節分の豆まきは落花生でしょ?なぜ大豆?北海道民が抱く疑問と不思議

こんにちは、maryです。

北海道出身の私が関東に住むようになって、何年経ってもなじめないことがあります。

それは、節分に大豆をまくこと。

北海道で単語の節句に食べるのは柏餅ではなく「べこ餅」。その由来は?

スポンサーリンク

なぜ大豆なの?なんでピーナッツじゃないの?

引っ越してきて初めての年、スーパーで大豆が売られていることに衝撃を受けました。

え?ピーナッツじゃないの?

大豆なんか撒いたら散らかるじゃん!踏んだら潰れるじゃん!

片付けるの大変じゃん!っていうかまいた大豆食べられないじゃん!

なんてもったいない…!

同じ道産子の旦那も私と同じことを考えていたようで、しばらく二人で立ち止まって考え込んでしまいました。

またもや衝撃!ド定番の遊び「大根ぬき」は北海道だけの遊びだった!?

スポンサーリンク

節分に大豆をまくようになった由来

そもそも、なぜ節分に豆をまくようになったのでしょうか?

昔、平安時代に京都の鞍馬山に鬼が出て、都を荒らされて困っていたのですが、炒った大豆を鬼の目に投げたところ、鬼を退治することができたそうです。

大豆は五穀(米・麦・粟・豆・きび)のうちの一つで、五穀には「邪気を払う霊力」があるとして、昔から神事にも使われてきました。

そして豆まきで使う大豆は、「炒ったもの」でなければいけません。

炒っていないものをまいて、豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。

また、大豆を「炒る」ことが「射る」ことにもつながるので、炒った豆を使うようになりました。

そして、鬼は魔物を表します。

魔物の目(魔目=まめ)に豆(まめ)を投げて、魔を滅する(魔滅=まめ)、という語呂合わせにもなるので、鬼に豆を投げつけることが、邪気を払い、無病息災を願うことに通じるようになったのです。

なので、豆まきの豆は大豆でなければいけないんですね。

節分にひいらぎといわしを飾る由来と意味は?「柊鰯」の簡単な作り方

スポンサーリンク

北海道の節分はなぜ落花生をまくのか?

節分は本来は炒った大豆を使うのが正解だということがわかりました。

しかし、なぜ北海道の節分では落花生をまくのでしょうか?

理由その1 家の中や外にまいても散らからないし見つけやすい

大豆って家の中にまいたら探すのが大変だし、踏んだりしたら掃除が大変!

でも、落花生なら大きいので見つけやすいし、掃除も楽です。

そして、北海道は節分の頃に雪がたくさん積もっているので、外にまいた時に落花生だと見つけやすいんですよね。

大豆だったら雪に埋もれてどこにあるか探せないですよ。

ちゃんと外にまいたものも拾わなくてはいけません。

そういうのもあって北海道では大豆ではなく、落花生なんですね。

理由その2 まいた落花生を拾って食べることができる

家の中や外にまいた大豆って衛生的に良くないので食べませんよね?

その点、落花生はまいたものを拾って食べられます。

なので、北海道の豆まきは「落花生をまく→拾う→年の数だけ食べる」という流れになります。

長い冬の間の食料も工夫して保存し、食べ物を大事にしてきた雪国の人たちの、「食べ物を粗末にしない」という考えの表れかもしれませんね。

理由その3 落花生が大事な栄養源だったから

落花生は大豆よりもカロリーがあり、収穫時期も秋から冬にかけてなので、節分の頃でも栄養が残っています。

一方、大豆は収穫は夏。

節分の頃には栄養価が落ちてしまうんです。

なので、北海道では、寒い冬を乗り越える為に栄養価の高い落花生を選んだのでしょう。

スポンサーリンク

落花生をまくのは北海道だけじゃない!

実は、節分に落花生をまく地域は北海道以外にもあるんです。

それは東北!

やはり雪が積もる地域では、落花生だと雪の中でも見つけやすいですからね。

雪の多い新潟県長野県も落花生をまく家庭が多いそうです。

それから意外なのが、宮崎県鹿児島県でも落花生をまく家庭が多数だということ!

これは、鹿児島県が落花生の生産地であることが関係しています。

大豆より身近な存在の落花生をまくようになったんですね。

落花生の生産日本一の千葉県は?

じゃあ落花生の生産日本一の千葉県はどうなの?って話になりますよね。

私が今住んでいるのも千葉県なんですが(笑)。

千葉県では、一部の地域では落花生をまいている、という感じで、やはりほとんどが大豆派です。

節分近くなると、確かにスーパーの節分コーナーには落花生も置かれます。

でも、大部分は大豆。

落花生も半分千葉県産、半分中国産ですね(千葉県さんはちょっとお高いので…)。

スポンサーリンク

北海道神宮でまかれるのは「炒った大豆」

話は戻って北海道。

北海道で一番由緒ある神社と言えば、北海道神宮と答える方が多いと思うのですが、その北海道神宮で行われる節分でまかれる豆は「炒った大豆」です。

小さな子袋に入れられたものがまかれます。

落花生じゃないんかいっ!!

と思われたかもしれませんが、やはり神社ではしっかりと由来に基づき、伝統を受け継いで炒った大豆をまくのですね。

北海道神宮でまかれるのは豆だけではありません。

紅白の福餅や福引券もまかれるんですよ!大盤振る舞いですよね!

福引券は品物と交換してもらえるようです。

北海道の方、また旅行で節分時期に北海道に行かれる方、ぜひ行ってみてはいかがでしょう?

恵方巻き、今年の方角はどっち?その年の方角を向いて無言で食べる意味と由来とは?

恵方巻きの具材には決まりがある?基本の7種類の具材の意味と由来

スポンサーリンク

最後に

炒った大豆をまくのはちらかるし、掃除も大変と言いましたが、今は小分け包装されたものが多く売られていますよね!

それなら家の中や外でも見つけやすいし、衛生的にも大丈夫だからそのまま開けて食べられるしいいですね!

でもなんかそれって本当に豆まきしている感じがしないような…。

とは言え、我が家も今年は由来に基づいて炒った大豆をまいてみようかな?と思うのでした。