宇治茶が人気の理由は?歴史と伝統、美味しい入れ方について

こんにちは、maryです。

前回、緑茶や番茶やほうじ茶の違い・効能などについてお伝え致しましたが、今回はその中でも人気の宇治茶にフォーカスしてみたいと思います。

日本茶から始まる宇治茶の歴史や伝統、名産地、また、宇治茶の美味しい入れ方についてもお伝え致します。

ぜひ、最後までご覧ください。

緑茶・煎茶・番茶・ほうじ茶・玉露・抹茶の違いと効能や効果は?

スポンサーリンク

日本のお茶の歴史

日本でお茶栽培が始まった時期については諸説あり、もっとも有力なのは平安時代初期

天台宗を開いた最澄が、「チャノキ」を中国から持ち帰って栽培したのが起源とされています。

しかし、この当時、広まったのは上流階級の人に過ぎず、庶民が日常的に飲むようになるほどには浸透しませんでした。

その後、鎌倉時代に、臨済宗を開いた栄西が中国から再び「チャノキの種」を持ち帰ります。

栄西は茶に関する書物を書くなどして、茶の普及に熱心でした。

その結果として、京都のお寺などでお茶が盛んに栽培され、お茶の栽培が日本に定着するようになりました。

そして武家の社交の場にお茶が出されるようになっていきました。

江戸時代には、宇治や静岡、狭山(埼玉県)でのお茶栽培が拡大し、産地としての地位を築いていきました。

また、現在の宮崎県や鹿児島県などでは、藩がお茶の栽培を奨励していたそうです。

「煎茶の祖」永谷宗円

1738年に宇治(京都府)の永谷宗円(ながたに そうえん)が、「宇治茶手もみ製茶技術(宇治製法とも)」という新しい製法の煎茶を考案しました。

現在では一般的な技術である「宇治茶手もみ製茶技術」は、当時は画期的なもので、これをきっかけに、上流階級に愛飲されていたお茶というものが、庶民の嗜好品としても広く浸透していったのでした。

それもあって、永谷宗円は「煎茶の祖」と呼ばれています。

スポンサーリンク

日本茶の名産地、生産量が高いのはどこ?

現代の日本茶の三大産地は、静岡県・鹿児島県・三重県です。

また、日本でお茶の生産量が多いのは、1位が静岡県、2位が鹿児島県、3位が三重県。

ちなみに、京都府は全国5位なんだそうです。

日本三銘茶とは?

日本茶の三大銘柄をあらわす「日本三銘茶」。

これは、静岡県の「静岡茶」、京都府の「宇治茶」、埼玉県の「狭山茶」のことを言います。

ただ、狭山茶は生産量が少ないので、狭山茶の代わりに生産量が全国第2位の鹿児島県の「知覧茶(かごしま茶)」を三銘茶とすることもあります。

スポンサーリンク

宇治茶とは?

日本三銘茶の一つ「宇治茶」は、主に京都や宇治田原で生産・加工されたお茶のことを言います。

特に、玉露やてん茶、抹茶など、高級なお茶の生産、栽培が盛んです。

宇治茶の歴史

宇治茶の産地である「宇治田原」は緑茶の発祥の地。

宇治田原という恵まれた土地での茶葉の栽培、それから「茶の湯」に代表される上流階級の文化にお茶が必需品だったこと、そして先ほどもお伝えしました「煎茶の祖」永谷宗円による技術の発明、宇治周辺のお茶文化が発展していったのでした。

「ハートの町」宇治田原

緑茶発祥の地、宇治田原は「ハートの町」としても知られています。

正寿院(しょうじゅいん)の客殿にある猪目窓(いのめまど)がハートの形をしていて、そこから見える景色は春夏秋冬どれも美しく、「幸せを招く窓」として注目を集める人気のスポットとなっています。

スポンサーリンク

ブランド化された宇治茶

宇治茶は商標登録によりブランド化されているんです!

宇治茶の定義は3つ。

  1. 京都・奈良・滋賀・三重で栽培されたものであること。
  2. 京都府内で製造・加工されたものであること。
  3. 京都府産の茶葉を優先すること

この3つの定義によって「ブランド化」され、香り高い風味と、歴史・伝統のある宇治茶、これが人気の理由と言えます。

宇治茶の独自製法「手もみ製茶技術」とは?

昔は中国流に、茶葉を釜で炒って日光で乾燥させる「釜炒り茶」が主流でしたが、永谷宗円による「宇治茶手もみ製茶技術」の技術が生まれたことによって、それは全国に広まっていきました。

平成21年には、「宇治茶手もみ製茶技術」は京都府の「無形民俗文化財」に指定されました。

伝統が今もなお受け継がれているんですね。

「宇治茶手もみ製茶技術」作業の流れ

  1. 蒸し   :十分な蒸気で均等に蒸す
  2. 茶切り  :茶葉を素早く均等に振り落とす(約25分)
  3. 横まくり :転がしてもむ(約1時間30分)
  4. 玉解き  :塊をほぐす(約5分)
  5. 中上げ  :冷やして水分を均一にする(約10分)
  6. 茶揃え  :「もみきり」「片手まくり」というもみ方を交互に行う(約30分)
  7. でんぐり :左右交互にもむ(約20分)
  8. 板ずり  :板を使ってもむ(約50分)
  9. 乾燥   :薄く広げ乾燥させる(約40分)

工程8の「板ずり」は、宇治製法だけにみられる最終仕上げのもみ方です。

これをすることによって、色艶や香りが良くなります。

スポンサーリンク

美味しい宇治茶の入れ方

まず、宇治茶の新茶の時期は4月下旬〜5月上旬頃です。

ちなみに2番茶は6月中旬~7月上旬頃、3番茶は7月中旬~8月下旬となるのですが、やはり新茶が一番美味しく、効能も高くなるのでおすすめです。

急須で入れる場合

  1.  沸かしたお湯で急須と湯のみを温める
  2. 急須に茶葉を入れる(1人あたり2~3gが目安)
  3. 60~70℃のお湯を急須に注ぐ(1人あたり50ml)
  4. 1~2分待つ
  5. 人数分の湯のみに回し注ぎ、最後の一滴まで注ぎきる

これが基本の入れ方になりますが、茶葉の量や抽出時間はお好みで調節してみましょう。

ちなみに、2煎目はお湯の温度を少し上げて、抽出時間を短くするのが美味しく入れるポイントです。

水出し茶

宇治茶の煎茶は、冷たくしても美味しいのでおすすめです。

冷水ポットの場合は、水1Lに対して茶葉10~15gを入れ、冷蔵庫で3時間ほど冷やします。

急須で入れる場合は、1人あたり4~5gの茶葉と70~80℃のお湯を急須に入れ、1~2分ほど待ったら、氷を入れたグラスに注いで出来上がり。

簡単なのでぜひ水出し茶も入れてみて下さいね!

スポンサーリンク

最後に

日本茶の歴史に始まり、私も大好きな宇治茶についてお伝え致しました。

前回の記事にもあったように、お茶の効能は素晴らしいので、毎日飲みたいくらいですね。

宇治茶の新茶の時期である4月下旬〜5月上旬頃、ぜひ新茶を手に入れて飲んでみて下さい!