一汁三菜やめました。夕食のメニューをもっと簡単に考えよう!

こんにちは、maryです。

「今日の夕食何にしよう?」

栄養のバランスなどに配慮し、毎日献立を考えるのってなかなか大変ですよね。

作るのもまた一苦労。

小さい子どもがいたり、お仕事をしている方だと尚更!

本当に皆様、毎日お疲れさまです。

ごはんを作るってすごいことです。

自分や家族の体を作っていることになりますからね。

ところで、日本では昔から「一汁三菜」と言われています。

汁もの一つ、副菜三つ

お料理が好きで得意な方ならなんてことないことだと思います。

私はどちらかと言うと料理が苦手!

毎日何品も作れるほど要領も良くないし、小さい子どもが二人いて、思うように料理が進みません。

スポンサーリンク

なぜ「一汁三菜」になったのか?

献立は基本的に「一汁三菜」が良いと日本では昔から言われてきました。

その由来を調べてみると、そもそも一汁三菜は神様へのお供えであって、公家が食べるハレの日の料理だったそうです。

それがいつの間にか「和食の基本」というようになったわけです。

また、アメリカの食文化が入ってきたことで、豊かな食卓の風景が庶民の憧れとなり、主婦は料理学校に通って、覚えた料理を家で披露して…と、家庭料理のハードルがだんだんと上がり、それが今の日本の食卓となっているようです。

スポンサーリンク


毎日一汁三菜作るのって大変!

毎食おかずを三つ作るって大変なことです。

今冷蔵庫に何が入っているか思い出して、献立を考えて、バランスも考えて、作る手順を考えて、作る時間や体力が必要で。

一汁三菜、けっこうプレッシャーですよね。

私は気にしないことにしました。

それでも、やっぱり栄養のことを考えたり、テーブルにはおかずがたくさんあったほうが豪華だし、食欲もわくし、そうしたいなーという思いはずっとありました。

そんな時、出会っちゃったんです!

「一汁一菜」という考え方

一汁一菜でいいの?

ごはんを炊いたら、あとは具だくさんのお味噌汁を作れば十分というもの。

目の前がパァ~っと明るくなりました!

最低限、ごはんを炊いて、具だくさんのお味噌汁を作る。

それにメーンとなるお肉料理や焼き魚なんかを作って、漬物とかあればそれを出して。

「これなら出来る!」

というより、考え方を変えただけのような気もしますが、これでハードルがぐっと下がります。

一汁の中に栄養がたっぷり詰まってる

栄養の面ではどうでしょう?

具だくさん味噌汁なわけですから、そこに栄養がぎゅっと詰まっています。

お味噌汁の素晴らしさ、栄養の高さについては皆さんもご存じのことと思います。

基本はごはんとお味噌汁。

毎食これだけでも、ちゃんと健康を維持できるそうですよ。

スポンサーリンク



一汁一菜生活、始めました

というわけで、早速一汁一菜生活を始めてみました。

具沢山味噌汁を作るようになって、「今日は何を入れてみよう?」とアレンジを楽しめるように。

豚汁かあら汁が定番です。

いいお出汁が出て本当に美味しい!

料理が下手でも、失敗することは少ないですよね。

そこがお味噌汁のいいところ(笑)。

あら汁の補足

お魚は、ブリか鮭が多いです。

スーパーのお魚コーナーの端っこにある切り落としコーナーで探すんです。

安くて美味しくて言うことないです。

他のお魚も試しましたが、ブリと鮭は本当にいいお出汁が出て美味しいです。

私に変化が!

まず、お料理をすることが、前ほど面倒だと思わなくなりました。

献立を考える必要がなくなったことと、作る時間も短くて済むようになったことが大きいと思います。

むしろ、今日はどんなお味噌汁を作ろうかな?と楽しみにできるようになり、メーンのおかずも、新しいメニューに挑戦してみようかな?という気持ちになれたり、作る手間暇も苦じゃなくなりました。

具たくさん味噌汁のおかげで体調も良くなったんです。

お通じが良くなったり、冷え性も改善されてきました。

家族にも変化が!

一番は、時間的にも精神的にも、作る私に余裕が出来たことで、子どもたちと関われる時間が増え、子どもたちが喜んでいることです。

あれもこれも作らなきゃ!と頑張っていた頃。

隣で「僕が切るー!僕が混ぜるー!」と張り切る4歳。

時間がないけど、手伝ってもらい、危なっかしかったりこぼしたり。

キッチンで足にしがみついて泣く1歳もいる。

こちらはおんぶしてみるけど、暴れん坊。

手を伸ばして電子レンジ開けたり、ふとした瞬間に包丁に手が伸びていたり。
と、なかなかハードでした。

これが一汁一菜になってから、例えばお昼の子どもたちが落ち着いている時間帯やお昼寝中に野菜を切っておいたり、時間があればもう全部作っちゃって。

ごはんも一回に4合とか、多めに炊いちゃって。

そしたら夕方何もしなくていいんです!

あとは温めたりチンして出すだけ。

スポンサーリンク


朝食と昼食は?

朝と昼もそれが出来たらいいんですけどね、まだそこまでには至ってません(笑)。

汁ものは、朝は残りの味噌汁を出すこともありますが、たいてい牛乳やスープ。

昼も同じ。

我が家の一週間の夕食メニュー例

月曜: 豚汁、肉野菜炒め、ピーマンじゃこ

火曜: (前日の)豚汁、サバの味噌煮、ポテトサラダ

水曜: あら汁、親子丼

木曜: (前日の)あら汁、コロッケ、もやしサラダ

金曜: カレーライス

土曜: ベーコン味噌汁、お刺身、ほうれん草のお浸し、バターコーン

日曜: (前日の)ベーコン味噌汁、焼肉

こんな感じです。

これに毎日、トマトと漬物、キムチがある時はキムチが加わります。

見ておわかりの通り、汁ものは一度に二日分作ります!

金曜日はだいたい楽するデーでカレーライスのことが多いです。

一汁一菜ではない日もあるのは、これを意識するようになって、一汁三菜の重圧がなくなり、料理が楽しく、時間を上手く使えるようになったからです。

あと、コロッケはスーパーのお惣菜コーナーで買った出来合いです(笑)。

スポンサーリンク



最後に

毎日献立を考えるのが大変だと思っている方。

お仕事をされていて忙しい方。

小さい子どもがいて思うように料理が進まないという方。

試しに「一汁一菜」にしてみてはどうでしょう?

きっと気が楽になり、負担も減り、でも栄養はたっぷり。

美味しい具たくさん味噌汁は幸せの味がして、心も体も温まります。

この記事が、あなたのお役に立てますように。