IT系の旦那に転職してもらいたいと思う妻が多いのはなぜ?

こんにちは、maryです。

旦那さんがIT系の会社に勤めている妻の悩み、第一位は「帰りが遅い」じゃないでしょうか。

話題のワンオペ育児、家事の負担、家を守り孤独に頑張る妻のストレスと大変さ。

これからもずっと父親不在の家族のあり方でいいのか?

そこで芽生えるのが「旦那に転職してもらいたい」という気持ち。

どうやったらIT系の旦那に転職してもらえるか?

何回かに分けて我が家の経験談も交えてお伝えしていきたいと思います。

IT系の過酷勤務の旦那を転職へと導き失敗した話

IT系の旦那、2度目の転職転機到来!目指すは公務員?今度こそ転職成功なるか?

スポンサーリンク

IT系旦那を転職させたいと悩むのはなぜ?

我が家もそうでしたが、IT系の会社で働く旦那さんがいる方は、「旦那さんに転職してほしい」と考える人が少なくないようです。なぜそのように思うのでしょうか?

帰りが遅い

もちろん、会社や役職によっても変わりますが、旦那の職業を聞かれ、IT系だと答えると必ずと言っていい程、「じゃあ帰り遅いんだね、大変だね」と言われます。

毎日終電当たり前

毎日日付が変わってからの帰宅

旦那のストレスや疲労も半端ない。

毎日家族の為に頑張って働いてくれることには頭が上がらないほど感謝しているのだけど、父親不在が子どもにとってどう影響するのか、また親としても、理想は家族そろって夕食を食べて団らんの時間があってというもの。

理想と現実、また、家のこと全てを妻が担う大変さを旦那さんがわかってくれていればいいのだが、そうではないとそれがまたストレスになる。

というわけで、帰りが遅いのをどうにかしてほしい!と思うようになるのです。

休日出勤がある

IT系だと、休日出勤も普通にあったりします。

やっとの休日、子どもたちはパパと遊び、自分も一息つきながら家族の時間を持てることを期待するのだが、休日も出勤になって朝から晩までいないとなると、仕事だから仕方ないとはわかっていても不満になることもあるのです。

深夜勤務もある

システムを扱うIT系ですから、深夜作業が入るという事もあります。

夜中仕事をして、次の日早い時間に帰宅するけれど、休養しなくてはいけないわけで。

一番大変なのは本人だし、そこは本当にお疲れ様ですと思うのだけど、ずっとそんな生活が続くのかな?と思うと、旦那の健康面や精神面など、心配にもなります。

スポンサーリンク


旦那さんを転職する気にさせるには?

旦那さんに転職してもらい、IT系から離れるなり、もしくは同じIT系でも激務ではない、普通の勤務体制で働けるところに転職してもらいたいと思った場合、どうすればいいのでしょうか?

大切なのはまず今の自分の気持ちを伝えるという事。

  • もっと家族としての時間を持ちたい
  • 平日一緒に過ごせる時間、話せる時間がなくて寂しい
  • 激務で体のことが心配

など、素直に伝えてみましょう。

そして旦那さんが気持ちをわかってもらえたとしても、転職というのはとても大きな決断なので、そう簡単には決められることではありません。

就活をして頑張って入ることの出来た今の会社ですし、転職にはリスクが付きもの

収入も減るかもしれません。

それでも、収入が減ったとしても、家族で過ごす時間の方が大切!

とそう思うなら、やはり真剣に話してみて、旦那さんが今の働き方についてどう思っているのかも聞いてみましょう。

追い詰めるような一方的な言い方はNGですよ!

スポンサーリンク



IT系旦那には転職したいと悩む時期が来る?

我が家の夫を例に出しますと、約10年IT系企業に勤務し、その間に何度か転職したいと強く考え、思いを打ち明けてきたことがあります。

すごく上昇志向があって今の仕事が楽しい!という方にはないかもしれませんが、IT系の仕事に限らず、転職について考えることは誰しもあるものなのではないでしょうか。

何年か働くことで昇級し、役職が変わることもあるでしょう。

役職が変わったことによって働き方も変わり、我が旦那さんも多少早く帰れるようにはなりました。

しかし責任はより重くなり、人を動かす立場であって、自分の仕事もあってと、こなさなければいけない仕事のプレッシャーなどで、疲労度は上がったと言います。

旦那さんが最近疲れていないか、悩みはないか、気付き話し合えば、転職へのきっかけにもなるかもしれませんね。

スポンサーリンク


まとめ

大切なことは、転職させようと焦らないこと。

それと、今の自分の気持ちを素直に伝え、理想と将来の家族像について意見を共有すること。

決して追い詰めたり無理やり転職してもらおうとはせずに、謙虚な姿勢で、時期を見て話を持ち出してみましょう。

次回、実際に我が家はどういう流れで、どう転職活動へと進んでいったのかお話致します。

お楽しみに!

IT系で働く過酷勤務の旦那を転職へと導き失敗した話