箱入りみかんの正しい保存方法!カビから守って長持ちさせるには?

こんにちは、maryです。

冬にどの家庭でもよく食べられる果物と言えばみかん。

ビタミンが豊富に含まれ、風邪予防にもなり、昔から「こたつにみかん」が日本の冬の風物詩とも言え、親しまれてきました。

ところで、特に箱入りで買ってきたみかんって油断するとすぐにカビが生えて腐ってしまいませんか?

みかんはなぜ腐りやすいのか?腐らないようにするにはどうすればいいのか?

正しい保存方法を知ってみかんを長持ちさせましょう!

スポンサーリンク

みかんはなぜ腐りやすいのか?

みかんが腐ってしまうのは、みかんの皮についた傷や、輸送中に積み重なっていた重みが原因

傷ついた皮から、または押し潰されたことによって、中から水分がにじみ出し、カビの繁殖に必要な水分(湿気)が発生してしまいます。

そしてみかんに出来てしまったカビが、「ペニシリウム・ニタリカム」という青カビ。

「ペニシリウム・ニタリカム」は柑橘系の果物によく生えるカビの一種で、このカビはみかんに含まれる「プロリン」という成分によって成長が促される為、早いスピードで増殖してしまうのです。

スポンサーリンク

腐っているみかんを見つけたら

みかんを箱で買ったり、ネットに入ったものを買ってそのままにしていた場合、みかんは腐りやすくなってしまいます。

一つ腐っているみかんを見つけたら、周りのみかんもチェックして下さい!

周りのみかんも一緒に腐っている可能性があります。

腐っているみかんを見つけたら、すぐに取り除きましょう。

みかんの一部がブヨブヨになっているくらいなら、その部分を取り除けば食べられないことはないですが、明らかにカビが生えているようなら、もちろん食べられませんので、袋に入れて(カビを飛ばさないように)処分しましょう。

スポンサーリンク

みかんを長持ちさせる保存方法

みかんの正しい保存方法を知って、少しでも長持ちできるようにしましょう!

傷のついたみかんや腐りかけのみかんを取り除く

みかんを箱やネット入りなどで買ってきた場合、まずはみかんを全部取り出し、傷がついているものや腐りかけのがないかチェックします。

傷物や腐りかけのものがあれば取り出し、それを先に食べてしまいましょう!(腐りかけは程度によります)

みかんの皮の面白い剥き方「花・イモムシ・かたつむり・時計」

みかんのヘタを下にして置く

ダンボールにチェックしたみかんを戻す際、またはみかんをカゴに盛る場合などは、みかんのヘタを下にして置く(保存する)ようにしましょう。

ヘタの部分が硬いので、ミカンの重さで潰れるのを防げます。

風通しの良い冷暗所で保管する

みかんは温かいところで熟していくと「エチレンガス」という成長ホルモンを出します。
それで完熟していくのですが、同時に腐りやすくなっていきます。

みかんの保存に適した温度は5~8度と言われています。

直射日光の当たらない、なるべく涼しくて風通しが良いところに保存するようにしましょう。

ダンボールのふたは開けておきましょうね!

ダンボールの下にあるみかんから食べる

カゴに盛ったみかんもそうですが、積まれたみかんの重さで、下のミカンは潰れやすくなっています。

また、下の方に熱がこもりやすい点からも下にあるみかんから食べるようにしましょう

時々ダンボール内のみかんの上下を入れ替える

下にあったみかんは重さから解放させてあげる為、また、空気を入れ替えてダンボール内の保存環境を良くする為に、手間ではありますが時々ダンボール中のみかんの上下を入れ替えましょう

それから、段ボールの下に新聞紙を敷いておくと、湿気を吸収するのに効果的です。

みかんを入れた段ボールの上から(ふたは開けたまま)新聞紙を被せておくのも、乾燥を防ぐ効果がありますよ。

みかんの保存は常温?冷蔵庫?長期保存に「冷凍みかん」を作ろう!

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

せっかくの甘くて美味しいみかん、腐らせてしまっては残念。

箱でたくさんみかんが送られてきた!どうせ食べるんだからと箱買いしてきた!
そんな時、ちょっとした手間をかけ、工夫をすることで、みかんを長持ちさせることが出来ますます。

ぜひ参考になさってみて下さい。