札幌清田バッティングスタジアムは子どもも楽しめる?何歳から?

こんにちは、maryです。

子どもが野球に興味を持つようになり、初めてバッティングセンターに行ってきました。

バッティングセンターと聞くと、大人が行くところというイメージがありましたが、子どもも楽しめます。

営業時間や料金は?道具の貸し出しはあるのか?子どもは何歳から楽しめるのか?

今回は札幌市清田区にある清田バッティングスタジアムについてお伝え致します。

スポンサーリンク

札幌清田バッティングスタジアム情報詳細

清田バッティングスタジアムは屋内型の施設なので、天候に関係なくオールシーズン利用することが出来ます。

昔からあるこのバッティングセンターは、野球好きな子どもや大人、男女関係なく市民に愛され、気軽に利用できることもあり、今でも利用者はたくさんいます。

所在地:札幌市清田区清田1条1丁目6-36

営業時間:平日10:00~24:00、土日祝9:00~24:00

定休日:元旦

駐車場:あり

料金:1ゲーム25球、300円

まずアクセスですが、36号線沿いにあるのでとてもわかりやすいです。

札幌方面から来ると左側にあります。

駐車場も余裕があるので、停められないということはないでしょう。

利用するには券売機でプリペイドカードを購入する必要がある

料金は、券売機でプリペードカードを購入する形式になっています。

多いゲーム数のカードを買う程、一回当たりの料金が安くなるので、利用する頻度に合わせて購入すると良いでしょう。

1ゲーム券      300円
5ゲーム券   1,000円 1ゲームあたり200円
12ゲーム券   2,000円 1ゲームあたり166円
20ゲーム券   3,000円 1ゲームあたり150円
40ゲーム券   5,000円 1ゲームあたり125円
100ゲーム券 10,000円 1ゲームあたり100円

スポンサーリンク

速さを選べるバッティングプレー

券売機でカードを購入すれば、すぐにバッティングプレーを楽しむことができます。

時速65km~130kmまで7打席あり、どれもハイビジョン映像システムを導入しているので臨場感さながらに、リアルなバッティングを楽しめます。

曜日や時間帯、コースによっては先に利用している人がいれば待ち時間が発生しますが、1ゲーム25球の交代制なので、長時間待つということはありません。

子どもや初心者は65kmから始めてみよう

一番左側にあるのが時速65kmの両打席。

6歳の息子が初体験しました。

扉の中に入ると、貸し出し用のバットやヘルメットがあるので、野球道具を持っていなくても大丈夫!

プリペードカードを差し込めばゲームが始まります。

※上の写真では大人も一緒に中に入っていますが、初めてだったのでゲームが始まるまでのお手伝いで入っていました。

ゲーム中は安全の為、プレイする人以外は外に出ることになっています。

ヘルメットの着用も忘れずに!

スポンサーリンク

野球初心者の子どもでも打てるのか?

野球を休みの日に何回か練習したことがある程度の息子。

初めてのバッティングセンターでのプレイでした。

やはり球が速いようで、慣れるまでに少し時間がかかりましたが、1ゲーム25球中、3球くらいはバットに当てることが出来ました。


追記:それから何カ月か後、2度目のバッティングプレーでは、初回の2倍は球が当たるようになっていました。

当たるとやはり楽しいようで、何度もプレーし練習していました。

バッティングプレーは何歳から楽しめるか?

今回、6歳の息子がバッティングに挑戦しましたが、子どもや初心者向けの一番ゆっくりな65kmでも、子どもにはかなり早く感じることでしょう。

また、バッティングをする立ち位置から動かずにいられるか。

そこも重要となってきます。

プレーが始まれば早い球が次々と打たれてきますから、動いてしまったり、バッティングの仕方によっては球に当たってしまうことがないとも言い切れません。

なので、そのことをきちんと理解できる年齢であることがまずバッティングプレーを出来るかどうかの基準になってくると思います。

あとは、野球が好き、バッティングの経験があるとバッティングセンターでのバッティングプレーを楽しめるでしょう。

札幌ドームで子連れ野球観戦!おすすめの席はどこ?必須アイテムは何?

待合室も充実でゆっくり過ごせる

それぞれの打席の前にもベンチやテーブルが置いてありますが、漫画がたくさん置いてある休憩室も設けられています。

飲み物だけではなく、お菓子の自動販売機もあります。

種類豊富なソフトクリームを注文することも出来ます。

壁には歴代のホームランランキング表があり、凄腕プレイヤーたちの名前がずらりと並んでいます。

野球が好きな人ならぜひここに名前が載ることを目指してみたいですね!

スポンサーリンク

2階ではバッティング以外も楽しめる

階段を上り、2階へ上がるとまた違った雰囲気。

ピッチングプレーを楽しむことが出来ます。

ピッチングプレーの料金や遊び方

ピッチングプレーは1ゲーム12球

料金は、1ゲーム200円、2ゲーム500円、5ゲーム1,000円となっています。

ZONE 1

パネルが指定した番号に当てるゲームです。

当てるとストライクとなり、当てた回数によってバッティング回数券がもらえます。

  • 6ストライク:バッティング4回券
  • 7ストライク:バッティング10回券
  • 8ストライク:バッティング21回券
  • パーフェクト:バッティング33回券

ZONE 9

1から9の、どの的に当ててもOKで、ストライクとなります。

  • 6球まででビンゴ2列:バッティング1回券
  • 6ストライク:バッティング1回券
  • 7ストライク:バッティング3回券
  • パーフェクト:バッティング16回券

子どもが投げるには距離があって難しいと思いますが、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スーパーバスケットボールの料金や遊び方

スーパーバスケットボールは1階にあります。

1ゲーム200円、50秒

9つのゴールにボールを全て入れることが出来たら、パーフェクト賞としてバッティング2回券がもらえます。

スポンサーリンク

元プロ野球選手の指導も受けられる!

清田バッティングセンターでは、北海道出身の元プロ野球選手、東京ヤクルトスワローズで活躍した「高梨利洋さん」から個人レッスンを受けることが出来るんです!

その名も、「高梨利洋野球塾」。

興味のある方は、札幌清田バッティングセンターのホームページに詳細が書いてありますので見てみて下さいね。

最後に

野球が大好きな6歳の息子は、幼稚園でも毎日野球をし、週末は公園で練習をし、と野球のことで頭がいっぱい。

日に日に上達はしているものの、バッティングセンターでのピッチングは、まだ早い球に慣れず、「もっとやりたい!」「また行きたい!」という気持ちにはつながりませんでした。

しかし、いい経験にはなりました!

子どもだけに限ったことではありませんが、何事もチャレンジしてみること!何事も経験が大事!だと思っています。

清田バッティングセンターはスタッフの方も気さくで親切です。

ぜひストレス発散に!親子で楽しみに!カキーンと一発打ってみませんか?

清田バッティングスタジアムでストレス発散の後は竹山高原温泉でリラックス♪