お好み焼き粉とたこ焼き粉の違いは?それぞれ代用できる?コツは?

こんにちは、maryです。

お好み焼きとたこ焼きって、中に入っている具材や焼く形は違うものの、生地の味やソース・マヨネーズなどをかけて食べるところなんかも似ていますよね。

となると、お好み焼き粉とたこ焼き粉の違いって何なのでしょうか?

それぞれ代用できるのでしょうか?

この記事では、成分の違いや代用する際のコツや注意点、また、専用の粉がない場合の作り方についてもお伝え致します。

ペペロンチーノとペペロンチーニの違い、知ってますか?

スポンサーリンク

お好み焼き粉とは?

お好み焼き粉は、お好み焼き専用のミックス粉。

お好み焼き粉の主な全材料は、

  • 小麦粉
  • 食塩
  • 糖類
  • 昆布粉末
  • かつお節粉末
  • かつおエキス
  • ベーキングパウダー
  • 調味料(アミノ酸等)
  • 増粘剤

特徴としては、出汁がしっかりと入っていて旨味が凝縮されていること。

それから、増粘剤や、メーカーによっては山芋粉が入っていることによって、フワッとしたした焼き上がりになること。

お好み焼き専用の粉を使うことによって、家庭でも簡単に美味しくお好み焼きが作れます。

ハンバーグに入れる玉ねぎは炒めない!生地は丸めない!の簡単時短レシピ

ハロウィンにおすすめ!【どっきり指ウィンナー】は炒める・ボイル、どっちが正解?

スポンサーリンク

たこ焼き粉とは?

たこやき粉は、たこ焼き専用のミックス粉。

たこ焼き粉の主な原材料は、

  • 小麦粉
  • 食塩
  • 糖類
  • 昆布粉末
  • 粉末しょうゆ
  • かつお節粉末
  • かつおエキス
  • 調味料(アミノ酸等)
  • ベーキングパウダー

特徴としては、ベーキングパウダーによって外側はパリッと、内側はとろっとした焼き上がりになること。

出汁に関しては、こちらもお好み焼き粉と同様、昆布粉末やかつお節粉末などが入っていて、さらに粉末しょうゆが加わって旨味たっぷりです。

お好み焼き粉とたこ焼き粉の違いは?

ここまでわかったように、お好み焼き粉とたこ焼き粉の原材料はほとんど一緒です。

違う点を挙げるとすれば、お好み焼き粉には増粘剤、たこ焼き粉には粉末しょうゆが入っていること。

山芋粉に関しては、入っているかどうかはメーカーによりますね。

それから、原材料はほとんど一緒でも、それぞれの原材料の配合されている量が違います

その点が大きな違いだと言えます。

寿司はねの由来と焼きのりの違いは?知ると楽しい海苔の世界

スポンサーリンク

お好み焼き粉とたこ焼き粉は代用できる?

原材料もほぼ同じということで、お好み焼き粉でたこ焼き、またはたこ焼き粉でお好み焼きを作ることが出来るんです!

何点か注意すれば、それぞれの代用は本当に簡単です。

では、代用する際のコツや注意点をまとめたいと思います。

たこ焼き粉でお好み焼きを作る時のコツや注意点

たこ焼き粉でお好み焼きを作る際に注意することは、分量通りに作ると生地がゆるく、焼く時に形が崩れやすくなってしまうということ。

なので、少し粉を多め、または水を少なめに調節するのがポイント!

あとは同じように焼けば見た目はお好み焼きそのものに仕上がります。

味は、たこ焼きよりのお好み焼き(笑)。

トロッとモチッとした新食感のお好み焼きで、個人的には好きで気に入っています。

手作りカレールーの簡単レシピ!小麦粉なし添加物なし健康に良し!

お好み焼き粉でたこ焼きを作る時のコツや注意点

お好み焼き粉でたこ焼きを作るには少し注意が必要です。

まず、お好み焼き粉はたこ焼き粉と比べて膨らみやすいということ。

次に、お好み焼き粉の分量通りに作った生地でたこ焼きを作ると、固めの生地になってしまうということ。

なので、水分を調節して生地をゆるめにするのがポイント!

つまり、粉を分量よりも少し少なめにする、もしくは水の量を増やして、ゆるめの生地にすること

これがお好み焼き粉でたこ焼きを作るコツと言えます。

そうすることで、食感は少し違ってもお好み焼き粉で美味しいたこ焼きが作れますよ!

山芋が多く入っているものだとモチッと、そうではなくても、お好み焼きよりのたこ焼きという感じで(笑)、フワッとしたたこ焼き。

それはそれで美味しいです。

スポンサーリンク

お好み焼きやたこ焼きを専用の粉なしで作る方法

それでは、お好み焼き粉もたこ焼き粉もない場合に、家にあるもので代用できるのでしょうか?

答えは、Yes

シンプルに考えれば、小麦粉や片栗粉など、どの家庭にもあるもので代用出来ちゃうのです。

代用方法その1.薄力粉+粉末出汁

お好み焼き粉やたこ焼き粉の代用となる粉を作るのに一番おすすめなのは、薄力粉に粉末出汁を加える方法です。

粉末出汁の代わりにだし汁でもいいですよ!

お好み焼きを作る場合は、すり下ろした山芋を入れるとより美味しく出来ます。

たこ焼きを作る場合は、山芋を入れない方がいいですね。

そしてどちらも揚げ玉を入れると風味がアップするのでおすすめです!(専用の粉を使う場合も同様)

代用方法その2.片栗粉+粉末出汁

片栗粉でも、薄力粉の場合と同じように、片栗粉に粉末出汁やだし汁を加えることで生地を作ることができます。

片栗粉で作るとモチモチとした食感に仕上がります。

お好み焼きではそんなに支障がないのですが、たこ焼きを作るには、固まりにくく時間がかかるので、おすすめ出来ません。

なので、たこ焼きを作る時は、薄力粉で代用しましょう!

代用方法その3.山芋+粉末出汁

たこ焼きには向きませんが、すりおろした山芋と粉末出汁でお好み焼きを作ることが出来ます。

すりおろした山芋+粉末出汁、それに卵と水、あとはキャベツ、その他お好みの具材を入れて焼くだけ!

ふわふわの生地に仕上がり、山芋は栄養もあるので健康にもいいですね!

レーズンの効果が凄すぎる!ダイエットや子どもの便秘にもおすすめ!

「医者いらず」な食べ物やことわざの由来、栄養効果まとめ

最後に

お好み焼き粉とたこ焼き粉の違いの他に、専用の粉なしでお好み焼きやたこ焼きを作る方法をご紹介しました。

専用の粉には添加物等が入っているので、その分簡単でより美味しく作ることが出来るのですが、薄力粉や山芋で作ると添加物なしで作ることが出来るので、添加物が気になるという方にはおすすめです。

専用の粉がなくても何とかなるもんですね!

次回は実際にたこ焼き粉でお好み焼きを作った時のレポートをしますね。

そちらもぜひご覧下さい!

たこ焼き粉でお好み焼きを作ってみた!上手に作るポイントは?