土用の丑の日はいつ?由来と関東・関西で違うウナギの切り方が面白い!

こんにちは、maryです。

土用の丑の日に食べると体が丈夫になると言われているうなぎ。

昔から滋養強壮に効果があるとされ、夏バテの時期にうなぎを食べてスタミナをつけよう!と近年スーパーでは土用の丑の日が近くなるとうなぎの売り出しで大賑わいですよね。

そんな土用の丑の日の由来ってご存知ですか?

この記事では、土用とは?なぜ丑の日なの?今年の土用の丑の日はいつ?

それから、知ると面白い関東と関西で違ううなぎの切り方などについてもお伝え致します。


スポンサーリンク

土用とは?

土用とは、4つある季節の変わり目(立春・立夏・立秋・立冬)の直前18日間のことを言います。

五行思想(ごぎょうしそう)という考え方では、万物は木・火・土・金・水の五種類の元素からなるとされ、それぞれ、春=木、夏=火、秋=金、冬=水と当てはめられます。

そこで残った土が、季節の変わり目に割り当てられ、それが「土用」と呼ばれるようになりました。

土用干し、土用の虫干し、土用殺なんていうのもあるんです

スポンサーリンク


丑の日とは?

「丑(うし)」は干支の一つですよね。

日本では、一年ごとに十二支の干支が決まっていますが、実は日にちごとにも干支が決められているのです。

12日間で12の干支が一周するというわけです。

この土用の期間の丑の日が「土用の丑の日」と呼ばれます。

土用の丑の日は春夏秋冬に、各一日ずつ必ずあるのですが、年によっては二日ある季節もあります。

そして土用の丑の日は、夏の土用の丑の日を指すようになりました。

それはなぜなのでしょうか?

スポンサーリンク



土用の丑の日の由来その1

さかのぼるは江戸時代、うなぎ屋さんは夏にうなぎが売れなくなることを悩んでいました。

何故かというと、うなぎの旬が冬だから。

そこで、夏もうなぎが売れるようにするにはどうしたら良いのかある人物に相談したところ、「本日、丑の日」という張り紙を店頭に貼ればよい!と提案されました。

当時、「丑の日」に「う」から始まる食べ物を食べると夏負けしないという風習があったのです。

なので、うなぎ屋さんに「本日、丑の日」と貼り紙があれば、うなぎが売れるだろうと考えたのですね。

土用の丑の日の由来その2

里のだまき評」という、江戸時代のことが記された書物があります。

その中には、「土用の丑の日にうなぎを食べると滋養になる」と書かれていて、それがきっかけとなって「土用の丑の日」にうなぎがよく売れるようになったとされています。

スポンサーリンク


土用の丑の日の仕掛人は平賀源内

これまでに紹介してきた「本日、丑の日!」の貼り紙を提案した人物と、「里のだまき評」の著者は実は同一人物なんです!

それは、誰もが教科書で習ったであろう有名な歴史人物の、平賀源内(1728~1780)です。

平賀源内はうなぎの蒲焼が大好きだったそうです。

好きすぎて、里のだまき評とは別の書籍の中で、「うなぎの蒲焼が無い生活など考えられない」とまで記したそうです。

気持ちはわからなくもないけど、本当にウナギが好きだったんですね。

万葉集でも夏ににうなぎを食べることを勧めていた!

7世紀から8世紀にかけて編まれた日本最古の和歌集「万葉集」でも、鰻について詠んだ歌があるんです。

石麻呂に吾れもの申す夏痩せに 

よしといふものぞむなぎとり召せ

大伴家持(おおとものやかもち)という奈良時代の政治家であり歌人の歌です。

この歌は、石麻呂という人に「夏痩せ(今で言う夏バテ)には、むなぎ(うなぎ)を食べると良い」と勧めている歌です。

江戸時代よりももっと昔から、季節の変わり目の体調を崩しやすい時期にはウナギを食べて栄養を摂ろうとしていたのがわかります。

実際、うなぎにはビタミン類、カルシウム、鉄分などが多く含まれ、疲労回復や食欲増進にとても効果的!

それが現代にも引き継がれているのですね!

スポンサーリンク



地域で違う鰻の切り方

関東のうなぎの切り方

うなぎは古くから縁起の良い食べ物とされていました。

その為、関東では腹を切るのは「切腹」をイメージしてしまい、縁起が悪いということで、「背開き」にして調理するようになりました。

関西のうなぎの切り方

一方、関西では「お腹」を切ります。

「腹を割って話せば商売繁盛につながる」という意味でお腹から切るんですね。

2019年の土用の丑の日はいつ?

2019年の土用の丑の日

1月28日、4月22日、5月4日、7月27日、10月31日

2019年の土用の丑の日は7月27日(土曜日)の1回だけで、この日を「一の丑」と呼びます。

2020年の土用の丑の日

1月23日、4月16日、4月28日、7月21日、8月2日、10月25日、11月6日

2020年は土用の丑の日が2回あります。

7月21日(火曜日)が「一の丑」、8月2日(日曜日)が「二の丑」となります。

スポンサーリンク


最後に

「うなぎのぼり」という言葉があるように、出世や運気や景気上昇のゲン担ぎの意味。

それからうなぎの細長い姿から「長生きできるように」という願いもうなぎには込められ、様々なお祝いの料理にも使われることもあります。

現在では国産うなぎは高級品として値も張り、中国産のうなぎや、うなぎの代用として穴子やパンガシウスというナマズの一種(東南アジアに分布)の蒲焼きが売られていますね。

でもやっぱり国産のうなぎって美味しい!

お店で食べるともっと美味しい!

今年の土用の丑の日は奮発して美味しいうな重が食べたいですね。