マンション売却ついに契約完了!服装は?手付金の受取の方法とは?

こんにちは、maryです。

売りに出していたマンションの契約を買い主と別々に行い、先日、買い主側の契約も無事に終えたところです。

売り主側の契約はすでに終えていたので、買い主側の契約には同席しなくても良かったのですが、契約のお礼と、手付金の受け取りの為に、指定された時間に不動産会社に行ったのでした。

今回はその時の流れや服装、気を付けることなどについてお話致します。

マンション売却の契約は買主・売主それぞれ別々に行える!所要時間や持ち物は?

スポンサーリンク

契約に関わる捺印をする

書類の何カ所かに捺印をするのですが、今回は全て不動産会社の方が代わりに捺印して下さいました。

代わりに捺印してくれたのは、こちらが子ども連れだった為と思われます。

スポンサーリンク

手付金を受け取る

それから手付金を買い主から現金で受け取ります。

全額受け取ったら、トラブルがないよう一枚ずつ数えます

大きな金額なので、間違えないよう慎重に行いましょう。

仲介手数料前半金を支払う

買い主から受け取った手付金の中から、不動産会社に仲介手数料の前半金を支払います。

細かく言うと、仲介手数料の約半額+印紙代10,000円です。

こちらもしっかり数えて不動産会社に手渡しましょう。

そして手元に残った現金は忘れないよう、落とさないよう持って帰りましょうね。

その足で銀行に預けに行くのが一番いいですね!

契約書類を受け取る

  • 重要事項説明書
  • 不動産売買契約書
  • 設備表
  • 物件状況等報告書
  • 仲介手数料前半金と印紙代の領収書

が入った契約書ファイルを受け取ります。

買い主も同じようなファイルを受け取ります。

契約のお礼を伝え、終了

これは必ずしなければいけないというものではないのですが、売り主として、数ある物件の中からこの物件を選び、契約して下さった感謝の気持ちを伝えましょう

今まで住んでいた愛着のあるあなたの家に、これから住むことになる買い主さんです。

契約や残金決済などが終われば、顔を合わせることはもう二度とないかもしれないのですが、気持ち良く、印象良く、いい関係でいたいものです。

そして、これで契約は完了。

スポンサーリンク

契約時の服装は?

契約はちゃんとしたスーツなどの服装で行った方がいいのでは?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、普通の私服で大丈夫ですよ。

さすがにスウェットなどのラフな格好は印象が良くないので、きれいめの格好の方が良いでしょう。

我が家も契約時は普段着で行きましたし、買い主側も皆さん私服でいらしていました。

番外編:契約時に買い主に聞かれたこと

内覧の際、エアコンを残置してもいいことをこちらが伝えていました。

そのお返事を聞いていなかったので、買い主からエアコンはいただきたいとの話があり、承諾しました。

取り外したりするのも大変そうだったので、こちらもその方が都合が良かったんです。

それから、物件周辺の歯医者や内科などはどこがおすすめか聞かれましたよ。

次回はいよいよ残金決済・所有権移転と引き渡し

契約が完了したので、あとは引っ越して家を空っぽにし、銀行に不動産会社さんと買い主と集まり、残金の決済、所有権の移転、鍵(物件)の引き渡しを行います。

これがスムーズに終われば、ひとまずここまでのマンション売却活動も終了ということになります。

引っ越し料金を安くする方法!失敗しない引っ越し費用の節約術とは?

最後に

今回、不動産会社とその営業マンさんにはが本当に恵まれ、そのお陰で買い主様も見つかり、無事に契約が済んでやっと肩の荷が下り、ほっとしました。

札束を手に取ったのも人生で初めてでしたし、そんな大金を数えたのも初めてのことでした。

これから契約という方は緊張するかもしれませんが、どうかリラックスして下さいね。