みかんの皮の面白い剥き方「お花・イモムシ・かたつむり・時計」

こんにちは、maryです。

突然ですが、あなたはみかんの皮をどうやって剥きますか?

普通に剥いて食べてもそれはそれでいいのですが、実はみかんには簡単に出来る面白い剥き方があるんですよ!

子どもは喜ぶこと間違いなし!大人同士でも盛り上がることでしょう!

ぜひ作り方を覚えて、何気なく作って披露してみて下さいね!

箱入りみかんの正しい保存方法!カビから守って長持ちさせるには?

スポンサーリンク

お花の作り方【難易度★】

1.みかんのへたの周りだけ丸く残して剥きとる。

上から見るとこのような形になります。

2.へたを下にして置き、みかんを上から一つずつ丁寧に離していく。

3.全部下まで開ききればお花の出来上がり!

5.皮の中心部(筋)を持ち上げるとメリーのようになり、くるくる回せて楽しいですよ。

また、それを下ろせば先程とは違った形のお花が作れます。

スポンサーリンク

イモムシの作り方【難易度★】

1.へたの周りとその反対側を丸く剥きとります。

横から見るとこのような感じになります。

2.一カ所を切り離し、皮を開きながらゆっくりとみかんを一つずつ引き剥がしていく。

全部離れるとこのようにお皿にならべたようなみかんの出来上がり。

3.ひっくり返して顔の形を整えて目を書けばイモムシの出来上がり!

スポンサーリンク

かたつむりの作り方【難易度★★】

1.イモムシ同様、ヘタの周りとその反対側を丸く剥きとる。

横から見るとこのような感じになります。

2.一カ所を切り開き、みかんは開かずそのままにして、皮だけ少し剥く。

(この写真では少しみかんが離れちゃってますが…!)

3.触角としっぽを作り、顔を描けば、かたつむりの出来上がり!

(触角としっぽははさみを使って切りました)

スポンサーリンク

時計の作り方【難易度★★★】

1.写真のように、ヘタのあるラインを一周残して側面を丸く剥きとる。

説明がわかりづらいですね。

横から見るとこのような感じになります。

2.へたを下にして置き、一番上に来る部分を切り開く。

3.皮だけをゆっくりと剥いていく。

みかん(時計の部分)を離さないよう、全部剥ききらないこと!

4.腕に付ければ時計の出来上がり!

別方向からもう一枚!

しっかり時計の形になっています。

最初の側面を剥きとる工程が少し難しいですが、あとは簡単です!

みかんの保管は常温?冷蔵庫?長期保存に「冷凍みかん」を作ろう!

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

どれも作って楽しい、食べて美味しい、パーティーや団らんにぴったりのみかんアートです。

個人的なランク付けですが、難易度も載せましたので、ぜひ簡単なものからトライしてみて下さいね!

みかんと共に楽しい一時を過ごせますように!