海苔の栄養効果が凄かった!「1日2枚で医者知らず」は本当か?

こんにちは、maryです。

前回の記事で寿司はねの由来と焼きのりとの違いについて触れました。

あれからもっぱらおやつに海苔を食べまくっている筆者。

またもや疑問が!

海苔は「1日2枚で医者知らず」って本当?

というわけで、この記事では海苔の驚くべき栄養効果についてお伝え致します。

スポンサーリンク

海苔は1日2枚で医者いらずは本当か?

世の中には、「トマトは医者いらず」とか、「1日1個のりんごで医者いらず」とか、何かと医者いらずの食べ物ってありますよね。

実は海苔もその一つ。

海苔は1日2枚で医者いらず」と言われるほど栄養があるんです。

この2枚とは、海苔全形2枚のことを言います。

実際、どのくらいの栄養価があるのかというと、海苔100グラムで食物繊維、葉酸、カリウム、マグネシウム、鉄分、ビタミンA、K、C、ビタミンB²、B12の成人女性の摂取量目安を満たしているんですね。

それでは、海苔の栄養効果を一つ一つ見ていきましょう。

スポンサーリンク


豊富なビタミンで健康な体に

海苔には約12種類のビタミンが含まれています。

ビタミンには、アンチエイジング効果やダイエット効果があるのはよく知られていますね。

抵抗力がつくビタミンAや、疲労回復に効果のあるビタミンB1、B2は、1日に必要な量が海苔2枚で摂れちゃいます。

これらは不足しがちな栄養素なので、海苔から手軽に摂取できるのはとても魅力的です。

よく知られているビタミンCはどうでしょう?

100g中のビタミンC含有量は、

  • レモン 100mg
  • いちご 62mg
  • パセリ 120mg
  • 海苔  210mg

目を疑う数値!

ビタミンCには、メラニンを作る働きを抑えてシミを防ぐ効果、すでに出来てしまったシミを薄くする効果、美白効果もあります。

一般的には、ビタミンCは加熱すると栄養素が壊れてしまうと言われていますが、海苔に含まれるビタミンCは、なんと、焼いても栄養素が壊れないんです!

焼いても大丈夫、長期保存も出来る、最高。

海苔の凄さ、じわじわ来ますねー!

すっぽん小町の効果は?2年飲み続けて検証!

スポンサーリンク



意外に多く含まれるカルシウム

海苔はミネラルを豊富に含んでいるのですが、その中にカルシウムも含まれています。

魚には及びませんが、海苔からも不足しがちなカルシウムを手軽に摂ることが出来ます。

骨や歯を丈夫にし、骨粗鬆症予防にもなるカルシウム、積極的に摂取したいですね!

必要な葉酸も海苔で手軽に

葉酸、近年はとても大事な栄養素だと認識されるようになりました。

葉酸が不足すると赤血球が出来なくなり、貧血の原因にもなります。

また、葉酸不足は細胞分裂やDNAの形成に障害が出る可能性が!

なので、妊娠中の女性は自身と胎児の為に、普段の倍の葉酸を摂取する事が推奨されているんですね。

葉酸が多い食材と海苔を比較してみましょう。

  • モロヘイヤ 250μg
  • 枝豆    260μg
  • 豚レバー  810μg
  • 牛レバー  1000μg
  • 鶏レバー  1300μg
  • 海苔    1900μg

妊婦さんが1日に必要な葉酸は400μg

100g中の含有量、またまた海苔がずば抜けて多いですね!

知らなきゃ損な情報です!

とは言っても、焼き海苔は1枚約3gなので、葉酸が57μg摂取出来る計算。

1日の葉酸を全て焼き海苔で摂取しようとすると、全形サイズ8枚分ですね。

ただ、普通の食事からも葉酸を摂取出来るので、一日3~5枚程度を目安に食べるのが良いと思われます。

ちなみに、成人だと焼き海苔全形サイズ4枚で一日の葉酸摂取量200μgクリアとなります。

肝機能を高める注目のタウリン

海苔には近年注目されている栄養素、タウリンも含まれています。

タウリンはアミノ酸の一種です。

牡蠣(カキ)やイカ、たこ、あさりなどの貝類や魚介類に多く含まれます。

タウリンには肝臓の機能を高めたり、血圧を下げる、眼精疲労の回復などの効果があります。

スポンサーリンク


魚じゃないのにEPA?

