五月人形、お下がりや兄弟での共有はダメ?端午の節句の由来を知ろう

こんにちは、maryです。

子どもの日に飾る五月人形。

お雛様もそうですが、親のものを子どもに受け継ぐ、という話を聞きます。

節句の人形って高価ですし、買ってもらえる場合は有難いですが、何だか申し訳ないですよね。

受け継げるなら、代々の歴史や思い入れがあってそれも素敵だなーと思っていたのですが、実は受け継ぐという考えは良くないようです。

なぜお下がりはダメなのか?

早速見てみましょう。

スポンサーリンク

そもそも五月人形は何の為に飾るのか?

端午の節句には、我が子の健やかな成長を祈る「お守り」として五月人形を飾ります。

五月人形と言えば鎧や兜ですが、昔、鎧や兜は武将にとって自分の身を護る為の大切な道具でした。

なので、鎧兜は命を守る象徴と考えられ、「男の子を病気や事故、災害などから守ってくれますように」という願いを込めて飾られるようになりました。

武家では男の子が生まれると、その誕生を祝って鎧兜を飾る習慣があり、それが端午の節句の由来となっているそうです。

スポンサーリンク


五月人形の兜はお下がりでもいいのか?

旦那さんの端午の節句の飾りを子どもに譲り受けて使っていいのか?

五月人形はその子に降りかかるありとあらゆる厄を代わりに引き受けてくれるもの

ということは、旦那さんの病や災いを代わりに引き受けてきた五月人形を我が子に使うということは、「厄を引き継ぐ」ということになってしまいます。

そういう意味からも、五月人形は「一人一つ」が基本となっているんですね。

一人一人、それぞれのお守りということですね。

とは言え、小さかった自分が無事に大人に成長するまで見守ってくれた五月人形に、我が子の成長もまた見守ってほしいと願い、代々引き継ぐ方も多いようです。

子どもの幸せを願う親の想いがこもった鎧や兜が代々受け継がれ、大切に使われていくことは素敵なことですね。

地域によっては、成人した後に五月人形をお寺に収めて供養してもらうというところもあるそうです。

スポンサーリンク



考え方は人それぞれで良いのでは?

受け継いではいけないという考えがあるのは事実ですが、考え方は人それぞれ。

お下がりでも、良いものを子どもに受け継いでいくと考えれば良いのではないでしょうか?

家庭それぞれの事情もありますし、もし旦那さんのご実家に立派な兜があるならば、それを大切にするのも良いと思います。

旦那さんを小さい時から見守り、災いを跳ね返し、無事に成長させてくれた兜。

それなら我が子の災いも跳ね返してくれるはず!と考えたっていいですよね。

ようは気持ちの持ちよう、ということになります。

一人一つというのも、男の子兄弟の家では何個も飾るのも、何個も収納するのもスペースの問題があって現実的ではないですよね。

とは言え、お守りという面では、何か用意した方が良いのかもしれません。

鯉のぼりや金太郎人形など、持ってるものとは違う五月人形の飾りを用意してあげたり、名前を書いた札を用意してあげるだけでも良いと思います。

夫婦で、またご両親とで話し合って、新しい五月人形を用意するのか、旦那さんが使ったものを引き継ぐのか決めましょう。

鯉のぼりは受け継いでいい?

鯉のぼりには受け継ぐのは良くない、などと言う考え方はないようです。

「この家には男の子がいます」という目印で玄関先に飾られてきたものなので、男の子が生まれる度に新しく用意する必要はないということになります。

由来を知ると面白いですね!

スポンサーリンク


最後に

男の子が生まれると、初節句にはどんな五月人形を選んだらいいのか悩みますよね。

我が子をこれから大人になるまでずっと守ってくれる大切な五月人形。

新しいものを購入するにせよ、受け継ぐにせよ、我が子を守ってくれることへの感謝の気持ちを大切に、毎年忘れずに飾ってお祝いすること、それこそが大事だと思います。

どうか、素敵な端午の節句を過ごせますように!