばしくて美味しい汁物の出来上がり!

なんなら、鍋の素(キューブ状のものやプチっとするもの、わかります?笑)を使って鍋にしちゃったっていいんです!

たまにいつもと違った味にするのもいいですよね。

具材はほぼ一緒で済みますし、我が家も冬は出番が増えます。

スポンサーリンク


野菜嫌いの子どもにも具沢山味噌汁がいい!

野菜をたっぷり入れてるので栄養満点

野菜嫌いの子には小さく野菜を切ったり、それでも食べないという子でも、味噌汁の汁が飲めれば大丈夫。

汁に野菜の栄養がしみ出ているので、汁が飲めればいいそうですよ。

一汁三菜やめました!夕食のメニューをもっと簡単に考えよう!

冷蔵庫で保存して次の日はうどん料理にリメイク!

豚汁を作って食べて、鍋が冷めたら鍋ごと冷蔵庫へ

特に夏場は傷みやすいので、冷蔵庫に入れて保存するのを忘れないようにしましょう。

そして次の日の夜、温めて、うどんを入れて、溶き卵を入れればあったか栄養たっぷりうどんの出来上がり!

めんつゆと水を少し足すとさらに美味しいですよ!

具がたくさんあるけど汁が少なくなっちゃったという場合も、めんつゆと水を足せば美味しく仕上がります。

うどんは冷凍の物や乾麺じゃないものを使えば入れるに込むだけでオッケー。

スポンサーリンク



うどんじゃなくて雑炊やカレーにしても良し

豚汁を作った次の日の朝ごはんなんかに、雑炊にリメイクするのも体が温まっていいですよ。

あとは、たくさん作った豚汁の具だけ少し取っておいてカレーにリメイクする方法もあります。

色々活用法がありますね!

最後に

なんだか本当に手抜き料理という感じですが、一日目は豚汁(あら汁)の他にちゃんとおかず作りますよ(笑)。

頑張った次の日は楽をする!で気持ちも楽になれますよ。

忙しいママ、体調が悪い時、妊娠中でつらい時など、ぜひ参考にしてみて下さい!

忙しいママの救世主!アテニアのクレンジングが最強説