海苔には、魚ではないのにEPA(不飽和脂肪酸)が含まれています!

EPAは「エイコサペンタエン酸」と呼ばれる脂肪酸のことで、血圧や血中コレステロールを下げる働きがあります。

また、生活習慣病の予防や中性脂肪の減少にも効果があります。

EPAは普通は魚に多く含まれているものなのですが、海苔にもけっこう含まれてるんですよ!

厚生労働省によると、1日のEPA推奨摂取量は、DHAと合わせて1000mg以上なのですが、海苔には100gあたり1200mgものEPAが含まれています。

ただ、DHAはほとんど含まれていないので、魚も食べましょうね。

海苔のたんぱく質はダイエット向き

美しい肌や髪の毛、爪を作るのに必要なたんぱく質が海苔には含まれています。

昔から、「海苔を食べると髪が伸びる」なんて言われていますよね。

海苔には100gあたり約40gものタンパク質が含まれています!

カロリーが低いので、低カロリーで高タンパク質な海苔は、まさにダイエット向け!な食材なんですね。

ロカボダイエット!棒寒天フレンチトースト&チョコナッツバーを作ろう

海苔の3分の1は食物繊維で出来ている

なんと海苔の約3分の1は食物繊維で出来ています。

食物繊維は腸内にいる善玉菌のエサとなって腸内環境を改善してくれます。

なので、便秘の改善に効果があるんですね!

海苔の食物繊維の含有量は、なんとゴボウの6倍!!

これまた、目からウロコの事実ですね。

ダイエットや子どもの便秘にもおすすめ!レーズンの栄養効果とは?

スポンサーリンク



カリウムでむくみ改善

海苔にはカリウムも多く含まれています。

カリウムには、体の余分な水分を排出する働きがあるので、むくみの改善に効果的です。

特に女性に嬉しい効果がたくさん海苔にはありますね!

私も海外生活で塩分を摂り過ぎてしまい、パンパンに体がむくんで困った時、カリウムを多く摂取したところ、すぐにむくみを改善できたことがありましたね。

SNSで話題のスレンダーメイクレギンスでむくみ改善?脚が細くなったか検証しました!

ダイエットに生酵素系サプリは効果あり?1か月で-2キロ達成しました!

海苔の食べ過ぎには注意!

ここまで、海苔の素晴らしい栄養効果をお伝えしてきましたが、いくら栄養があるからってどんな食材でも食べ過ぎはよくありません。

海苔の過剰摂取で気を付けたいのは、ずばり「食物繊維」です。

先ほどもお伝えした通り、海苔には食物繊維が豊富なので、胃腸の弱い方や子どもには注意が必要です。

赤ちゃんや子どもが下痢でおしりを痛がる時の原因と対処法は?

また、海苔に含まれる「ヨウ素」も、過剰摂取で甲状腺機能低下症になりやすくなると言われています。

でもこれは、1日に約50枚海苔を食べると上限を超える計算になるので、心配しなくても大丈夫そうですね。

スポンサーリンク


まとめ

海苔にはたくさんの栄養があることがわかりました。

  • 血圧やコレステロールを下げる
  • 動脈硬化の予防
  • 骨粗鬆症予防
  • 生活習慣病の予防
  • 中性脂肪の減少
  • むくみや便秘、腸内環境の改善
  • 貧血の予防・改善
  • 疲労回復
  • 美肌・美髪・アンチエイジング効果

などなど。

海苔は1日2枚で医者いらずは本当でした。

ぜひ積極的に日々の生活に海苔を摂り入れていきましょう!