新年の挨拶はいつまで?松の内が関東と関西で違う本当の理由とは?

新年明けましておめでとうございます。

今年も皆さまのお役に立てるような記事を書いていきますので、当ブログをどうぞよろしくお願い致します。

今年の私の抱負を述べたいと思うのですが、その前にまず、新年の挨拶っていつまでするものなのか?それに伴う松の内についてと、関東と関西でなぜ松の内が違うのかについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

新年の挨拶はいつまで?

新年の挨拶は、一般的には「松の内」までと言われています。

お正月飾り(鏡餅以外)を飾るのも、年賀状を出すのも松の内までとされているので、新年の挨拶もそれまでに済ませておくのが良いとされています。

しかし注意が必要なのが、地域によって松の内の日が違うという事です。

  • 関東の松の内は1月7日
  • 関西の松の内は1月15日

スポンサーリンク

そもそも松の内とは?

松の内とは、お正月に門松を飾っておく期間のことを言います。

松は生命力の強い植物で、昔から「神の宿る木」とされ、松には「祀る」という意味や、神様を「待つ」という意味もあり、お正月に松を飾るようになりました。

鏡餅は1月11日に鏡開きがありますが、門松やしめ縄などのお正月飾りは、松の内まで飾り、処分は神社のどんと焼きで行うというのが一般的な流れとなります。

お正月飾りの由来と意味は?いつからいつまで飾り、処分はどうするの?

松の内の日が地域によって違う理由

では、なぜ地域によって松の内の日が違うのでしょうか?

昔、日本では松の内は「1月15日」、鏡開きは「1月20日」と統一されていました

しかし、後に徳川家康が亡くなり、その命日が4月20日。

20日が忌日となることで、鏡開きを1月20日にするべきではないと、幕府のあった江戸である関東を中心に、「鏡開きは1月11日」に変更するよう広まりました。

その後、「鏡開きをした後も正月飾りを飾っておくのはおかしいんじゃないか?」となり、松の内が1月15日から1月7日に変更されたというわけです。

関西地方にはその情報が上手く伝わっていかなかった為、今でも1月15日が松の内となっているんですね。

九州の松の内も同じく1月15日となっています(地域によっては7日のところもあるようです)。

北海道の松の内は7日なので、北には伝わっていったというところが面白いですね!

喪中で初詣に行っていい理由とは?厄年はどうする?

スポンサーリンク

最後に…私の今年の抱負

私の今年の抱負は、

  • 痩せる
  • 穏やかに過ごす

「痩せる」ことに関しては、万年言っているような気がしますが…(笑)。

昨年、ストレスで?いや、ただの食欲の秋で5キロ近く太ってしまったので、まずはそれを元に戻すことを目標に、今年は体をたくさん動かして過ごしたいと思います。

「穏やかに過ごす」は、何かと子どもに怒ってしまうことが多いので、怒るではなく叱るが出来るように、そしてすぐにプツン!とキレないように、まずは深呼吸して…

子どもにだけじゃなく、主人とも喧嘩せず、円満に過ごせるようにしたいと思っています。

皆さまにとっても、健康で素晴らしい一年となりますように!