マンションのベランダでプール遊びはOK?蛇口がない場合の対処法

こんにちは、maryです。

小さい子どもがいると、夏にしたい遊びの一つに水遊びがありますよね!

子どもって本当に水遊びが大好き!

暑い日は大人も一緒にバシャバシャ楽しみたいものです。

我が家はマンション暮らし。

一軒家やマンションの一階で庭付きであれば、お庭でプールを出して遊ぶのは問題ありませんが、そうではないと、水遊びをしていいのか、迷いますよね。

今回はそんな時に参考にしていただきたい我が家の対策をお話致します。

スポンサーリンク

マンションのベランダで水遊びをしていいのか?

そもそもマンションのベランダで水遊びをしていいのか?

気を付けなくてはいけないのは、

  • 子どもが大きな声を出して周りのお家に迷惑をかけないようにすること
  • ベランダからおもちゃや水を落とさないようにしなくてはいけないこと

それから、マンションの規約にも書いてあるのですが、ベランダの排水溝に大量の水を流し込んではいけないということ。

これが一番の問題です。

スポンサーリンク


他のお宅はどうしているのか?

実際のところ、マンションに住んでいてプール遊びをしているお家、たくさんあるんです。

排水はどうしてるんだろう?

聞いてみました。

すると、最初の頃は、遊び終わったらバケツで水を洗面所やお風呂場まで運んで捨ててたけど、大変だから、少しずつベランダの排水溝に流してる、とのこと。

なるほど。一気に流し込まなければ、ベランダの排水溝に水を流してもいいのか?!

雨の日も一緒ですもんね(量が違うか)。

でもやっぱりそれでいいのか気になります。

管理人さんに聞いてみました。

確認していただいて、少しずつなら大丈夫とのこと。

良かった!これで安心してベランダでプール遊びが出来ます。

スポンサーリンク



ベランダに蛇口がない場合の対処法

我が家のベランダには蛇口がありません。

なので、室内からお水を引いてくる必要があります。

市販のシャワーヘッド付きの15mホースを購入。

だいたいのお家は15mあれば足りると思います。

取り付けられるのは洗濯機の口のみ。

洗面所やキッチン、お風呂場の蛇口には変換アダプターがないと取り付けられませんでした。

ホースを購入する際は、蛇口の形と、何メートルホースが必要か確認しておきましょう。

ベランダ用プールの選び方

家庭用のプールには、空気を入れられるもの、空気を入れる必要がなく、壁を立てるだけで使えるもの、滑り台や日よけが付いているものなど、たくさん種類があります。

空気を入れるタイプだと、背もたれが出来る、底の部分にも空気が入ってクッションになり、子どもが座っても痛くない、などのメリットがあります。

ですが、空気を入れたり抜いたりするのが大変というデメリットも。

手動の空気入れで、プールが大きいと時間がかかって、準備だけでへとへとになる可能性があります。

電動の空気入れだと早いし楽でいいのですが、コストがかかりますよね。

そんなことも考えながら我が家が選んだのは、空気を入れる必要がなく、側面を立てるだけで使えるプールです。

ネットで購入したので、ショッピングモールよりお値段はお得に購入できました。

底のビニールが薄くておしりが痛いかな?

という問題については、少し厚みのある大きめのレジャーシートを持っていたので、それを敷いた上にプールを置こう!という対策で解決。

スポンサーリンク


いざ!プールに水を注入!

夏の暑い日にプール開き!

洗濯機の蛇口からホースをつないで、ベランダのプールへ水が流れてきます。

壁を立てるタイプのプール、最初は少し押さえていないと、お水が少し溜まってくるまでは壁が倒れてお水が流れ出ちゃうことがあります。

そこで考えたアイディア!

2リットルのペットボトルに水を入れたものを重しにして壁を立たせる!

これで、手で押さえていなくても壁が倒れずに水を貯められます。

側面が倒れないように出来る重しなら、ペットボトルじゃなくでも大丈夫です。

水遊び開始!

子どもたちも水着に着替えて水遊び開始!

いつもお風呂で遊んでいるおもちゃや、ペットボトルの底に目打ちでたくさん穴を開けて作った手作りおもちゃで遊びます。

でも子どもたちが喜んだのは、ホースのシャワー!

物干し竿にシャワーヘッドを引っかければ雨が降ってきたみたいになってシャワー遊びが楽しむことが出来ます。

プール遊びより楽しい?ついでのベランダ掃除!

4歳息子、プール遊びより夢中になれる遊びを見つけちゃいまいた。

窓拭き」と「ベランダの床磨き」です。

プールの水をそのまま捨てるのはもったいないですし、せっかくの機会だからと始めた窓拭きと床磨き。

プール遊びのついでにお掃除

しかも子どもが手伝ってくれて楽しく出来ちゃう。

なんていいアイディアでしょう(笑)。

床は、デッキブラシでこすって水で流すと、汚れが落ちるのが目に見えてわかり、床の色が変わるほど、とってもきれいになりました。

砂や土などの汚れ、掃除をしないとこんなに溜まるものなのか!とびっくりです。

息子はデッキブラシで床をシャカシャカと掃除するのが楽しい様子。

私が水をかけて流していく。

プールの水をベランダのお掃除に再利用して、しかもこの方法で少しずつ排水溝にお水を流していってることになり、言う事なしです。

スポンサーリンク



後片付けの方法

ベランダの入り口にバスタオルを敷いておき、そこで子どもたちの体を拭いて沸かしておいたお風呂に直行!

夏とは言え、プールの水で体が冷えちゃいますので、お風呂に入って体を温めましょう!

これを怠り、我が家の子どもたち、風邪を引いたことがありますのでご注意下さい!

プールの後片付けは簡単です。

空気を入れないプールを選んだので、壁を倒して残ったお水を少しずつ排水し、プールを物干しざおにかけ、洗濯ばさみで留めて乾かします。

乾いたら、たたんで取り込めば完了。

ズボラな私は、物干しざお以外にベランダに常時置いてあるタオル干しに、プールを逆さまにして洗濯ばさみで固定し、次遊ぶ時まで放置してました。

まとめ

ベランダでのプール遊びは、マンションの規約を確認し、行って良いのか判断しましょう。

排水は少しずつ行い、ついでにベランダの窓や床掃除をするのがおすすめです。

一気に流すと、お隣のお家までお水が流れていっちゃいますのでご注意下さい。

空気を入れないタイプのプールは準備や後片付けが楽ちん。

底が薄いのでおしりが痛くならないか心配な場合はレジャーシートを下に敷くといいですよ。

子どもが大好きな水遊び。

大きな声を出さないようにしたり、水が下の階に跳ねて落ちたりしないように配慮しなければいけませんが、きっと楽しい夏の思い出となることでしょう。