オムツを洗濯した時の対処法!プルプルを取る方法&毛だらけを直す方法

こんにちは、うっかりもののmaryです。

子育てあるある、またやってしまいました。

オムツを洗濯してしまって洗濯物が大惨事!パート?です。

経験のある方ならわかると思いますが、その後が大変なんです。

いつもは洗濯し直して外でパンパンと振り払って何とかごまかしてきましたが、今回は夜の洗濯。

でも、ある方法で簡単にあのプルプルをなくし、毛だらけの服もきれいにすることが出来ました。

今回はその方法をご紹介致します。

スポンサーリンク

オムツを洗濯してしまうとどうなる?

オムツを洗濯物と一緒に洗濯してしまうとどうなるか?

かなりガッカリします(笑)。

初めての方はびっくりするかもしれませんね。

オムツの吸水ポリマーが最大限に水分を吸い、オムツから破れてプルプルしたものが洗濯物と洗濯槽にたくさん付いてしまうんです。

しかも、オムツの繊維もかなりついてしまい、洗濯物は白い毛だらけ

外でパンパン!と洗濯物のしわを伸ばす要領でプルプルを落としても落としきれない。

床はプルプルだらけだし。

そして洗濯物が乾いてから気付くのはオムツの繊維の付きよう!!!

黒い服などは見ただけでわかりますが、ものすごく付くんですよ。

それまたパンパン!ほろいますが、そのオムツの繊維の舞いよう!!!

咳込んでしまうほどです。

しかも取り切れない。

さて、どうしましょう?

掃除しても掃除しても降り積もるホコリは天井や壁の掃除忘れにあり?!

スポンサーリンク


基本的なポリマーの落とし方

1.プルプルを出来るだけ取り除く

洗濯物のしわを伸ばす要領でパンパン!とプルプルを振り落とすか、手やブラシを使って出来るだけポリマーを取り除きましょう。

ベランダなら落としたポリマーは集めて捨てればいいですし、室内なら新聞紙を床に敷いてからやると後片付けが楽になります。

と言われてもかなり面倒なので、水を多めにしてそのままもう一回洗濯機を回すという方法もあります。

その場合は、洗濯槽の中で浮くタイプのくず取りネットを使うと、排水管が詰まる心配もなくポリマーが取れやすくなります。

2.乾燥させる

洗濯物をいつも通り干して自然乾燥させます。

そして取り切れなかったポリマーは、再度洗濯物をよく振って落とすか、手やブラシを使って取りましょう。

〇〇を入れるだけでもっと簡単にポリマーが取れる!

上に書いた方法で対処しようと思うと、かなり大変な作業。

でも、もっと簡単にポリマーを取る方法があるんです!

それは、塩を使う方法!

オムツを洗濯してしまったら、洗濯物をそのまま洗濯機に入れたままにして、塩を入れてもう一回洗濯機を回せばいいだけです。

使う塩の量は、普通~多めの洗濯物の量で大さじ2ほど。

ドラム式でもOK。

とっても簡単!これでポリマーが全くなくなります。

なぜ塩を入れるとポリマーがなくなるのか?

不思議ですよね?

本当にそれだけでポリマーがなくなるの?じゃあ楽勝じゃん!って思いますよね?

実は塩には浸透圧でポリマーを小さくさせる効果があるんです。

なので、小さくなったポリマーが脱水でそのまま排水されポリマーはなくなるというわけです。

ただ、この方法を試す前に知っておいていただきたいことがあります。

それは、塩で洗濯機をサビさせてしまう可能性があるということ。

それから、排水管がポリマーで詰まってしまう恐れがあるということ。

我が家のドラム式洗濯機はこの塩を使う方法で対処しても問題なしですが、これは自己責任でお願いします。

気になる方は、少し手間ではありますが、ポリマーの付いた洗濯物を浴槽や洗面台などに入れ、塩もみして洗うと良いでしょう。

スポンサーリンク



ポリマーだけではなくオムツの繊維もびっしり!

見て下さい!

オムツを洗濯してしまうと洗濯物にこんなにびっしりオムツの繊維が付いちゃうんです。

洗濯物が乾いてからお外でパンパン!と振り落とすとまぁまぁ取れますが、あまりの繊維の舞いように、「これは近所迷惑だ…」と気が引けてしまいます。

全部取り切れるわけじゃないし。

なので簡単でおすすめなオムツの繊維の取り方はこちら!

スポンサーリンク


オムツの繊維の簡単な取り方

オーソドックスな方法ではありますが、ガムテープなどの粘着テープで繊維を取るのが一番確実です。

でも、ペタペタしていてはいつまでも終わりません!

なので、粘着テープを使ってペタペタと繊維を取るのではなく、拭き取る感じで衣服を撫でてみましょう

するとあっという間にオムツの繊維が取れちゃいます。

綿の衣服には問題ないですが、洗濯物の素材に注意して下さい。

大事なお洋服には粘着テープは使用しないようにしましょう。

スポンサーリンク



オムツを洗濯しないようにするには

オムツを洗濯してしまうと一苦労。

なので、オムツを洗濯しない為の対策をしてみましょう!

脱いだ衣服を直接洗濯機に入れない

洗濯する衣服を直接洗濯機に入れるのではなく、一度洗濯かごに入れるようにします。

そうすることで、洗濯機に洗濯物を入れる前にオムツがないか確認出来るので、オムツ洗濯大事件を防ぐことが出来ます。

脱衣所にゴミ箱を置く

脱衣所にゴミ箱を置き、お風呂に入る時など、オムツを取ったらゴミ箱に入れるようにします。

オムツを洗濯してしまう時って、子どもが自分で服とオムツをセットで脱いでそのまま洗濯機に入れてしまったというパターンが多いと思います。

なので、脱いだオムツはゴミ箱に入れる。

この二つの習慣が出来るとかなりオムツを洗濯してしまう頻度は下がると思います。

子どもがストロフルスになった原因は私でした。衣服のダニに要注意!

最後に

塩を入れて洗濯機を回すとポリマーがなくなる方法のお陰で、オムツを洗濯してしまってもショックをあまり受けなくなりました(笑)。

小さいお子さんがいる方はぜひ知っておくべき情報かと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。