恵方巻きの具材には決まりがある?基本の7種類の具材の意味と由来

こんにちは、maryです。

節分と言えば、豆まきと恵方巻きを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

恵方巻きは近年どんどん進化し、バラエティに富んだものになってきましたよね。
豪華な海鮮ものに、恵方ロール(ロールケーキ)などなど。

また、手作りするという方もいらっしゃると思いますが、恵方巻きの具材に決まりがあるのでしょうか?

基本の7種類の具材の意味と由来についてお伝え致します。

節分に恵方巻きをその年の方角を向いて無言で食べる意味と理由とは?

スポンサーリンク

恵方巻きとは?

恵方巻きとは、節分の日に恵方(縁起の良いとされている方角)を向いて無言で太い巻き寿司を一本食べきり、一年の無病息災や商売繁盛を願うというもの。

もともとは大阪で節分に太巻きを食べる習慣があり、それが全国に広がったと言われています。

スポンサーリンク


恵方巻きの具材に決まりはあるのか?

太い巻き寿司であれば、特にこれを入れなくてはいけない!という決まりはないそうです。

ただ、具材の種類は、七福神の「7」にちなんで7種類というのが基本とされています。

太い巻き寿司で「7種類の福を巻き込む」というわけです。

そして、その7種類の具材は、やはり縁起担の良い具材を使います。

その一つ一つの具材の意味をご紹介致しますね。

寿司はねの由来と焼き海苔との違いは?知ると面白い海苔の世界

恵方巻きの基本の7種類の具材

しいたけ

しいたけは、その傘の形が陣笠(昔、戦場で下級の兵士が甲の代わりにかぶっていた笠)に似ていることから、「守ってくれるもの」という意味があります。

また、しいたけは古くから神様への供え物として大切にされ、健康長寿への願いが込められています。

きゅうり

きゅうりと言えば、伝説の生き物「カッパ」の好物として知られていますよね。

カッパを祀っている水天宮は水と子どもを守護しています。

よって、授子や安産、水に関係する仕事(漁業など)の無事を願って参拝しに行くんですね。

また、カッパは基本的に水中で生活しているので、陸に上がる時には、体が乾いてしまわないよう、きゅうりを体に巻いたと言われています。

きゅうりだけを巻いた「かっぱ巻き」はそこから来てるんですよ!

スポンサーリンク



かんぴょう

かんぴょうって何だろう?と知らない方もいると思うのですが、かんぴょうとは、夕顔の実を薄く細く切って干したものです。

細くて長いその形から「長生き出来ますように」という願いと、あとは具材を結んでとめる時にもよく使われるので「縁結び」のご利益もあると言われています。

また、かんぴょうは食物繊維が豊富で体に良いとされ、昔は位の高い人たちだけが食べていたんだそうです。

伊達巻(厚焼き玉子)

お正月に食べるおせち料理や、お祝いの席でもよく使われる伊達巻。

その黄色い色が、金を連想させることから「金運アップ」の願いが込められています。

スポンサーリンク



うなぎ

滋養強壮に効果があり、古くから薬膳としても使われているうなぎ。

土用の丑の日も有名ですが、土用とは、4つの季節の変わり目(立春・立夏・立秋・立冬)の前の18日間のことを言います。

体調を崩しやすい季節の変わり目(土用)の最終日である節分の日(立春の日の前日)にうなぎを食べ、スタミナをつけるというのは、何とも理にかなっていますよね!

また、うなぎは昔から縁起の良い食べ物とされています。

関東では、腹を切ると「切腹」をイメージしてしまい、どうにも縁起が悪いので、背開きにして調理することで、縁起良し!となりました。

関西では、逆に腹を切ります。

「腹を割って話をすると商売繁盛につながる」という関西らしい考え方で、縁起良し!となったそうです。

もっと言えば、何事も「うなぎのぼり」にいきますようにという願いや、その長いうなぎの姿から「長生き出来ますように」という願いも込められています。

えび

えびは、長いひげを老人に例えたことから、海の老人=「海老」と漢字で書かれるようになりました。

その長いひげと曲がった腰から「健康長寿」への願いが込められているのは有名な話ですね。

また、えびは威勢がいいことから「力強い生命力」、さらには、えびはオスとメスが一緒に暮らすことから「夫婦円満」の願いも込められています。

それから、海老をお湯に中に入れると朱色になりますよね。

朱色(赤)は古くから、「魔除けの色」とされています。

なので、えびには魔除けの効果もあるのです。

神社の鳥居も朱色なのは、同じく朱色の「魔除けの色」から来ているんですね。

えびは目が飛び出ているので「めでたしめでたし」の語呂合わせにもなるし、色も紅白で縁起が良いしと、たくさんの意味合いから縁起の良い食べ物とされ、お祝いの料理には欠かせないものとなっています。

スポンサーリンク


桜でんぶ

桜でんぶは、鯛などの白身魚をほぐして調味し、煎って着色したもの。

もうおわかりですよね?

おめでたい」の鯛から作られているという事で、縁起の良い物とされ、そのきれいなピンク色からも、紅白とつながり、縁起が良いとされています。

最後に

いかがでしたか?

恵方巻きの基本の7種類の具材の意味をご紹介しましたが、必ず入れなければいけないというわけではありませんし、7種類じゃなきゃいけないというわけでもありません。

ただ、意味を知って作る恵方巻き、食べる恵方巻きは、また一味違う物になるのではないじゃないでしょうか?

ぜひ参考にしてみて下さい。

節分にひいらぎといわしを飾る由来と意味は?「柊鰯」の簡単な作り方