うつ病と診断されたママ、授乳中に薬なしで改善させる方法とは?

こんにちは、maryです。

半年前の話になりますが、4月に心療内科に行きました。

人気の先生でなかなか予約がとれず、3カ月待ってようやく受診できました。

早く診てもらいたい!と思っていたのに、いざ当日になると緊張して、うまく話せるかな?と不安になったりして。

しかし、女性の先生で、評判通りとても話しやすく、落ち着いてお話してくることが出来ました。

自分はどんな状態なのか?

気になって受診した結果をお話致します。

スポンサーリンク

心療内科を受診したのはこれが二回目

私は24歳の時にも一度心療内科を受診したことがあります。

海外にワーキングホリデーで一年間滞在して帰国し、海外と日本との違いになかなか馴染めず(もともと日本人なのに!)、「自分の居場所はどこなんだろう?」とさまよって、精神的なストレスから一度受診してみようとなりました。

心療内科でじっくりお話を聞いてもらい、診断結果は「うつ病」

入院施設のある診療内科だったのですが、先生には、薬の服用と、今すぐ入院しましょうとの指示

でも、薬も、入院も、「え?そこまで?」と怖くなった私は、どちらも断って病院を後にしたのでした。

その後は、生活環境も変わり、だんだんと前向きな気持ちでいられるようになり、以前の自分を取り戻しましたよ。

スポンサーリンク

今回心療内科を受診するきっかけとなった出来事

数年前、私は主人との喧嘩の際に、「頭おかしいぞ!」と言われたことがありました。

その時は、「頭おかしいのはあなたの方だ!」と思っていたのですが、よくよく考えていくと、「私って本当におかしいのかも?」と思うようになったわけで。

それから色々と考えているうちに、どんどんと体の不調が出てきて生活に支障をきたすようになり、それも一緒に診てもらいたいと思い、受診を決意したのでした。

内科で血液検査

当時、体の不調として、頭痛・立ちくらみ・吐き気・動悸・心臓が締め付けられるような痛み・低体温・だるさがありました。

毎日ではありませんが、これらがだいたい一気に襲ってくる時期が月に2回ほど。

貧血なのか?とも思い、内科にも行って血液検査をしてもらいましたが、まったくの異常なし!

内科の先生には、自律神経の問題でしょうと言われました。

心療内科は受診しやすい病院です

心療内科と聞くと、何だか行きづらいな…と感じる方もいらっしゃると思います。

でも、私が4月から通い続けている心療内科は明るい雰囲気で入りやすく、受付の方も優しくて感じが良く、患者さんも子どもから大人まで様々な方が来ています。

なので、私も安心して順番を待つことが出来ます。

先生に診てもらう前に、心理カウンセラーの方とお話。

初回は家族構成や今回受診した理由などを聞かれました。

心理カウンセラーの方も本当に気さくで優しくお話しやすい方でした。

その後にいよいよ先生とのお話。

スポンサーリンク

先生との相性は大事

先生は女性で同性だったこともあってか、とても話しやすく、親身になってくれる優しい先生でした。

日々の育児や家事の苦労や悩みなど、よくわかってもらえた気がしましたし、自分の性格や今困っていること、体の不調について落ち着いて相談することが出来ました。

相談したこと

  • 体の不調(頭痛、立ちくらみ、吐き気、動悸、心臓が締め付けられるような痛み、低体温、だるさ)
  • 小さい頃からの悩み(チック症、円形脱毛症、自家中毒、爪噛み)
  • 性格(落ち込みやすい、気持ちの切り替えが苦手、小さなことを気にし過ぎる、イライラしやすい等)
  • 失敗談(今何していたか忘れてしまう、よく物をなくす、買い物で同じ商品を気付かずに数個買ってしまう等)
  • 主人や子どもとの関わり(喧嘩になる、イライラして怒鳴ってしまう等)
  • 人と会うのが疲れてしまう
  • 話がよく飛ぶ
  • 鍵をかけたか、財布をなくしてないか気になって何度も確認してしまう

診断結果は?

先生のお話では、私は軽いうつ病だということ。

それから、ADHDの傾向があるとのこと。

うつ病と診断されたのは意外でしたが、納得できました。

ADHDに関しては、診断名が付くほどではないとのことでした。

スポンサーリンク

どうやって改善していくのか?

先生は、本当ならうつ病に効果のある薬を飲んだ方がいいとのことでした。

そうすることで、イライラが抑えられてやる気が出るそうです。

でも当時私は下の子の授乳中でその薬を飲むことが出来ず、漢方も勧められたのですが、漢方は苦くて挫折した記憶があり、そのことを話すと、薬を飲まないで様子を見ていきましょうということになりました。

改善策として…

  • 何も考えず、ボーっとして頭を休める時間を作ること
  • 家事は抜けるところは抜く(今日は洗い物が出ないよう紙皿で全部料理を出すなど)
  • 自分を褒める
  • 家族と一緒に家庭をほっとできて、くすっと笑える瞬間が増えるようにする

とアドバイスをいただきました。

うつ症状が改善することで、体の不調(自律神経)も整っていくそうです。

最後に

心療内科からの帰宅後、うつ病と診断されたことが何故かショックで落ち込みました。

でも、心療内科を受診出来て本当に良かったです。

自分のことを話して、自分のことを客観的に専門医に聞いてもらって、自分を改めて知ることが出来ました。

子どももいるので、なかなかボーっとする時間を作るのは難しかったり、自分を褒める事もなかなか性格上出来ていませんが、早速、手抜き家事で生自分が暮らしやすい生活が出来るよう、家中の片付けに励んでいます。

主人にも協力してもらって、少しずつ元気を取り戻せるといいなーと。

もし、体の不調が病気ではない、日々悩んでいる、など私と同じような方がいらっしゃれば、悩まずに心療内科を受診してみて下さいね。