ピアノを練習したくなる設置場所を検証!弾きたくなる環境作りとは

こんにちは、maryです。

子どもに習わせたい習い事ランキングにもいつも上位に入るピアノ。

有名な大学を出ている方々も小さい頃にピアノを習っていたことが多いと最近話題ですよね。

何より、ピアノの音色ってとても素敵です。

自分で弾ける、自分で表現できると、心も豊かになります。

さて、そのピアノですが、皆さんお家の中のどこに置いていますか?

スポンサーリンク

ピアノを置く条件

アップライトピアノの場合ですが、ピアノは湿気や温度変化に弱いので…

  • エアコンの風が直接当たるところ
  • 台所など水回りの近く
  • 窓際
  • 床暖房の場所

このような場所は避けた方が良いと言われています。

また、マンションなどの集合住宅の場合、壁一枚挟んでお隣さんという場所も、音漏れの心配があります。

ピアノは背面から音が出るので、思った以上にお隣さんに音が響いている可能性があるのです。

スポンサーリンク


設置場所を模索

ここまで話しておいて、私の家にあるのは電子ピアノなんですが(笑)、お話を続けます。

もともと私はピアノを4歳から習い、今も趣味としてピアノを弾いています。

子どもが生まれ、弾く機会は少なくなりました。

しかし、子どもにも日頃からピアノに触れあってほしい!ピアノを好きになってもらいたい!

と思っています。

そこで、上の子も大きくなってきて、ピアノをいつでも弾ける環境にしようと思い、設置場所を色々模索していました。

リビング以外の部屋に置いてみた

リビングはあまり物を置かずにすっきりさせたくて、寝室に電子ピアノを置いていたことがあります。

すると、ご想像の通り、弾く機会はほぼありませんでした。

日中のほとんどを過ごすのはリビングですから、寝るだけの寝室に置いてはもったいないですね。

リビングに隣接する部屋に置いてみた

リビングに隣接する洋室に置いてみました。

リビングと続いているので、ピアノはよく目に入る位置と言えます。

壁際に置いた場合

部屋の一番奥にあるので、ちょっと距離がありました。

それでも寝室に置くよりは弾く機会は多くなりました。

しかし何かが違います。

きっと部屋の奥まった場所で壁を向いて弾くのが良くなかったんだと思います。

リビングと洋室の間(部屋の境目)に置いた場合

これはいい!と思いました。

電子ピアノはリビングを向いた状態。

リビングからも近いので、弾こうと思うことが多くなりました。

そして、テレビと向かい合っていたので、子どもにとっては、テレビの音楽や画像に合わせて一緒に演奏している雰囲気を楽しめるのが良かったようです。

しかし、残念だったのが、ちょっと部屋の見た目が良くない点と、お掃除がしづらいという点でした(我が家の場合)。

スポンサーリンク



リビングの中央、壁際に置いた場合

ちょうどこの頃、息子がピアノを習いたい!と言い始め、体験教室を受けた後、ピアノを習う事が決まりました。

息子は張り切って毎日ピアノを弾き、ピアノ教室で借りてきた教材のCDに合わせてピアノを弾いて遊びます。

そうなると、コンポの音の近くにピアノを置かないと聴こえずらい、合わせづらい、楽しめない!と気付きました。

そして、ピアノを習うことも決まったので、もういつでもピアノを弾いていいよ!と言わんばかりのリビング中央に電子ピアノを設置

そうすることでコンポも近くになり、CDの再生や停止などもスムーズに行え、いつでも弾きたい時にぱっと弾きに行ける環境が出来ました

ダイニングスペースに置いたこともあったのですが、やはりちょっと奥まったところになってしまうので、リビング中央に置くのが、一番子どもにとってピアノが身近に弾いて楽しめる位置となりました。

部屋の見た目的には少しごちゃごちゃした感じもしないでもないですが、子どもにピアノに親しんでもらいたい、たくさん弾いてもらいたいという気持ちには勝てないですからね。

しばらくはこれで様子をみていこうと思います。

スポンサーリンク


まとめ

電子ピアノを持っている我が家で、子どもたちにピアノを好きになってもらいたい!日頃からたくさん弾いて音楽を楽しんでもらいたい!と思い、ベストなピアノの置く場所を探し続けた結果、リビングに置くのが一番良かった。

コンポを近くに置くのも、より楽しくピアノが弾いて楽しめる一つの方法です。

親も、たとえピアノが弾けなくてもリズム遊びをしてみたりと、一緒に弾いてピアノって楽しい!と思える体験をさせてあげたいですね!