ひな人形や五月人形を飾る日、しまう日はいつ?大安がいいのか?

こんにちは、maryです。

今年もひな人形、もしくは五月人形を飾る時期となりました。

約一年眠っていたお人形さん達と久しぶりの再会です。

子どもの成長を願い、祝う節句。

はて、節句人形を飾る日としまう日には決まりがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

お雛様を飾る日、しまう日について

ひな人形は、「早く飾って早くしまう」と言われています。

早くしまわないとお嫁に行き遅れる、なんてよく聞きますよね。

節分が終わったら飾るというのが一般的で、立春(節分の翌日)から2月中旬までの間に飾る
のが良いと言われています。

節句人形の専門店の方は、「一般的にはお正月の七草が過ぎたら飾っても良し。3月3日が過ぎたら早めにしまいましょう」とおっしゃいます。

しかし、地方によってしきたりも様々です。

吉野地方などでは、旧節句の4月3日に流し雛を行い、それが済むと夕方にしまうというのが習わしとなっているそうです。

スポンサーリンク


五月人形を飾る日、しまう日について

五月人形については、ひな人形と違って、早く飾って早くしまうというようなことはないようです。

飾る時期は一般的には春彼岸があければ良い、と言われています。

こちらも地方によって様々で、飾るのは早ければ早いほど良いというところもあります。

先手必勝という言葉から来ているようです。

面白いですね!

ともかく、遅くても4月下旬には飾り終えておくようにしましょう。

お雛様と違って、お嫁に行き遅れるといったことはなく、五月人形をしまうのを急ぐ必要はありません。

しかし、のんびりしていると梅雨の時期が来てお人形がカビてしまうといけないので、だいたい5月の中旬までのお天気の良い日にしまうようにしましょう。

地域によっては、年中飾っているところもあるそうです!

五月人形は、子どもを守ってくれる「お守り」なので、そういう意味では年中飾っておくのも良いですね。

スポンサーリンク



お日柄は気にするべき?

一般的には、節句人形を飾るのにお日柄を気にすることはないと言われています。

しかし、節句人形を飾る日は、お祝い物ということで良いお日柄を選んで飾る方もいらっしゃいます。

ちなみに、お日柄には飾るのに相応しい時間もあるようです。

  • 大安:一日中吉
  • 先勝:午前中は吉、午後から凶
  • 先負:午前中は凶、午後から吉
  • 赤口:お昼時吉、それ以外は凶
  • 友引:朝夕吉、それ以外は凶
  • 仏滅:一日中凶

凶というのは、何かを始めるのに良くないという意味で、悪いことが起こるという意味ではないそうです。

私はいつも気にしていませんでしたが、意識して飾ってみるのも良いですね!

最後に

ひな人形も五月人形も、一般的な飾る日しまう日があるにしても、その土地土地によって様々だと言えます。

自分の地方の習わしについては、両親に聞いてみたり、地元のお人形専門店に問い合わせてみると良いと思います。

共通で言える大切なこと。

しまう日は乾燥したお天気が良い日を選び、ホコリや湿気を取り除いてからしまうということ。

お人形さんに感謝の気持ちを伝えるのも忘れないようにしましょう。