みかんの保存は常温?冷蔵庫?長期保存に「冷凍みかん」を作ろう!

こんにちは、maryです。

冬の団らんのおとも、みかん。

こたつの上にある昔ながらの風景を思い浮かべる方も多いと思うのですが、皆様の家ではどのようにみかんを保存していますか?

常温と冷蔵庫で保存するのはどちらがいいのでしょう?

また、懐かしの冷凍みかんの作り方もお教え致します!

箱入りみかんの正しい保存方法!カビから守って長持ちさせるには?

スポンサーリンク

みかんの保存は常温?それとも冷蔵庫?

常温で保存する場合

みかんは基本的には常温保存が望ましいとされています。

しかし、みかんの保存に適した温度は5~8度なので、冬は常温で大丈夫でも、夏場は冷蔵庫で保存した方が良いでしょう。

冬であっても、みかんは風通しの良い冷暗所で保存するようにしましょう。

温かいところでは腐りやすくなってしまいます。

冷蔵庫で保存する場合

一年を通して、みかんを腐らせてカビが生えないようにするには、冷蔵庫で保存したほうが良いと言えますが、冷蔵庫でみかんを保存すると、冷やし過ぎて酸っぱくなってしまうことと、乾燥してしまうことがデメリットとして挙げられます。

冷蔵庫に入れる前にみかんをラップかキッチンペーパーで包み、ジップロックやビニール袋に入れて乾燥しないようにしましょう。

また、冷し過ぎないように、野菜室に入れて保存すると良いでしょう。

スポンサーリンク

長期保存にはこれ!「冷凍みかん」を作ろう

給食でもおなじみ、懐かしの冷凍みかんは長期保存に向いています。

長くて3カ月程もつので、たくさん買ってきて食べ切れなさそうな時などに、ご家庭で作ってみてはいかがでしょうか?

誰でも簡単に作ることが出来ますよ!

冷凍みかんの作り方

  1. みかんを軽く洗って、水けをよく拭き取る
  2. 冷凍庫にラップを敷き、その上に1のみかんを並べる
  3. そのままみかんを冷凍させる
  4. しっかり冷凍してしまう前に一度取り出し、冷水に一瞬みかんをくぐらせる
  5. また冷凍庫のラップの上に並べ、しっかり冷凍させれば出来上がり!
  6. ジップロックやビニール袋にみかんを入れて冷凍庫で保存しましょう

しっかり凍ってしまう前にみかんを一度取り出して、冷水に一瞬くぐらせ、表面に薄い氷の膜を作るのがポイントです!

そうせずに、みかんをただ凍らせただけだと、皮が剥きづらくなり、パサパサと乾燥した冷凍みかんになってしまうんです。

一手間かかりますが、美味しい冷凍みかんをぜひ作ってみて下さいね!

みかんの皮の面白い剥き方「花・イモムシ・かたつむり・時計」

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

常温でも冷蔵庫でも、みかんを長持ちさせて美味しく食べるにはちょっとした工夫が必要ですね。

筆者は雪国で育ったので、小さい頃は冬になると雪の中にみかんを埋めて、みかんを宝に見立てて「宝探しゲーム」をして遊ぶのが好きでした。

栄養豊富なみかん、大切に美味しくいただきましょう!