マンションのオプションで失敗しない為に!我が家の正解、失敗談

こんにちは、maryです。

マンションを購入する際、たくさんのオプションがあって、どれもあったら便利そう!どれも素敵!と夢は膨らみ、迷いますよね。

我が家もそうでした。

しかし、資金も限られていましたし、どれもこれもオプションでというわけにはいかず。

また、オプションだと価格が高いということも知っていたので、一つ一つ検討しながら決めていきました。

我が家を例に、オプションで付けて正解だったもの、オプションでやらなくて良かったものなどをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

マンションの標準設備

もともとマンションに付いていた設備

  • 床暖房
  • ディスポーザー
  • 浴室乾燥
  • 24時間換気

ディスポーザーが便利すぎる!メリットデメリットとお手入れ方法

スポンサーリンク

オプションで付けたもの

エコカラット+ミラー

玄関にエコカラットと姿鏡を設置しました。

エコカラットとは、調湿と空気清浄機能を備えたおしゃれなインテリア壁材のことです。

珪藻土の5倍以上の調湿機能で、湿度の高い時は湿気を吸い取り、乾燥している時は潤わせてくれます。

また、ニオイ成分や有害物質も吸着・低減してくれるのでアレルギー症状の抑制にも効果的というものです。

我が家は玄関の靴箱とは反対側の壁に、部屋のドアがあるところまで貼り付け、途中床から天井までの姿鏡を挟みました。

実は私はエコカラットに反対だったんです。

おしゃれだけど、お値段がけっこうするので(笑)。

でも、主人がどうしても付けたい!と言うので設置することにしました。

調べたところ、自分で業者さんを選んで設置しても、オプションで設置してもらってもお値段がそんなに変わらなかったので、オプションで設置してもらうことにしました。

鏡は、お出掛け前に靴も履いた状態で全身をチェックできるのが良いです。

エコカラットも、機能はもちろん、とてもおしゃれなので、玄関を開けただけでおしゃれなお家になりました。

リビングや寝室、トイレにエコカラットを設置する方も多いようです。

調湿やニオイの吸着機能については、効果を感じています。

濡れた傘を玄関に置いておけばすぐに乾きますし、冬もドアは結露しません。

ニオイのするゴミ袋を玄関に少し置いておいた後も、何分か経てばニオイが消えています。

エコカラットの効果は何年持続するのか?実際欠けたり汚れたりする?

エコカラットとグラビオエッジの違い&メリット・デメリットまとめ

後から自分で業者さんを選んで設置したもの

  • フロアコーティング
  • 食洗機

この二つはもともといらないと思って検討していなかったものなのですが(食洗機は主人がつけたがっていましたが)、後から付けることとなりました。

フロアコーティングは入居して半年後、食洗機は入居して一年経ってからです。

フロアコーティングは入居前に行うことをおすすめします

入居してからだと家具の移動等大変だからです。

傷もワックスの剥がれもないきれいな状態の入居前にフロアコーティングをしましょう。

これが我が家の失敗点、後悔している点です。

どちらもオプションだと、自分で業者さんに頼んで施工してもらうより高くなります

我が家の場合ですが、食洗機はオプションより10万円程価格を抑えて施工してもらうことが出来ました。

フロアコーティングは、ガラスコーティング、UVコーティング等、種類がありますので、どれがいいか事前にしっかり検討しましょう。

フローリングにフロアコーティングをするメリットは?

おすすめされて食洗機を設置したらメリットだらけだった!

後からではないですが…

インテリアのオプション会で、カーテンもずらーっと展示してありますよね。

オプションで頼むと、自分でサイズを測ったりしなくても、ピッタリのサイズでカーテンを作ってもらえるのがメリットです。

でも、見つけちゃったんです!

オプション会で展示していたのと同じ有名なメーカーのカーテンを、オプションより安いお値段で購入できるカーテン屋さんを。

しかも、新居に来て採寸、完成後はカーテンの取り付けまでしてくれるという素晴らしいサービス。

特典もたくさんあって、カーテンと同じ生地のクッションカバーも2つ作っていただけました。

カーテンはお部屋の印象を大きく左右するアイテムです。

また、買い替えることも少ないと思いますので、気に入ったものを見つけましょう。

スポンサーリンク

オプションで付けるメリット

自分で業者さんを選んで設置してもらうほうが、同じ設備、同じメーカーの商品でもお安く施工出来ることが多いです。

ただ、オプションで付けるメリットがあるんです。

それは、オプションで設置してもらうと、何かトラブルがあった時に対応してもらえるということです。

自分で業者さんに頼んでやってもらう場合は、何かあった際に自分で責任を取って下さい、という事になりかねませんので、その点だけは心得ておきましょう。

まとめ

中にはオプションでも自分で業者さんを見つけて設置してもお値段があまり変わらないものもありますが、基本的にはオプションのものは高いです。

同じものを何万円も安く設置できるのであれば、その方がいいですよね。

リスクはないわけではありませんが、少しの時間と余裕があるのであれば、自分で信頼できそうな業者さんを見つけて施工してもらうのも、楽しいですし、良いと思います。