新築のマイホーム建築で木材にカビを発見!原因と対処法は?

こんにちは、maryです。

先日建築中のマイホームの中を見せてもらった時の話です。

家の中も柱が立ったりとだいぶ間取りがわかるようになっていました。

そんな中で建築木材に見つけてしまったんです…

カビ!!!

今回はその状況と、建築木材になぜカビが生えるのか、カビが生えた木材を使われない為の対処法をお伝え致します。

スポンサーリンク

マイホームの建築状況

外観はこんな感じで、外壁はまだ貼られてはいないものの、YKKのブロンズ窓も、同じくYKKさんの玄関ドアも付いてだいぶ家らしくなりました。

今年は雪が少ないので、その時期に工事を進められたことは嬉しいですし、毎日寒いのにそんな中頑張って下さっている大工さんたちには感謝の気持ちでいっぱいです。

でもでも…

ノボパンの性能は?外壁なしの状態で雨や雪が降っても大丈夫なのか?

スポンサーリンク

建築木材にカビを発見

家の中に入って、2階の主寝室の窓付近をみていたところ、木材が何やら黒っぽい。

これって、どうみてもカビ。

(↑の写真はこんな感じだったという参考の写真です)

担当の方に話してみたところ、「あー…これですねー」っていう感じで、そのままの流れで大工さんに「これなんですけどー」と伝えてくれました。

すると、大工さんは「泥かな?いや、これはダメだね」と言ってすぐさま打ち付けてあったビスをはずして、その部分の木材を取ってくれました。

その場ではほっとしたものの、もしかしたらこういう箇所が他にもたくさんあるのかも!?と思ったのです。

もうボード?で木材が隠れて見えない箇所もあったから、今更わからない。

建築木材にカビが生えることはよくある!?

後日、担当の方と打ち合わせの時に、「この間のような木材のカビってよくあることなんですか?」と聞いてみました。

すると答えはこうでした。

  • 建築木材にカビが生えることはよくあること
  • 現場ではいちいちカビが生えていないかチェックはしないもの
  • カビが生えていても乾燥していれば大丈夫
  • カビが生えていても内側も外側も覆われるのでカビが表に出てくることはない
  • 木材のカビが家に影響を及ぼすことはまずない

とのこと。

実は担当の方も若い頃に型枠大工をしていたことがあるそうで、なので詳しかったというわけです。

そういうもんなのかー。

それなら仕方ないと思うことにしました。

とりあえず、これはないよね?というカビだらけの木材はその日外してもらえたので、1カ所だけだとしても気付けて良かったです。

なぜ大事なマイホームに使う木材にカビが生えるのか?

では、なぜ一生に一度の高価な買い物と言えるマイホーム建築に使われる木材にカビが生えてしまうのか?

それは、現場で生えるのではないそうです。

(木材を保管するのにしっかりシートなどで覆わず、雨にずっとさらされてカビが生えるという状況はあり得ますが)

建築木材のカビは、ほとんどは木材を扱う業者の工場内で保管している間に発生するとのこと。

なので、発注して納入された時にはすでにカビが生えている。

それでいいの?と素人ながらに思うのですが、この業界ではそういうものなんだそうです。

カビが生えた木材を建築に使われない為の対策は?

では、自分たちの建てているマイホームにカビの生えた木材を使われない為にはどうしたらいいのか?

強気な方法としては、ハウスメーカーの担当と大工さんに「カビの生えた木材は絶対に使わないで下さい」と最初に伝えておくという方法。

でもこれってちょっと言いにくいかもしれません。

それならばこの方法。

「まめに現場を見に行ってチェックする」

これが大事です。

私も「現場にはまめに行って見てきた方がいいよ!」と知り合いに言われていたのですが、今回の件があって、こういうことか!と納得しました。

スポンサーリンク

最後に

何かあってから、見えなくなってからじゃ遅いこともあります。

知らなきゃ知らないでいいかもしれません。

でも知っちゃってどうにも出来なかったら悲しいですよね。

マイホームトラブルなんてうちには縁がないでしょ!なんて思っていたのですが、この後色々ありました。。。

それはまた後日お話しますね!