スケルトン階段とボックス階段、どっち?メリット・デメリットまとめ

こんにちは、maryです。

モデルルームに行くと憧れるスケルトン階段。

今はおしゃれなスケルトン階段を採用する人が増えてきました。

我が家の場合、スケルトン階段が絶対いい!という旦那と、ホコリや安全面、収納のことを考えると普通のボックス階段がいい!という私で意見が分かれました。

結局スケルトン階段にすることにしたのですが、今回はボックス階段と比較して、それぞれのメリット・デメリット、注意点や対策などをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

スケルトン階段とは?

スケルトン階段とは、踏み板とそれを支える骨組みだけで作られた階段のことを言います。

段と段の間の「蹴込み板」がないので、「オープン階段」、「シースルー階段」と呼ばれることもあります。

壁に囲まれたボックス階段より解放感があっておしゃれなのが写真からもお分かりだと思います。

近年はリビング階段が主流になってきているので、そこにスケルトン階段はとても相性が良いです。

リビング階段は、リビングを通らないと二階に行けないということで、家族とのコミュニケーションが増える、子どもの様子がわかりやすいなどというメリットがありますよ!

スポンサーリンク

ボックス階段のメリット・デメリット

こちらはよく見る階段ですね!

これをボックス階段と一般的に呼びます。

階段の両側が壁や腰壁にしたもので、コの字型のことが多いです。

ボックス階段のメリット

  • 階段下を収納にできる
  • スケルトン階段に比べて安全(蹴込み板がある為)
  • スケルトン階段に比べて掃除がしやすい(埃が舞ったり落ちにくい)

何と言っても安全で収納を作れる!

これが主婦目線、子どもがいる家庭には大きなポイントですよね。

ボックス階段のデメリット

  • コの字型の場合、コーナーで転びやすい
  • スケルトン階段と比べるとおしゃれさに欠ける
  • 電気を付けないと暗い場合がある

さっきはメリットで安全と書きましたが、特にコの字型の場合はコーナーで足を踏み外して転びやすいという面があります。

という私は、ストレートのボックス階段(二階までまっすぐ登れる)の実家で育ったのですが、やはり数年に一度は足を踏み外して何段か落ちたことがあります。

どんな階段でも、安全とは言い切れないということですね。

必ず手すりをつかんで、気を付けて上り下りしましょう(笑)。

スケルトン階段のメリット・デメリット

次にスケルトン階段のメリットデメリットについてです。

スケルトン階段のメリット

  • 圧迫感がなく開放的
  • おしゃれ
  • 光を遮らない
  • 空気が循環する

スケルトン階段は、吹き抜けとセットで作られることが多いです。

その為、天井も高く開放感があり、やはりおしゃれということが最大のメリットだと思います。

デザインも様々なものがありますので、取り入れたいという方は夢が膨らみますね!

スケルトン階段のデメリット

  • 蹴込み板がないので、誤って深く踏み込んだ時に怪我をしてしまう可能性がある
  • 子どもが隙間から落下してしまう可能性がある
  • 子どもが階段にぶら下がったりと危ない遊びをする可能性がある
  • 手すりの隙間から子どもが落下する可能性がある
  • 階段の角に頭をぶつけてしまう可能性がある
  • 階段のホコリが踏板の隙間から落ちてくる
  • 階段下に収納を作れない
  • 階段下に置くものが制限される(斜めになっている為)
  • 年頃の女の子や女性のお客様が階段を上り下りする時に気をつかう(スカートを履いている時)
  • エアコンの効率が悪く冬は寒い可能性がある
  • ボックス階段に比べてコストがかかる

書いてみるとスケルトン階段のデメリットがとても多いですね。

デメリットはあるものの、対策はあります。

小さい子どもがいる場合でスケルトン階段を採用している方は、安全対策として、手すりや階段の段の隙間にネットを付けて落下しないようにすることが出来ます。

空調の効率という面では、高断熱の家にすればあまり関係ないそうです。

我が家も高断熱の家だから、スケルトン階段で吹き抜けを作っても冬温かいですよ!と言ってもらえました。

実際にどうかは家が出来て住んでみてからまたご報告しますね!

スポンサーリンク

半オープン階段という選択

このように、階段は蹴込み板があるけど、片側に壁がない半オープン階段にすることも出来ます。

こうすることで、階段下に収納を作れたり、解放感を作り出せるので、こちらも検討してみるのも良いかもしれませんね!

我が家はスケルトン階段に決定

どうしてもスケルトン階段にしたい旦那に合わせて、我が家はスケルトン階段を採用することになりました。

吹き抜けもあるしで、手すりの隙間から落ちないかな?

怪我しないかな?娘が大きくなった時気にしないかな?

ハウスダストのアレルギー一家なのにホコリ大丈夫かな?

と色々心配がありましたが、手すりの隙間の心配は、手すり下にガラスをはめ込むことで解決(コストは高くなりますが)。

怪我やスカートの中が見えるのでは?という心配は、実際にショールームなどのスケルトン階段で体感、研究?して納得。

ホコリ対策はルンバを購入して助けてもらおう、ということにしました。

最後に

家づくりではどうしても家族で意見が合わないこともあると思います。

我が家も階段問題は主人と意見が分かれ、どちらも譲らず一番苦労しました。

どのような家にしたいのか、どのような暮らしがしたいのか、メリット・デメリットを話し合ってみると良いですね。

参考になることを願っています。